大人としての魅力を年下に触れさせる

30代の男性は、年下の女性からの人気を集めることがあります。
その理由は、大人としての魅力があるからではないでしょうか。

大人の魅力といっても色々な要素が存在しますが、
頼りがいがあるというのが一つのポイントになります。
自分の手を引き、成長させてくれるような一歩先行く魅力があるからこそ、
30代の男性は年下女性からモテるという結果を生んでいるのです。

自立心があってそれなりの職についている男性は、経済的な安定も手にしています。
まだまだ安月給で働いている20代の女性からしてみれば、
「なんて贅沢な生活を悠々自適にしているのだろう」と思ってしまうかもしれません。
それほどまでに、生活水準の違いを持たせることも可能なのです。

images (2)

経済的な自由度が高い状態にあるのであれば、
嫌味にならないようにさりげなくお金に余裕があるという雰囲気を出すのが、
大人としての魅力を発揮するポイントです。
ここで注意しなければならないのが、「さりげなく」というスタンスです。

お金に余裕があるというのも言動にしてしまうとモテない男になってしまいます。
せっかく経済的な面でのメリットがあっても、相手を不快にさせてしまうだけです。
自分から「お金を持っている」というアピールをしたとしても、
虚しさだけが自分の中に残ってしまうのです。

大人としてのさりげないお金の魅力を打ち出すのであれば、
着ているものを清潔感溢れる装いにしつつ、ブランド物をさらりと着こなすことが、
十分なメリットを打ち出すスタイルを彩ります。

特に年下の女性を口説きたいと思っているのであれば、
細かな部分に気を使うように心がけるだけでも、魅力的に見えるようになります。
食事に行ったときにコートを受け取ってあげる、椅子を引いて座らせるなど、
ちょっとしたエスコートをかって出るだけでも、女性は嬉しくなります。

どのようにして女性を喜ばせるかを常に考えることができる余裕があれば、
年下にとっては「大人の雰囲気」という魅力に染めることができ、
自分に対する恋愛感情を抱かせるきっかけ作りに繋がります。

恋愛経験値の違いがあっても大丈夫

サイズ違いの恋というのは、なかなか実を結ぶのが難しいと思っている方も多いはず。
しかし、相補性という心理が働く場合もあり、
お互い違う部分に惹かれるという法則が働くことによって、恋愛に発展する場合もあります。

恋愛に対するお互いの経験値が違ったとしても、惹かれあう要素としては十分な魅力となるのです。
2人ですり合わせ、同じ方向を向くことができるようになれば、恋愛感情は抱けます。
ただ、いつまでも近づくことなく相反する存在であると、
恋愛対象から外れてしまうという結果に繋がってしまいます。

lady_smile_homepage

はじめは全く自分とは違った部分しか見えなかった相手が、
時を重ねることによって変化していく姿を目の当たりにすると、
おのずと自分に対する感情がプラスの方向に向いていると感じるようになります。
その経過が相手に悟ってもらえるかが、恋愛発展のポイントです。

恋愛経験値を重ねるには、とにかく色々な人との出会いを設定すべきです。
たとえ、思わしくない結果に終わったとしても、そこから学べるものが必ずあります。
全く収穫が得られないという結果に至ったとしても、
自分自身を見つめなおすには絶好の機会となるのです。

人としての成長がなければ、モテる男になることはできません。
30代からのモテる男のためのレッスンの基本としては、
数多くの出会いの中から、恋愛経験値を養い、人としての魅力を伸ばすのが重要です。

その課程で恋愛経験値が違う相手に出くわしたとしても、
サイズ違いの恋としてあきらめるのではなく、自分に近づくか否かを検証することによって、
脈アリの相手としてみなすことができるかを吟味すべきです。

自分の判断が磨かれるようになると、恋愛のプロセスが楽しめるようになります。
実を結ぶ結果の秘訣も、自分なりに確立することができるようになれば、
歩み寄るという武器を携えて新たな出会いに臨むことができるはずです。
だからこそ、恋愛経験値の違いがあっても、前進し続ける気持ちが大切になるのです。

コブクロから学ぶ恋愛の方向性

日本を代表するシンガーのコブクロは、恋愛に関する歌を多数作っています。
その中でも恋と愛に対する方向性の違いを紐解いているのが「君色」という楽曲です。

ダウンロード

恋についての心情の移り変わりはもちろんのこと、
誰もが歌詞を見て共感できる部分が満載のナンバーです。
「恋は病」とまで歌っている理由も、男女問わずにしっくりくるのではないでしょうか。

さて、こうしたシンガーから恋愛についての学びを解くことによって、
自分なりのエッセンスにすることができます。
魅力的な男性と思われるためには、それなりの価値観がなければなりません。
恋愛に対する価値観が違うだけでも、2人の距離を縮めることができない場合もあります。

コブクロが発表した「君色」という楽曲は、恋に対する柔軟さを学ぶことができます。
相手のために自分がどのような色に変わることができるか。
それこそが、「好き」という気持ちを形に示した行動なのです。

どんなに魅力的な男性であっても、相手を思いやることができなければ恋愛は短命です。
逆に、相手に合わせて寄り添うことに長けている男性は、モテる傾向があります。
ビジュアルよりもスピリチュアルな部分での魅力が注目される30代。
その傾向が強いからこそ、「君色」に染まることができる柔軟さは大切なのです。

恋は向き合うもの。
それが同じ方向に向かっていくのが愛。

恋愛に繋がるためのエッセンスを自分に備えておくことは、
人としての魅力を磨くという結果に繋がります。
いかにして相手と向かい合うことができるかを追い求めることによって、
愛情をもって接するというチャンスをもたらすかが決まるのです。

恋からお互いを思い、寄り添って歩む愛に成長させるためにも、
自分色を強く持つだけでなく、どんな色にも変わることができるようなスタンスが、
大人の魅力を色濃く発揮するきっかけを与えてくれるのです。

news_large_kobukuro_art_201306

まだまだ名曲がたくさん存在するシンガーのコブクロ。
恋心をどのようにつむぐかを学ぶには、絶好の教材といえるのではないでしょうか。