デートで使う金銭感覚を学ぶ

女性とデートに出かけるのであれば、
自分に対する魅力を知って欲しいと誰もが願うはずです。
女性は色々な部分を確認しながら、自分に合った相手であるかを判断します。

モテる男は女性が目をつけるべきポイントをあらかじめ絞っておくことによって、
少しでもライバルよりも良い相手であるという思いを抱かせます。
だからこそ、失敗が少なく、意中の相手を射止められるのです。

images (1)

女性がデートで気にかける部分はいくつかポイントがありますが、
その一つがお金の使い方です。
決して無駄遣いをするのではなく、効果的にお金を使っているかを見定めます。

ここでは、デートで使うお金の概念についてを解説します。

一般的なデートで使う費用

自分が全ての費用を持つのであれば、
1000円では少ないと感じるのではないでしょうか。
男女が折半してデートの費用を負担するのであれば、
1人10000円を負担するのでは、女性側が少々高いように思うかもしれません。

だからこそ、どのようにして相手に気を使わせずにお金の調整を行うかが、
モテるためのテクニックに繋がるということがわかるでしょう。

男性が全ての費用を負担するのであれば、
デートスポットに出かけて約5000円。
その後の食事で1万円から15000円ほどというのがスタンダードです。
もちろん、豪華にやろうと思えば、上限に定めはありません。

ただし、女性が見ているのは男性のお金の使い方であることも忘れずに。
あまりにも破天荒なお金の使い方をしているようでは、
まだまだ子どもとして見られてしまうかもしれません。

お金の管理ができてこそ大人の男性の魅力を与えられます。
自分をいかにしてコントロールするかによっても、
結果が大きく左右されるかもしれないことを学ぶべきではないでしょうか。

最近の傾向としては、女性も少しは負担をするものの、
基本的には男性が多くを負担するというのが良いと考える女性も多いようです。
過度に気を使わずに、相手を立てることができるからこそ、
このようなバランスになっているのかもしれません。

デートの食事に誘う場合に避けるべき選択肢

女性は食の好みがはっきりしています。
自分に合わないものを出されてしまうと、気分を害することもあるでしょう。
特にデートで苦手なものを食べるとなれば、ストレスが大きくなる可能性があります。
お店選びによって、男性側の魅力を削いでしまうこともあるのです。

article-new-ehow-image

だからこそ、デートの食事に誘うお店は、十分な戦略を練るべきなのです。
気をつけるべきポイントは、相手の食の好みを聞いているか否かにもよります。
まずは、可能な限り相手が行きたいと思えるお店のリサーチをしておくのが、
デートで失敗しないための秘訣となるでしょう。

ここでは、相手の好みを聞いていない場合の戦略も含めて解説します。

無難さを求めた食のコーディネート

辛いものや、酸っぱいものに分類されるグルメが自慢のお店は、
ファーストチョイスからは外すのが良いでしょう。
相手の好みを初めのデートで伺ったうえで、2回目以降のデートで使うべきです。

初めてのお店なのに、本人が嫌いかもしれないギリギリのラインを攻めるのは、
モテる男として失格となる可能性が高いのです。
リスクをわざと抱えてデートに誘うよりも、
無難でゆったりとした時間を過ごすことができるところを選択すべきなのです。

無難さは、相手に悪い印象を与えません。
ただ、ファミリーで行くような大衆店は避けても良いでしょう。
せっかくのデートなので、いつもはいかないようなお店選びは重要です。

ただし、出てくるものは無難さがあって、食べ飽きないものが良いでしょう。

ラーメンやファストフードでデーというのは、ロマンチックに欠けますよね?
自分だったらどんなお店をデートに選ぶかをしっかり考えると、
外すべきジャンルのお店がはっきりするでしょう。

2回目の約束をするための布石とするべき

どうしても結果が早く欲しいと焦ってしまう男性が多いものの、
30代のモテる男は、数回のデートで自分の魅力に染めるのです。

つまり、初めてのデートは無難な食事でまとめて、
2回目以降に相手の好みに合致したチョイスを行なうことが、
粋な計らいができる男としての認識を強めるのです。

だからこそ、ファーストチョイスは無難にまとめるのが良いのです。

モテる男は体を引き締める習慣を持っている

30代というのは忙しい年代です。

仕事に追われ、付き合いも多くなるなど、生活が不規則になります。
その流れのまま過ごしてしまうと、数年間で10kgの体重アップも珍しくありません。
そこまで太らずとも、一昔前より色々なところに贅肉がついたという人は多いでしょう。

keep-up-running-lake-28072011

しかし、こうしたポイントを気遣ってコントロールできるという面を見せると、
女性は自己管理という面で優れていると判断するのです。
30代を過ぎても、自分自身のメンテナンスに気を配っているという点は、
自分にまなざしが向けられた時には、ゆるぎない頼りがいへと繋がる可能性があるのです。

それこそが、モテる男としての魅力を高めるのです。

女性の体のラインが気になるように、女性も男性の体は、少なからずチェックしています。
男性らしさをアピールするうえでも、引き締まった体を目指しましょう。

いつまでも爽やかさがにじんでくるような魅力を有すると、
女性受けしやすいポイントを備えることができるのです。
自分の意識次第で体を引き締めることは、誰でもすぐに行動できる手段なのです。

運動習慣と食事習慣への配慮

引き締まった体を維持するためには、運動と食事に配慮すべきです。
どちらのバランスが崩れてしまっても、体型維持が難しくなります。

運動は忙しい人ほど意識をしなければいけません。
まずは、毎日の生活の中でどのようなポイントを絞って動くべきかを、
スケジュール管理しながら実践するのがお勧めです。

それが難しいのであれば、ジムに通ってコントロールするのが、
誰でも手軽に実践できる運動になるのです。

食事習慣への配慮も重要です。
代謝が低下してしまうと、摂取した栄養を体に蓄積させるようになります。

効率よく消費するような体型を作るとともに、
食事の摂取内容についても考えることができるようになると、
体型の維持が簡単になるでしょう。
お酒が好きなのであれば、飲むときにはご飯は食べずに過ごすなど、
自分なりのこだわりをルールとして設定するのも大切です。