髪を触るという動作だけでも心理を洞察できる

男性にとっては髪を触るという仕草を行う頻度は少ないものの、女性はその逆です。
心理の揺らぎによって、髪を触るという動作が自分に対する思いを行動として示すのです。

Dinner

初めてのデートでよくあるのが緊張感からくる髪を触るという仕草。
基本的には髪の毛を整えるようなアクションが特徴です。

これは、目の前に居る自分が気になるという場合もあれば、脈アリかどうかの判断に迷うこともあります。
しかし、髪を触る仕草があるということは、好意を抱いている可能性があると考えることもできます。

会話を展開させていくことによって新密度をアップさせることができれば、
髪を触るという仕草が変貌していく可能性があります。

恋愛感情のサインにもなる髪を触る仕草

女性にとって、気になる男性を目の前にしてしまうと、つい髪を触ってしまうことがあります。
照れながら髪を触るという行為をするのであれば、さらなるアプローチのチャンスです。

会話の中で、髪を触りながら取る行動を分析することによって、
自分に対する好意の有無がわかるようになるはずです。

あまり多すぎるのは無意味なサイン

髪を触るという行動は、頻度が多いと「癖」としてみなすことが適切です。
ナルシストの人が髪を常に触っているのが良い例です。

自分のことを相手に知らしめたいという思いが行動に出ているのが、
髪を触るという行動に表れているのです。

こうした行動が前面に出ているのであれば、自分に対する興味が薄い可能性があります。
常に髪を触りながら会話をしている女性を目にしたのであれば、
アプローチを変えて、行動が変わるかを確認するのが重要です。

モテる男は一つの行動分析から次を考える

いつまでも脈ナシの相手をしているのは時間の無駄になります。
モテる男は自分に脈アリか否かを迅速に判断することができます。
こうしたサイン一つを敏感にとらえることによって、次に移行すべきかが判断できます。

無駄な時間を過ごすのではなく、有意義な時間を過ごすためにも、
髪を触るという行動から心理を分析することが重要なのです。

デートでは試しにタッチを行うべき

パーソナルスペースというものは、誰もが知っている人間関係を知る指標となっています。
デートで新密度を自分なりに解釈することによって、攻め時か否かを確認することができるようになります。
もちろん、一つのアクションで、相手の心理全てを把握するわけではないため、
何度か検証することによって、信頼性を高める必要はあります。

happy-couple-at-home-having-dinner

もしも、デートに出かけたのであれば、さりげなく相手にタッチできるきっかけを作りましょう。
靴箱が用意されている居酒屋で、相手の靴を収納して、カギを渡してあげるのでも良いでしょう。
それが序章となり、実際の食事場面でさりげなくタッチできるチャンスを伺うべきです。

デート中は相手との距離を縮めることが十分可能です。

クリーム系のパスタを楽しんで、相手の口を拭いてあげるなど、
海外ドラマでは当たり前のようなチャンスが巡ってくることもあります。
そこで分かれるのが男性側の行動なのです。

このようなシチュエーションがあった場合、どのような行動に出るのでしょうか?
「ねぇ、口元にクリームついているよ。」
これは当たり前の行動であり、ありきたりです。
相手との距離を縮めるような行動ではないことが誰にでもわかります。

「あっ、ちょっと待って、そのまま動かないでね。」と言って、
さりげなく口元を自分のハンカチで拭いてあげるとどうでしょう?
大抵の女性は「何をするのだろう?」という突然の心の揺らぎと共に、
「気の利く男性」というイメージを抱くようになります。

こうしたさりげないタッチを行うことによって、男女の新密度は大きく変わります。
デートは相手に対するサプライズがあるだけでも印象的になります。
男性の行動で小さなサプライズを演出することができるようになれば、
相手にとっても特別な時間を過ごしたという印象に繋がるのです。

だからこそ、デートで新密度をアップさせることができるようなチャンスを考えると、
おのずと選択すべきデートコースが明確になります。
そこで距離を縮めることができるタッチを試みるべきなのです。

デートの成功のためにも味覚を磨くべき

モテる男はデートのコーディネートも気が利きます。
女性の好みをかぎ分けて、さりげなく最高のデートプランを立てることができるのです。
しかし、こうした成功の陰には、それなりの投資が行われているのです。

一人での食事タイムを活用して、新たな食の魅力を探すというのは、
女性との食事で一目置かれるための投資だと思うべきです。
何となくファーストフードで済ませてしまうのは、経済的負担という面では魅力的です。
しかし、一人の時こそ自分の感性を磨くチャンスだと思い、行動するのが重要です。

imagesdd

自分自身が行動しなければ、味覚を磨くことはできません。
人に文句をつけるための鍛錬ではなく、相手を喜ばせるための磨きが必要。
効率良く美味しいを見つけることができるようになれば、
それを相手にも共有させることができるようになるのではないでしょうか。

いくつかのお店をはしごするくらいのスタンスを持つべき

デートは食事を楽しむところもあれば、ゆっくりお酒を楽しむところもあります。
コーディネートをする場合には、いくつかのお勧めを組み合わせることによって、
最高の夜を作りだすことができるのです。

だからこそ、この料理を食べた後はこのお店に流れたいという具合の、
自分なりのベストチョイスがあるのが魅力的です。
こうした背景を考えても、いくつかのお店を開拓しながら、時を過ごすイメージを膨らませるべきです。

少額でも構わないので、いくつかのお店の雰囲気や味を感じつつ、
感性を磨くことを優先すると、実際に女性と一緒に食事をした時にも、
相手にとって魅惑のひと時を作り上げることができるのではないでしょうか。

一人で楽しむお店の開拓というよりは、女性と気兼ねなく会話ができ、
お料理やお酒を楽しむことができるようなところを選択することによって、
長い時間を楽しむことができるコーディネートが完成するのです。
モテる男は女性の好みを会話の中から聞き出しつつ、次のお店の準備もできます。
そんな演出ができると、一夜で恋愛感情を抱かせることも難しくありません。