30代の男性は異性を意識させる一言が重要

相手の年齢によっても対応を変える必要がありますが、
女性と異性として見ているというアピールをすることは重要です。
30代の男性というものは、ある程度社会を経験しているからこそ、
お世辞が上手であるという先入観があります。

しかし、あくまで本心から相手を異性として見ているというポイントを告げることで、
相手側も自分を異性として見るようになります。

za

「ドキッ」とする瞬間を相手に与えることによって、
恋愛対象であるか否かを定める目で自分を見るようになります。
これでやっと恋愛に発展するか否かの土俵に立てるようになるのです。

こうした前置きをせずに自分の気持ちだけを一方的に伝えたとしても、
あまりにも現実味を感じることがないため本気にされることは少なくなってしまいます。
自分がいくら本心から叫んだ言葉であっても、
相手に響く備えができていなければ無意味なお世辞にしかならないのです。

褒めの一言で意識を大きく抱かせる

モテる男は褒め言葉を上手に操ることができます。
一言加えるだけでも、相手が抱く印象が大きく変わるというのを知っているからです。

可能であれば、「あなたのことを特別だと思っている」という印象を与えるために、
相手の良いところを率直に伝えてあげましょう。
女性らしい一面を言葉にすることによって、相手も強く意識するようになります。

そこに異性を意識するような質問を投げかけることによって、
男女という関係性を意識させることができるようになります。

簡単な質問で構わないので、「恋人はいるの?」など、
恋愛対象として見ているという意識を相手に抱かせるのがポイント。
明確に「好みなんだよね」と伝えるだけでもドキドキしてしまうはずです。

ただし、ネタのように見えてしまうような軽々しい発言は、
恋愛関係に発展しないように壁を作ってしまうことになるので要注意です。

30代という大人の特権を使って、嘘ではない発言を投げかけることによって、
相手に異性としての意識を目覚めさせることができれば、
あとは人間性の魅力を発揮する出番となるのです。

モテる男はスキンシップも爽やかに行える

日本人男性はスキンシップが下手な人種です。
海外の男性を見てみると、当たり前のように女性に近づき、距離を縮めることができます。
綺麗な女性に声をかけなければ失礼とまでされているほど、
日本人男性との価値観の違いが生じているのは一目瞭然。

しかし、スキンシップが苦手な日本人だからこそ、
さりげなく自然にスキンシップを図ることができれば、女性側も悪い気はしません。
自分に対する愛情表現の一つとして受け止めることができます。

as

ただし、やり方を間違えてしまうと誤解を生むきっかけになってしまうため、
できるだけ爽やかにサラリとスキンシップを図るのが、女性にとっても好印象です。

相手にさりげなく触れることができるテクニック

モテる男は女性との距離を自然に詰めることができるのがポイント。
いやらしい考えではなく、相手にも嫌がられない爽やかさがあれば、
肌が触れ合う瞬間に対しても悪い気はしません。

むしろ、惹かれるポイントになるというのがモテる男のテクニックなのです。

相手にさりげなく触れることができるタイミングは、デート中に数多く存在します。
その中でも最も意識せずに触れることができるのが、相手のごみを取る瞬間。
衣服や髪に着いたごみを取る時には、誰もが無意識に触れることができるはずです。

モテる男はここからステップアップできるのが距離を縮める極意。
食事の際に女性を席にエスコートする際に、さりげなく肩を触り席へと誘導する。
一見クサイと思うかもしれませんが、女性を尊重した行動であり、
相手からも嫌がられることなくスキンシップを図ることができるのです。

触れ合いがお互いの心を開く

「最近何だかカサカサして~」など、さりげなくお互いを触りあうことができる機会は、
心を開くタイミングを作りだすことができます。

料理や家事の話しをすることで展開することもできれば、
ショッピングに出かけてボディクリームなどが販売しているショップに伺うことで、
お互いの距離を意図的に詰めることは十分可能。

あくまでさりげない触れ合いを狙うのが、ぬくもりを意識させるポイントなのです。

小さなギフトが招く大きな幸福

女性は、どんな小さなものでも、男性からもらうギフトには、
心を躍らせてしまいます。

実際、私がお付き合いしてきた男性の中には、
デートの度に、花やチョコレートをプレゼントしてくれる
素敵な男性たちがいました。

宝石のように高価なものである必要はありません。
実際、花やチョコレートが欲しいわけではありません。

ですが、女性はあなたのその小さなやさしさが嬉しいのです。

殆どの男性が、待ち合わせに遅れないで行くのに精一杯であったり、
デートプランを立てるだけで一杯一杯かもしれませんね。

ですが、ここであとひといき!
サプライズの「小さな心配り」があなたの魅力を何倍にも高めるのです。

サプライズは女性なら誰しもが喜ぶ小さなイベントですね。
女性はイベント事が大好き!
毎日がクリスマスであってほしいくらい、
女性は常にエキサイティングなドラマを待っているんです。

海外ドラマなどにはまってしまうのも、
心のエクサイトメントが欲しいからなんですよね。

ですが、そんなサプライズも毎回恒例となってしまえば、
効果は半滅してしまいますね。
サプライズは、
忘れたころがやっぱり良いんですよね。

imagesCAM8NQ8Y

ですが、私自身デートの度にお花を貰っても全く嫌な気はしませんでした。
毎度毎度、プリンセスのようにもてなしてくれる彼に
本当に感謝していましたし、
花やチョコレートくらい小さなものだと、
申し訳ない気持ちもしません。

彼がしてくれる小さな心配りが本当に嬉しかったです。

ですが、デートの時に生花を貰っても困りますから、
花をあげるのであれば、自宅にお邪魔した時などが良いでしょう。

花言葉などから、彼女に合う花を選ぶのがいいですよ。
かわいらしいスイートピーや、ガーベラなど女性は好きです。
バラの花は素敵ですが、少し重すぎるので、交際が浅い方は注意してください。

外でのデートの時は、チョコレートや、キャンディー、
または、寒い冬には温かいカフェなどもいいですね!

身体を芯から温めてくれる
野菜や果物をふんだんに使ったホットスムージー
女性におすすめですよ。

実際、外国の男性はとても良く心配りをしてくれます。
勿論、全てがそうではありませんが、
デート時に鞄を持ってくれるのは、当たり前。
毎度のプチギフトも、彼が好きなCDを録音した物であったり、
彼女が好きな著者の本だったりと、
おもてなしや女性への心遣いは、もうプロといっても過言ではない程です。

毎回デートの度でなくていいのです。
良い行いも慢性化してしまえば、意味のない事もあります。
その辺の判断が難しいところですが、
要は、クリスマスやホワイトデーのイベント事だけでなく、
普段から女性を喜ばすプチギフトを心得て欲しいということです。
たった何百円で、女性に喜んでもらえるのなら、
待ち合わせの時に差し出す飲み物くらいから、始めてみませんか?

女性はマメで優しい男性が大好きです。
優しい心遣いをすれば、女性はあなたの気持ちに答えてくれますよ。

「この人のためなら、もっと○○してあげたい。」

と心に思うものです。

きっと女性側も、あなたに心のこもった恩返しをしてくれることでしょう。