女性が「夜景が綺麗なレストラン」を好む理由

男性にとったら「今日こそは決めたい夜」
というのがあるかと思います。

「今日こそは、愛の告白をしたい。」

「今日こそは、ホテルに誘いたい。」

など、必ず成功させたい「今日こそは」
という日がやってきたら、
デートでの食事は、
高層ビルなどの、
「夜景が綺麗に見えるレストラン」をお勧めします。

女性は、「夜景の綺麗に見える所」が大好きです。
場所によって心理状態が大きく変わるのも、
女性の特徴と言えるかと思います。

多くの女性は、高い所が好きなのです。
それは、勿論、景色が良いからという理由があげられますが、
それだけではなく、高い所には、

「現実離れすることができるから」

という最高の利点があるのです。

imagesCAVEPMPH

高層ビルから、眺める景色は、
美しい夜景だけでなく、
や、なども目に入ってきます。
その光景に、女性の心では、優越感が生まれるのです。
下の方でせっせと働き、歩き回る人々や、
渋滞に巻き込まれる車を見ると、
自分は別の世界にいながら、
下界の光景を眺めるような感覚になり、
何故だか、自分自身はとても幸福で魅力的な女性であるという
自信と、優越感が湧いてくるのです。
その現実離れした感覚が、
女性のムードを一気に高めてくれるのです。

お勧めは、やはり、ランチより、ディナータイムです。
ランチタイムよりも、
より空間にムードがプラスされますので、
女性の心理状態も、あなたを受け入れやすくなっています。

キラキラしたネオンが放つ、美しい夜景には、
見るものを「忘れさせない」という効果があります。
家に帰った後も、美しい夜景が目に焼き付いているものです。
それは、同時に女性の中であなたと過ごした夜が、
素晴らしい思い出の一部に加わるのです。
おしゃべり好きな女性は、友人にも自慢話をするでしょう。

初デートから、高層ビルは、
少々重いと感じる女性もいるかもしれませんので、
特にキメたい、大切な夜の演出に、
是非高層ビルでの食事を計画してみてください。

要は、現実離れした場所がポイントなのです。
クルージングディナーなども、お勧めですよ!

自己管理ができてこそ大人の魅力を発揮する

30代のモテる男は、仕事面での魅力をアピールすることができる年齢。
しかし、自己管理の面で充実しているだけでも、生活力があるとみなされます。

何気ない日常生活における動作においても、サッと気を使うことができるかが重要です。
特に、相手に対する気遣いに配慮することによって、自分にも余裕が生まれます。

基本的なところから考えると、毎日の生活で体調管理を行うということも必要になります。
不健康な状況が続けば、心身ともに余裕がなくなってきます。

恋愛は相手を思いやる気持ちが長続きの秘訣です。だからこそ、生活面でのコントロールに長けている人が、長きにわたって異性を愛することができ、結婚までの段取りをスムーズに動かすことができるのです。

自己管理のスタートは何でも良い

自己管理を実践するのは難しいように思うかもしれませんが、実際にはシンプルです。
自分にとって何が足りないかを分析することによって、すぐに行動すべき道がはっきりします。

体調面のコントロールをすべきか、仕事の量をわきまえて取り組むなど、自然発生的なものに対する対応を迅速に行うのが、モテる男のテクニックなのです。自己管理ができてこそ、大人の魅力を世間に知らしめることができるのです。

相手のことを考える余裕を見せるためには、自分がしっかりしていなければなりません。
30代にもなって独立心がなければ、よほど母性本能の強い女性に出会わなければ、
恋愛に発展する可能性は格段に低くなってしまうのです。

大人の魅力を巧みに利用することができなければ、30代はモテない男になります。
誰かに依存しなければ生活が成り立たないような弱さを見せてしまっては、
たちまち女性もドン引きになってしまうはずです。

0629-couple-eat-dinner_li

だからこそ、些細なことでも構わないので自己管理を徹底しながら、
大人としての余裕をチラ見せできる大人になることが、
30代からモテる男として異性にアピールすることへと繋がるのではないでしょうか。

デートは長さではなく濃さが重要

デートに誘う場合には、ある程度のプランニングを行うことが重要。
しかし、少しだけフレキシブルな面を残しておくことによって、
相手の好みに合わせたコーディネートができるようになります。

そして、デートは長くだらだらするのではなく、
濃密な時間を過ごしつつ、名残惜しさを残して引きあげるのが重要です。

Picture

男女の恋愛は駆け引きの連続。

押してばかりではなく、上手な「引き」をマスターすることによって、
相手にとって気になる存在というイメージを刻みこむことができるようになります。

デートは長さではなく、濃さを追求できるかが2度目のチャンスを作り出します。
1度時間を共にしてつまらなければ、次のチャンスはないものと考えるのが妥当です。
30代はそれなりの人生経験を積んでいるため、
若かりし頃とは違って失敗は許されないというイメージがあるのです。
だからこそ、確実に相手の心をつかむ演出をデートに盛り込むべきなのです。

確定させる要素と自由を残す要素について

デートコースをコーディネートする場合には、確定的なものと自由に選択できるものを分けるべき。
特に、食事は好みが関係するため、ある程度自由な選択ができるのが魅力的です。

デートコースの主たる企画は、相手に対するインフォメーションにも繋がるので、
相手が抵抗することなく共に時間を過ごせるものを選択すべきです。

いきなり遠出をするような誘いは、その後の疑いが頭をよぎります。
初めてのデートに誘うのであれば、ライトな関係がベストです。
その後、自分の魅力に引き込むことによって、相手の心をつかむべきなのです。

デートに費やす時間は数時間で十分

デートは1日中ではなく、午後以降から行動することにしつつ、夕食を共にすべきです。
最近はランチデートも人気となっており、リーズナブルな投資になる点も使い勝手に優れています。

デートに費やす時間は物足りなさを残しつつ、次の期待をイメージさせるのがポイントです。
だからこそ、長さにこだわるのではなく、相手のイメージに刻みこむことができる濃さが必要です。