モテ男は、スポーツジムをも「華麗な恋の舞台」へと変えてしまう

モテ男は決まって、日々身体を鍛える事を怠りません。
近頃は、身体の健康を気遣う人が増え、
仕事帰りにジムに足を運ぶ男性を多く見かけます。

私は一時、ある高級スポーツクラブで働いていた事があるのですが、
仕事帰りに、スーツでジムに足を運ぶ男性は本当に魅力的でした。

そして、そのスーツを着た容姿から、
トレーニングウェアにチェンジするギャップさには、
女性スタッフたちが、惚れ惚れしてしまうほど男らしさがありました。

「モテる男はジム通い」

だと確信したのです。

スポーツジムは、身体を鍛える場所だけではなく、
近頃では、社交の場としても機能しているのです。

年配の方々は、グループを作り、
毎日友人に会うことを楽しみに、ジムに足を運ぶ方々も多くいます。

また、ヨガやピラティスなどの女性向けのスタジオレッスンの充実さから、
多くの若い女性もジムを使用するようになりました。

男性にとって、
いまやスポーツジムは絶交の出会いの場であるのです。

運動中は、心身が解放され、リラックスされることから、
なんとなく心が開いた状態になります。

そして、同じ目標に向かって運動している人を見ると、
心が安心した気持ちになり、警戒心が解き放たれます。
こんな時だからこそ、女性に話しかける絶好のチャンスなのです。

imagesCAF2LGJU

運動している女性はとても美しく見えませんか?
それは、やはり心身が活性化している状態だからです。
綺麗になろう」と努力をしている女性の姿はとても魅力的ですし、
イキイキして見えますよね。

男性も同じなんです。
女性から見て運動をしている男性は、本当に素敵です。
疲れても目標まで頑張ってやり通す姿からは、

「仕事でもがんばり屋さんなんだな。」

という想像さえ女性に抱かせるのです。

やっぱり、一生懸命な男性に女性は弱いです。
汗を流しながら、集中してトレーニングする姿は「男らしさ」の象徴でもあり、
外見だけでなく、
男性のもつメンタル的強さに魅力を感じずにはいられないのです。

ですが、反対にこんな男性は引かれる対象になります。

・筋トレでやたらに声を出す人

・トレーニングウェアがダサい人

・汗がダラダラで、ウェアがビショビショなのに着替えない人

・汗のせいで、乳首が透けている人

・腋毛がすごく濃いのが見えている人

などが、女性が幻滅してしまう対象になりますので注意しましょう。

臭い対策も大切です!
運動中は汗をかいてこそのトレーニングですが、
常に消臭できるグッツや、
汗ふきシートを持ち歩くように心掛けましょう!

実際に私の周りにも、
スポーツジムがきっかけで交際を始めた方々がいます。

imagesCARAQCDV

あなたも是非、ジムで一際目を引くモテ男になってくださいね。

動物を愛する男性には、女性を虜にするヒーローの素質がある

数年前からのペットブームにより、
ペットを飼っている家庭が増えましたね。
子供もペットといっしょに育つ環境ができ、
大人になっても動物好きな人が多いように思います。

女性は、男性がペットを可愛がっている姿をみると、
その姿にその人が持つ、未来の父親像を重ねて見るのです。

動物に対して愛情をたっぷり注いでいる男性は、
自分のこどもに対しても、
こんな風にたくさんの愛情を注ぐようなイメージがあり、
女性の本能から、

「この人と一緒なら幸せになれるかも。」

と感じるのです。

aaaad

動物を可愛がる男性からは、優しさが溢れ出ています。
その優しさは、「弱いものへの優しさ」であり、
その人自身の心の広さを汲み取ることができます。

自分のペットだけに愛情を注ぐのではなく、
道にいた野良猫や、怪我をした動物などにも心を向けることができる男性は、
真の動物好きであり、本当に心のある人です。

去年、赤羽で起きた、猫を生きたまま火で燃やしてしまうという事件。
残酷の極みであります。
なぜ、そんなような事ができるのでしょうか。
動物を愛する人には、理解できないばかりか、
怒りと、犠牲にされてしまった猫ちゃんの無念さで心が一杯です。

