ターゲットは、女性の友人に!

恋をすると、盲目の様に周りが見えなくなってしまうのは、
男でも女でも同じですね。
きっと、皆さんが経験のある事だと思います。
周りが見えなくなって、
ヒートアップした心が勝手に暴走してしまいがちです。
後になって、後悔する事が多いのも事実です。
ですが、お目当てのターゲットを手に入れるためには、
恋をしている時程、確かな目を持って、
着実なアプローチをすることが大切です。

まず、狙いをお目当ての女性に定めるのは、
大きな勘違いです。
大切なのは、ターゲットを

「その女性の友人」

に持っていく事です。
本当に手に入れたい女性がいるのであれば、
焦らず、ゆっくり時間をかけることが大切です。

まずは、女性の周囲から攻略していく事をお勧めします。
日頃から、女性が良くお付き合いをしている
友人関係をリサーチしておくことが、
第一ステップになりますよ。
そしてその友人と仲良くなる事が出来れば、
恋の協力をしてもらえることも夢ではないのです。
友人から得る事の出来る情報は、
一番確かで確実なものでしょう。
今後、どの様にしてアプローチしていくかを定めるカギになるはずです。

o-WOMEN-TALKING-ON-COUCH-facebook

また、女性は、友人の言葉を信用します。
「友人が既に友達」という状況であれば、
あなたの事も警戒せずに、
早い段階で心を開いてくれることでしょう。
女性は、第三者の意見に常に敏感です。
あなたが自分自身を良く見せようとしなくても、
友人があなたの長所を話してくれるようになればいいのです。
長所は、自分自身で語ると、ただの自慢話になってしまいますが、
第三者が語れば、魅力的な一面としてあなたのプラスになるのです。

恋愛もビジネスと同じように、
ある程度のプランニングが必要です。
ですが、人の気持ちは絶えず移り変わりますから、
どんなに良いプランニングをしようとも、
予想通りの結果を招くとは限りません。
想定外の事態が起こっても不思議ではありませんね。
そういった場合に、友人関係を攻略しておけば、
なにかしらの保険にもなるのです。

あなたの恋が上手くいきますように、
願っています☆

相手の経済状況を踏まえた自分の行動を考える

当サイトでは、お金の使い方についてを何度か取り上げています。
やはり、モテる男はお金の使い方で人を惹きつけることができるため、
内面に備える魅力の一つとして磨き続けることが推奨しています。

ただ、立ち振る舞いの技術が伴ってこそ、
自分の置かれている状況を加味したモテる男の演出ができるようになるのです。

今回は、相手の状況を踏まえて、自分がどのように行動すべきかの一考察をご紹介。

2c3f

相手が自分よりも年下の場合

相手が自分よりも年下の場合には、積極的に相手の負担を軽くするのが良いでしょう。
特に、学生を相手にしているのであれば、
デートの費用は男性側が負担するというスタンスで問題ありません。

毎回のデート費用が負担になってしまっては、
せっかく自分への魅力に気付いて欲しくて誘ったとしても、
返答にしぶるという結果を招いてしまうかもしれません。
このような状況にならないためにも、30代としての魅力を経済力から見せるのも良いでしょう。

ただし、費用負担をしたという事実を相手に後ろめたいものにしないためのことばかけが、
モテる男のテクニックとなります。
何らかの理由をつけて、相手の分を負担したという結果にするのが良いでしょう。
「自分から誘ったから、これぐらいさせて」というように、
相手を敬いながらことばを発するのが重要です。

相手が同じ歳や年上の場合

ある程度経済力があって、独立した生活を送っている相手であれば、
デートの費用は折半でも構いません。
可能であれば、少しだけ自分が多めの負担をして、
さりげなく相手の差し出した金額から気持ち程度財布に戻してあげるのが、
粋な男の計らいとなります。

あくまで経済力を前面にアピールするのではなく、
相手を思っての行動であるように悟ってもらうのが、
お金の価値観でズレを生じなくするためのポイントになるのです。

特に相手が看護師など、専門職でバリバリ働いている場合には、
たまにご馳走するというぐらいのスタンスで十分という女性もいます。

相手の状況を踏まえたうえでどのように立ち振る舞うかは、
個人のインスピレーションが大きなカギとなるのです。

予想もしていなかった偶然な出会いを演出する

女性であれば皆、
「運命の人」という言葉に敏感でしょう。

「この世界のどこかに、
私を幸せにしてくれる運命の王子様がいる。」

女性であれば、誰でもそう願った事があるはずです。
女性は幼いころから、
そんなロマンティック溢れるおとぎ話に触れてきました。
小さい子供がサンタさんを信じる様に、
彼女たちも自分に訪れるに違いない、
王子様の存在を信じているのです。

映画やドラマなどを見ていると、
とても素敵な「出会い」に溢れています。
主人公の男女がどのように出会い、
恋愛に発展していくかを知るのは、
女性にとって最高の贅沢で、
それを自分自身の人生に照らし合わせるのです。

「こんな出会いないかな。」

「こんな風に男性に思ってもらいたいな。」

女性は、そんな映画の様に、
偶然で運命的な出会いの演出に弱いのです。

では、そんなチャンスを作ってみようではありませんか。

imagesCADGD8HK

お目当ての女性がいるのであれば、
自分で映画のワンシーンを作ってみましょう。
交際を始めてから、デートの演出を考えるように、
交際前でも、「出会いの演出」を考えることが大切ですよ。

「出会いの演出」は、
ワザとらしくない「偶然さ」がポイントです。
ですが、その「偶然」を装うためにも、
事前の徹底的なリサーチが必要です。
女性の好みや、良く行くカフェテリアなど、
どんな友人と親しいかも、重要なポイントです。

私が、実際に経験したことですが、
合コンで、何人か男女が集まった時に、
プレゼント交換をしたんです。
その時、わたしが用意したプレゼントに、
自分が愛用している香水をひと吹き掛けたのですが、
いざ、プレゼント交換で私が頂いたプレゼントは、
その香水そのものだったのです。
その男性は、私のプレゼントを受け取ると、

「僕が、愛用している香水の香りがする。
僕も、プレゼントに同じ香水を用意したんだ。」

と言うのです。

「あなたも、同じ香水を愛用しているの?」

偶然ね。本当にいい香りだよね。
私も好きなの。」

会話が物凄く弾みました。

私は、その偶然に非常に驚きましたし、
なんだか、「運命」を感じてしまいました。

おそらく男性は、
予め私が身に付けている香水をリサーチしていたのでしょうけれど、
その時は、そんな事も想像がつかずに、
ただ単に、とても嬉しくハートが熱くなりましたよ。

いかに偶然を装えるかで、
女性の心を一瞬にして奪う事が可能です。

ある意味、
とても単純で簡単だと思いませんか?