髪を触るという動作だけでも心理を洞察できる


男性にとっては髪を触るという仕草を行う頻度は少ないものの、女性はその逆です。
心理の揺らぎによって、髪を触るという動作が自分に対する思いを行動として示すのです。

Dinner

初めてのデートでよくあるのが緊張感からくる髪を触るという仕草。
基本的には髪の毛を整えるようなアクションが特徴です。

これは、目の前に居る自分が気になるという場合もあれば、脈アリかどうかの判断に迷うこともあります。
しかし、髪を触る仕草があるということは、好意を抱いている可能性があると考えることもできます。

会話を展開させていくことによって新密度をアップさせることができれば、
髪を触るという仕草が変貌していく可能性があります。

恋愛感情のサインにもなる髪を触る仕草

女性にとって、気になる男性を目の前にしてしまうと、つい髪を触ってしまうことがあります。
照れながら髪を触るという行為をするのであれば、さらなるアプローチのチャンスです。

会話の中で、髪を触りながら取る行動を分析することによって、
自分に対する好意の有無がわかるようになるはずです。

あまり多すぎるのは無意味なサイン

髪を触るという行動は、頻度が多いと「癖」としてみなすことが適切です。
ナルシストの人が髪を常に触っているのが良い例です。

自分のことを相手に知らしめたいという思いが行動に出ているのが、
髪を触るという行動に表れているのです。

こうした行動が前面に出ているのであれば、自分に対する興味が薄い可能性があります。
常に髪を触りながら会話をしている女性を目にしたのであれば、
アプローチを変えて、行動が変わるかを確認するのが重要です。

モテる男は一つの行動分析から次を考える

いつまでも脈ナシの相手をしているのは時間の無駄になります。
モテる男は自分に脈アリか否かを迅速に判断することができます。
こうしたサイン一つを敏感にとらえることによって、次に移行すべきかが判断できます。

無駄な時間を過ごすのではなく、有意義な時間を過ごすためにも、
髪を触るという行動から心理を分析することが重要なのです。