弱いものを愛せない人に、大切なものを守る力はありません。
弱いものを愛せない人に、本当の強さはありません。

私には、愛犬がいました。
可愛いラブラドールの女の子ですが去年亡くしてしまいました。
ある日、散歩をしに自然公園へ行ったのです。
車を止めてから20分ほど歩いたところで、
愛犬は呼吸困難を起こし、気絶してしましました。
電波のない場所で、電話もできないばかりか、
大型犬である愛犬を、
女性の私が車まで抱えて戻る事は不可能でした。
愛犬が苦しんでいる中、不安と恐怖心で心臓が破裂しそうな気持でした。
人通りのない中、
もう無理だと思い、隣に寄り添って撫で続けました。
そんな時、一人の男性が通りがかりました。
なんと彼は、30キロもある愛犬を背負って、
20分もの距離を、ひたすら歩いて車まで運んでくれたのです。
愛犬は、一命を取り留めました。

男性に名前をきいたのですが、素性を語らぬまま、去っていきました。
そんな男性の姿は、潔く、勇敢で優しい天使のようでした。

あなたは、困っている人を最後に助けたのはいつですか?

女性は、「守られたい」という強い意志から、
ヒーローに弱い生き物です。
ヒーローは、プリンセスを助ける王子様のような存在であり、
強く、たくましく、そして優しい「男らしさ」の象徴なのです。
ヒーローは、どんな時代でも女性を虜にしてきました。

あなたは、女性のヒーローになれますか?

何気ないことでも、それは天があなたを試している試練であるのです。
あなたは、常に誰かに見られているのですよ。
周りに美人さんがいなくても、
あなたは良い行動をすることができますか?

誰かに見せつけるためにする良い行動は、
いくら素晴らしくても、それでは偽物です。
心があってこそ、本物なのです。
その本物を見抜く力を女性たちは備えています。
見せかけは、すぐにバレてしまうものなのです。

弱いものに、やさしさを見せられる、
困っている人に手を差し伸べられる男性こそが、
女性を虜にするヒーローであるのです。

男性らしさを見せられるのがモテる男の最低条件

男女の関係を深めたいと思っているのであれば、
自分の性を強調するようなポイントを有するべきです。
つまり、相手から「男らしい」と思えるような行動を取るのです。

中性的な男性も女性の視点があって好まれる場合もありますが、
あくまで恋愛関係への発展を第一の目的として考えるのであれば、
自分らしさという視点からアピールを図るべきです。

女性にとって頼もしいと思えるような印象が与えられるようになれば、
その後の展開についても大きな期待が持てます。
ただし、自分から連絡先を聞いたり、具体的に次に会うスケジューリングをしなければ、
その場限りの出会いになってしまうことも少なくありません。

相手の心を揺さぶるためには、行動は迅速に行いつつ、一歩先を手配する状態が必要。
その判断を各々ができるか否かで、出会いのチャンスを手にするタイミングは異なるのです。

z2

魅力的な一面を垣間見せるようなモテる男は、男らしさを随所でアピールできます。
しかし、これからどんどん恋愛を重ねる若者にとっては、
「らしさ」というアピールを重視しないという場合も少なくありません。

印象に残すのであれば、それなりのインパクトが必要。
単に優しさだけでは魅力的な面に触れることは少ないため、
できるだけ女性を尊重した「らしさ」をアピールすべきです。

荷物を持ってあげたり、食事のエスコートをしたりと、立ち振る舞いだけでもモテることは可能。
あとは意識して行動することができるかという問題が、どの男性にも降りかかるのです。

好意を抱いている相手にだけ優しさが注がれるようなメリハリがあると、
恋人候補としては申し分のないインパクトを与えることができます。
それが、新たなカップル誕生へと繋がる可能性は非常に高いはずです。

女性が興味を抱く男性像については、年齢によっても変わるため、
少なからず頼れるスタンスを持っておくのが重要です。
それだけでも男らしいという印象を持ち、モテる男としての品格が得られます。