2回目のデートが期待できる男性の立ち振る舞い


初めてのデートは2人にとっても特別なもの。
しかし、そこで失敗してしまっては次のチャンスはないかもしれません。
これからの関係がより深いものになるためにも、何としても成功すべき。
それが、初デートというものではないでしょうか。

ここでは、初めてのデートで失敗しないための極意をご紹介。

a0002_006520

ちょっとした気遣いで回避することができるものもあるはずです。
モテる男の仲間入りをするためにも、女性の心理を踏まえた行動・言動が重要です。

お会計は男性が全て払うべき

いくら相手がワリカン派であっても、初デートは男性が会計を済ませるべき。
次に繋げる約束を添えることもできるお会計は、上手に活用すべきなのです。

初回の投資ができないのであれば、モテる男になるのは難しいと考えるべき。
それほど女性を尊重した行動を心掛けるのが失敗をしないデート術となるのです。

人の価値観が一気に下がってしまうお金のあれこれ。
一番女性も気を使うお会計の支払いについては、プラスに取られる行動を取るべきです。

2回目以降はワリカンでもOK。
それは、1回目の支払いがあってこそ、気兼ねなく交わせる会話になるのです。

身につけるものにも心遣いをすべき

持ちモノで価値観を変えてしまう残念な男性が多いのも現状。
特に、普段はスーツ姿のみしか見たことがない男性が、
プライベートで会った時にがっかりしてしまうというのは良くある話です。

だからこそ、見た目に意識を向けることによって、モテるステイタスを手にするのが、
賢い男性の見せ方へと繋がります。

身につけるものによって収入をイメージするという女性も少なくありません。
つまり、歳相応の持ちモノを身につけておくことによって、
相手のイメージダウンを回避するのが重要になります。

学生時代からずっと愛用しているものなどはNGです。
ブランド物一色というのも厳禁。

あくまでさりげなく大人としての品格を見せるものが身につけられると、
モテる男としての魅力がアップします。