阿部真央から学ぶ恋愛の心理


シンガーソングライターの阿部真央と言えば、女性からも絶大な支持を受けており、
切ないナンバーからアッパーチューンまでを歌いこなす、実力派です。

今回は「いつの日も」という楽曲を元に、
女性の心理を分析しつつ、モテる男の条件を考察します。

阿部真央「いつの日も」

女性はいつでも自分のことを思って欲しいもの。
それは、いつの日であっても同じなのです。
自分との出会いが一生ものになることを誰しも望み、男女は恋に落ちます。
特に、年齢が増すごとに最後の恋であってほしいと願うはずです。

今まで刻んできた自分を受け入れて、いつの日も愛してくれるような存在を、
パートナーとして求めているのは言うまでもありません。

富や名声、何もかもが手に入ったとしても、
相手がいなければ満たされないような魅力を与えてくれる人こそ、
理想の男性としてみなされるのではないでしょうか。

隣に居るだけで安心できるような落ち着きが前面に発揮できる30代。
その魅力をしっかりと伝えることができれば、いつの日も恋に落ちるチャンスは舞い降ります。
つまり、自分自身のスタンスが、男としての魅力を彩るのです。

結局は一途でいるという姿勢が大切

人は誰しも心が揺らぐ体験があります。
同性であっても異性であっても、自分自身に大きな影響を与える人は、
存在だけでもインパクトがあるものです。

しかし、恋愛の強みを発揮するのは、揺るがない一途な思いなのです。
どれだけ相手を思いやり、いたわり、見つめることができるか。
それを突き詰めることによって、いつの日も心安らぐ存在になれるのです。

AA

30代の男性が世間からも魅力的に見られるのは、経験から裏打ちされた落ち着きです。
揺らぎの少ない一途な思いを注ぐことができるからこそ、
女性にモテるという構図ができあがるのではないでしょうか。

シンガーソングライターの阿部真央が歌いあげる「いつの日も」でも、
相手に対する一途な思いの大切さを歌詞に盛り込んでいます。
見失うことのない愛の証を形にすることができるようになれば、
「安心」という魅力を相手に与えることができるのです。