長く居られる男ほどモテる傾向アリ


いつまで一緒に居ても時間が足りないと思える相手は、
将来を一緒に過ごすのにも魅力的。
そんな相手が恋愛の対象になることは少なくありません。

c1

モテる男は名残惜しさを感じられるほど、
一緒に居る時間があっという間にすぎてしまう魅力を有しています。
2人でいてドキドキするというのも魅力的ですが、
いくらでも時を共にすることができるというのは、
語り尽くせない魅力があるからこそであり、
ドキドキ感のみならず、安心感や包容力が得られるからこその魅力なのです。

30代の魅力は落ち着きの良さと聞く力

雰囲気だけでも一緒に居て心地よいという男性は存在します。
同性からでも落ち着く男性は、安心感や包容力にあふれています。
こうした魅力のある男性は、女性にモテる傾向もあるはずです。

長く居られない男性というのは、自分の話を中心にする人です。
相手の話に耳を傾けることなく、自分中心に時間を過ごしてしまっては、
相手が「一緒に居たい」と思うことはできません。
どんなイケメンであってもプラスの印象を抱く確率は低くなってしまいます。

しかし、相手の話を中心に男性側が聞き役に回ることによって、
いつまでも自分のことを話していても受け止めてくれるという印象を抱きます。
適切なリアクションをしてくれる必要性というよりも、
自分の話に耳を傾けてくれているというフィードバックがあるだけでも十分なのです。

だからこそ、男女が1対1で時を過ごすチャンスをもらえたのであれば、
モテる男としても惹かれる聞き上手な姿勢を意識することで、
いくらでも話したいというイメージを相手に与えることができるのです。

相手とどれだけ居られるかを探るべき

たとえば食事に出かける約束をしたとします。
その後、どれだけの時間を過ごすことができるかを確認することによって、
自分への好意がどうなのかを探ることは可能です。

どれだけ長く居続けることができるのであれば、
さらなるアクションをかけて自分の魅力に引き込むのも重要です。
相手が自分に対して好意を抱いている最高のタイミングで心をつかむことが、
多くの成功を手にするチャンスなのです。