お笑い芸人がモテる男になる理由を考える

お笑い芸人がモデルや美人タレントを射止めるには、
それなりの理由が存在します。

どうしてそんなにモテる男になるのかは、
ギャップという魅力が大きなカギになっています。

普段はお客さんや視聴者の笑いを貪欲に追求するのが。
お笑い芸人の真骨頂といっても過言ではありません。

笑いが取れないお笑い芸人は、
実力的にも認められることはなく、
当然テレビをはじめとしたメディアでの露出もなくなってしまいます。

売れないお笑い芸人というのは、
芸としての質が世間のニーズに見合っていないのです。

だからこそ、日々の生活の中で
笑いのネタを探しつつ芸を磨くことによって、
魅力あふれるステイタスを手にすることができるのです。

このように考えると、お笑い芸人は笑いに対するあくなき追求があり、
他人は当然「面白い人」というイメージしか抱きます。

こうした固定観念を逆手に取ることによって、
モテる男としての魅力を発揮するのがお笑い芸人
なのです。

実際に会ってみると女性への気遣いが見られたり、
仕事に対する夢だけを語るのではなく、
生活面での現実的な構想があったりと、
普段のイメージとは異なる側面が見られるようになると、
必然的に女性は惹かれてしまうのです。

こうしたギャップが自然とにじみ出るからこそ、
お笑い芸人はモテる男としても世間に浸透するのです。

まじめな側面を見せるだけでプラスとなるのは、
お笑い芸人としての魅力でもありますが、
このようなギャップをいかに見せるかによっても、
男性としての魅力を彩ることができるのです。

自分にとってマイナスとなる側面を分析しながら、
プラスの効果を加えて意外性を出すこと
によって、
女性が惹かれるポイントを作ることは可能です。

意外性があるということは、
女性にとっても「もっと知りたい」という意欲を掻き立てます。

モテる男の条件としては、
こうした意外性があり、イメージとのギャップがあることによって、
さらなる興味を抱かせることができるか
が、
勝率をアップさせる一つのポイントでもあるのです。

30代から行えるモテる男を作るステイタス

30代というと、仕事もある程度の地位がもらえ、
経済力にも豊かさを発揮する年齢層というイメージがあります。

つまり、女性は必然的に男性のステイタスを見るというのが、
恋愛に発展する要素として取りこまれるのです。

20代では地位や名誉にはとらわれず、
学歴や現在の収入などに目が行きます。

しかし、30代で恋愛を視野に入れて人を見るのであれば、
当然将来性を加味した品定めを行うのです。

だからこそ、モテる男の条件の中にも、
ステイタスというのが大きなウエイトを占めるようになります。

Sugar-Daddy

一回の平社員では魅力がないかというとそうではありません。

努力次第で新たなステイタスを加えることができるのも、
モテる男を作るための裏技です。

一般企業の社員で、肩書きが何もない状態だと仮定し、
収入はもちろん一般的であるとしましょう。

これではステイタスで女性が惹かれる要素はゼロです。

しかし、副業で新たな収入を得ているというのが、
何かのタイミングで会話の中に使うことができるようになれば、
女性の見る目が変わります。

副業は誰しもリスクゼロで行うことができるものも存在します。

FXや不動産投資など、
それなりの資金がなければできないというわけではありません。

すぐにでも副業を行いながら新たな収入を得るのであれば、
ライターの仕事にチャレンジすべきです。

決められたコンセプトに沿って文章を作り報酬を得るのが、
誰でも実践できるライターの副業です。

女性との会話の中では、必ず趣味の話があがるはずです。

その中で、自分が本来有している趣味の話に、
副業を行っているという内容をさりげなく盛り込むことで、
新たなステイタスをアピールすることができます。

ライターの副業は1日2~3時間の作業であっても、
誰もが月に数万円は手にすることができます。

もちろん、作業効率のスピードにもよりますが、
それでも確実なプラスの収入が手に入ります。

また、インターネットビジネスも魅力のうちの一つです。
インターネットビジネスは気軽に自宅でPC一台でも可能です。

最終的には、副収入で30万円以上稼いでいる人もたくさんいます。

このように、経済面でプラスとなる要素を加えるだけでも、
モテる男を彩るには十分なステイタスになるはずです。

特に経済的な安定を欲する30代に差し掛かっているのであれば、
自分自身のステイタスを彩る手段は、
女性を喜ばせるものであると認識すべきなのです。

「○○なのに」に続く意外性がモテる男へ繋がる

女性が惹かれる男性のポイントとして、
必ずテーマに出るのが意外性。

しかし、自分には何の取り柄もないという場合も少なくありません。

モテる男としてのステイタスを作り上げるには、
自己分析を行いながら意外性を作ることによって、
魅力的な側面をアピールすることが大切。

つまり、「○○なのに△△」という結果が、
モテる男の条件に繋がる
のです。

具体的に例をあげてみると、
「見た目は普通なのに、カラオケで泣けるほど歌が上手い」
「仕事は普通なのに、語学力が豊富」
「肩書きはないのに、年収が高い」
「怖そうに見えるのに、女性への計らいが繊細」

このように、意外性を見せることができるようになると、
人としての興味が湧いてきます。
Happy young girl surprised

自分はつまらない人間と思っているのであれば、
どのようにすれば意外な側面を見出すことができるかを考えることで、
新たなステイタスを手にすることができるようになります。

しかし、マイナスになるような意外性を抱くこともあるため、
どのような意外さを見せるかは検討する必要があります。

たとえば、「とても真面目なのに、アイドルの話になると人が変わる」や、
「外ではとても明るいのに、家では全く口をきかない」など、
「なのに」に続くものが人としてマイナスな要素であっては、
せっかくの意外性も台無しになってしまいます。

自分がよく思われている印象に対して、
どのような肉付けを行うかによっても、
モテる男の条件は変化します。

まずは自己分析を行うことによって、
誰でもプラスのステイタスを手にすることができるため、
自分を見つめなおしてみるのがお勧めです。

楽に自分のイメージを知りたいのであれば、
気の合う友人や会社の同僚などにイメージを伺うことで、
他人にどのようにして思われているのかを傾向を知ることができます。

そこから意外性を紡ぎだすことによって、
モテる男としての条件ができあがります。

誰もが「えっ!?」と思うような意外性があり、
イメージとしてプラスになるようなものがあると、
魅力としての武器は完成するのです。