電話で込み合った話はすべきではない


相手の表情が見えない状態で、込み合った話はすべきではありません。
うまく解決したいような問題は、直接のやり取りが重要です。
相手の感情に合わせて、自分自身の立ち振る舞いを帰る必要があるからです。

30代の男性は柔軟性があるという点が人気にも繋がっています。
つまり、協調性があるからこそ、一緒に居て安心を与えることができるのです。

6.17anger

しかし、電話はタイムリーなやり取りが遠隔地に居ても行なえるメリットがありますが、
感情に任せて、相手にとって意にそぐわない返しをしてしまうことがあります。
相手の表情を見ることができないため、会話を途中で留めるのは難しいはずです。
つまり、電話は修正を聞かせるのが難しい一発勝負となるのです。

相手に合わせて自分自身をどのようにすべきかが見えない状況では、
誤った選択をしてしまう可能性が増えてしまいます。
周到に相手の気持ちに寄り添って支えて行きたいと思うのであれば、
電話で概要を聞いたうえで、直接会って話すのが一番です。

会うことによってはじめてわかることもある

電話でのやり取りは、男女問わずお互いの顔が見えない状況であり、
感情に任せてついつい事が大きくなってしまうという失敗も存在します。
だからこそ、会うことによってお互いの刷りあわせを図るのです。

相手の状況を加味して刷りあわせを行うことによって、
込み合った内容であっても解決に向けた検討ができるようになります。
電話で込み合った話をしてしまうと、よほど話術に長けていなければ、
根本部分の解決はおろか、話を難しくしてしまうこともあります。

時間の無駄遣いをしないためにも、会って話せる環境にあるのであれば、
別の機会にゆっくりと話を聞くのが重要です。
時間を置くことによって、相手の感情が整理され、物事がシンプルになることもあります。

早期に手を打つということは問題解決という視点では重要ですが、
あくまで冷静に解決することができる環境が整っていてこその成果です。
ゆったりと気持ちに整理をつけて話すことによって、
刷りあわせを相手の希望に添って行なうことができるのではないでしょうか。