自然な肌色が一番素敵!

日本人の肌色は、とても綺麗だと外国の方によく言われます。
私たちはよく「黄色人種」と呼ばれていますが、
ホワイトではなく、ブラックでもない、
程よいカラーが、外国人からは良く羨ましがられるのです。

ですが、
日本の女性は美白にすごく拘りを持っていますね。
日焼け止めをたっぷり塗ったり、
日傘や、UVグローブで身を守ったり、
女性陣は必死に肌をプロテクトしています。

海外では小麦色がセクシーで魅力的な象徴であっても、
日本ではごくわずかな人達だけが、肌を焼いています。
ですが、その小麦肌の女性に貼られるレッテルは、
海外のように“セクシー”というものではなく、
“遊んでいそう”というプレイガール系の象徴とされてしまうのです。

imagesPPPP

では、男性はどうなのでしょうか?

日本人の男性でも、肌を焼いている人は一部の方々ですね。
実際に日本女性はどう感じているのかと言うと、

夏は、黒い方がかっこいい

という声が多いようです。

黒い肌は、身体が引き締まって見える効果があり、
脱いだ時の肌をよりセクシーに筋肉質に見せることが出来ます。
また、アジア人特有の黒いむだ毛でさえ、
日焼けした肌の上では目立ちにくいという利点があります。

やはり、夏は薄着の季節、
そしてビーチに出掛ける機会が多いですから、
黒い肌が、夏のイメージに良くマッチします。

ですが、冬はと言うと、

冬は白くても良い。

という女性は多数いらっしゃるんです。

1年を通して肌を焼かなくても、冬は白くていいと言うのです。

また、女性は日焼けサロンに行っている男性に、
好印象は持っていません。

そこまでしてしまうと、
プレイボーイのイメージに繋がってしまうのです。

imagesRRR

要は、女性は自然が好きなのです

夏は、程よく焼け、
冬になれば、また元に戻るような自然さで十分なのです。

逆に黒すぎても、または白すぎても、
引かれる対象にしかならないのです。

ですが、日本の男性はあまりにも、UV対策に鈍感な気がします。
あまり、日焼け止めを塗ったり、
スキンケアをする男性を見かけませんが、
いつまでもモテ男でいたいのであれば、
30代の今からしっかりとUVケアをしてください。
日焼けをしてカッコイイだけで満足しているような人は、
後にシミやそばかすなどの、皮膚トラブルで悩む原因となります。

日焼けは英語で、“Sunburn”と言います。
burnですから、意味は火傷ですね。

健康的に焼けるのは、tanningと言います。

カッコイイからといって、むやみに肌を焼いてしまうのは、
大きなトラブルのもとです。

私的には、やっぱり自然な日本人のもっている肌色が好きです。

モテる男はエコにも優しい

良くこんな男性を見かけます。

・ 空き缶用のゴミ箱に紙くずを入れる人

・ ポイ捨てをする人

・ 水を出しっぱなしにする人

など、見ていて溜め息が出てしまいます。

社会ではいい顔をしていても、
いくら恋や仕事が順調であっても、
肝心な所にまで神経が行き届いていないのです。

以前にお付き合いをした男性の中に、
走行中に車の窓から吸い殻や、ゴミを捨てる男性がいました。
私は、心底引いてしまいましたし、

「こんな気持ちの人は、
いつか私の事も簡単な気持ちで捨ててしまうのだな。」

と思いました。

案の定、彼の浮気が原因で関係を終わりにしました。

男性の自宅にお邪魔すると、
心の行き届いている男性の家では、
きちんとゴミは分別されています。

本当に必要な物だけを置き、
一つの物を長く使用している男性を、
私たちは見習うべきなのです。

それは、几帳面な性格だから出来る事ではなく、
当たりまえな事をしているのだと思ってください。

日本のゴミ焼却量数は、世界でもダントツで一位なのです。
ということは、ダイオキシンの排出量も世界で一位なのです。
この事に、あまりピンときている日本人がいないのは、
悲しいことでもあります。
日本は、大量生産をしますが、合わせて大量消費もします。
その上に、大量破棄という問題があります。
いくらリサイクルと言っても、
リサイクルするのに消費するエネルギーもあるのです。

スーパーで売られている食材に使われているビニールや、
トレーも無駄なものばかりです。
アメリカのスーパーでは、
ビニールにも、
何にも入っていない野菜や果物を、
そのままカゴに入れ、買い物をします。

Unknownppp

日本だと、ビニールに入ったお野菜は勿論の事、
食材の隣に自由に梱包できるビニールバッグが置いてあります。
実際に、ゴミ問題を気にかけている人がどれだけいるでしょうか。

エコに気を使っている男性は、

本質を見極めている素晴らしい男性だと思います。

使えるものは再使用したり、
マイ箸や、エコバックを使ったりしている男性は、
女性にも優しく愛情を注いでくれそうなイメージがあります。

エコに優しい=女性を大切にする

に繋がるのです。

男性の環境に対する態度が、
女性関係においても比例を見せているように感じます。

私たちは地球に生かされているのです。
そんなMother earthを思いやる為に、
何かエコを始めてみたらどうでしょう?
エコに気がつける優しい敏感さを持てば、
迷っている恋愛への答えに繋がるかもしれませんよ。

女性にモテる資格を学ぶ

女性から人気の職業になることができれば、それだけでもステイタスとしては有利。
もちろん、人間性がよくなければモテる条件には合致しないものの、
少なからず第一印象でライバルとの差をつけることができるようになります。

スタートダッシュをかけたい願望があるのであれば、
女性にモテる資格を知っておいても損はないはずです。

first-date-conversation-300

最近は資格社会と言われている世の中。
つまり、男女の恋愛に発展する要素としても、職業の位置付けは重要です。
特に30代以上の男性が特定の職についていないというのは、
生活の安定に関する心配事も大きくなってしまいます。

モテる男を演出するためにはスペシャリストになるべき

どんな分野でも構わないので、スペシャリストであることを示せると、
女性はステイタスに惹かれてしまいます。

スペシャリストとして博がつく一番の資格は国家資格。
しかし、これから新たに学校に通って取得しなければ難しいものもあるため、
持っていれば非常に強い武器となりますが、国家資格がないのであれば、
別な角度からのスペシャリストを目指すべきです。

恋愛に使える資格としては、利き酒師のようなスペシャリストは有効です。
お酒が好きな女性であれば、好みのものを選択してあげるなど、
プライベートでも使い勝手が満載。
ソムリエやフードマイスターなど、食に関わる資格は効果大です。

また、芸能人でも書道の段位を持っているなど、
意外な一面を発揮することができるものも効果的です。
スペシャリストは仕事のみならず、趣味の範囲でも大きな武器になるのです。

しかし、気をつけなければならないのがアピールの仕方。
資格を持っているからといって、それをひけらかすような会話をしてしまうと、
せっかくのステイタスも水の泡になってしまいます。

スペシャリストを持つ資格は、適切な使い方ができてこそのステイタスです。
それがわかっていれば、女性にモテるためにも使うことができるはずです。

モテるための一つの手段として上手に活用することができると、
努力してきた成果が人生の充実にも機能させることができるのです。