外見で勝負ができない男性がモテるためのテクニック

30代にもなると、なかなか外見を磨くにしても限界があります。
それよりは、内面を磨いて人間的に魅力を高めた方が、
モテる男として女性にインパクトを与えることができるのです。

Y

外見で勝負ができないと思っている男性は、
是非とも参考にしてみてはいかがでしょうか。

磨くのはトークのテクニック

話がうまい男性というのは、女性の関心を惹きつけることができます。
長く居ても飽きない男性は、何度でも会いたいと思うのです。
そのためにも、トークのテクニックは磨くべきだと思いませんか?

話が面白いというのは、人によっても感じ方が異なりますが、
絶え間なく色々なジャンルの話に展開することができる柔軟さが必要です。

時には仕事の真面目な話から、少しふざけた話まで、
幅広く相手と会話のキャッチボールを交わすことができる男性が、
女性からの支持を集める存在になる可能性があるのです。

頭の回転の早さを感じる女性も多く、
トークのテクニックから人間性の魅力に発展する可能性があるのです。

気配りのスペシャリストを目指すべき

トークのテクニックと並行して、女性の心をつかもうと思っているのであれば、
気配りの技術を磨くべきではないでしょうか。

大切なのは、相手のことを思いやってあげることが重要なのです
優先順位は自分ではなく相手なのです。
いかにして相手のことを尊重してあげるべきかを突き詰めることによって、
人としての魅力が磨かれるかもしれません。

デートの時にさりげなくみられるマナーに気を使うことも重要です。
テーブルマナーを知っておくだけでも恥ずかしくありません。

一緒に居て恥ずかしいような立ち振る舞いをしている男性は、
一度の出会いから発展することは稀です。
むしろ、相手から避けられてしまうことも少なくないでしょう。

一方、気配りが磨かれている男性にとっては、
相手も長く居ても快適な時間を過ごすことができるのです。
「もっと一緒に居たい」という名残惜しさも与えることもできるでしょう。

それが、外見で勝負をせずに、人間性という観点から人を惹きつけるテクニックなのです。

外見に関してのインセンシティブな発言は、一瞬にして信頼を壊す

よく言われるのが、女性は、
「気が利く」
という本質を持ち合わせているという事です。

女性は、男性よりも周りの空気や雰囲気を、
いち早く察することが出来ますから、
周りの状況や、環境、場所に合わせて、
しっかりと気を回すことができるのです。

モテる女性は、皆やっています。
合コンに行けば、どんなメンバーかによって自分を使い分けますし、
会社などの仕事の場所、パーティーなどでの社交の場では、
その場の空気次第で、自己アピールをしていけるのが彼女達です。
女性は、この「空気を察する」という事に、
非常に長けていると思います。

imagesCA4L1IW0

「空気が読めない=KY」

なんていう言葉が一時流行しましたが、
私の経験上、男性には、比較的そのようなタイプが多いです。
男性にとって女性はミステリアスな存在ですので、
本人が気付かないままに、
女性心を踏みにじるような発言をしてしまうことがあります。
二人きりならまだ我慢なるのですが、
度々起こる、人が交流を交わす社交の場での
インセンシティブな男性の発言には、
愛想を尽かしてしまう女性も多いのです。

女性が一番気に障るのが、外見に関しての、
男性のインセンシティブな発言でしょう。
例えば、

A男「疲れてる?」

K子「うん、ちょっとね。何で分かったの?」

ここまでは、良いのです。
男性が、女性の異変に気が付いてくれていますから、
女性は、

「私の変化が分かるのね。敏感な人なのね。」

と、結構嬉しい気持ちになっています。
ですが、次の発言に注意です。

K子「うん、ちょっとね。何で分かったの?」

A男「いつもより、目が腫れているみたいだし。」

これは、実際私が男性に言われた一言ですが、
それを聞いた瞬間に、一瞬にして愛想を尽かしてしまいました。
男性としては、正直な意見を述べているだけでしょう。
ですが、中には傷つく女性もいるのです。

では、何と言うのがベターだったのでしょうか。
こういう場合には、嘘でも、

「何となく、そんな気がして。」

というのがです。
その様に言うと女性は、

「この人、私の心を感じ取ってくれている。
とても勘が良い人なのね。優しい人だわ。」

という、気持ちになるのです。

その場その場で、言っていい事と、悪い事があります。
それを察することの出来る男性にならなければ、
女性を手に入れるどころか、
人間関係を円滑に持って行くことなどできません。
成功の糧となる人脈を作る事もできません。

まず、女性心を勉強しましょう。
そして、自分がどんな事で嬉しかったか、
どんなことで傷ついたか、しっかりメモできるといいですね。

そういった積み重ねで、如何なるTPOにも対応できる成功者になれるのです。

頑張ってみてください!

「敵」を知ろう!!!

あなたには、お目当ての女性がいますか?
女性にモテたいのであれば、
まずは自分の目標を定めるべきだという話をしました。

目標を定めたら、
今度は「敵」を知る事が大切ですよ。

「敵」すなわち、ライバルですが、
お目当ての女性を、
自分だけが狙っていると思うのは、
大間違いです。
同じ女性を狙うライバルがいたり、
恋人がいるというパターンもあるわけです。
では、どうするべきでしょうか?

こんな時は、まず諦めないこと!
そして、「敵を知る事」が重要になってきますよ!

8uu

ライバルがどんなタイプの人間なのか、知っていますか?

・性格

・外見

・特徴

・職業柄

全てをリサーチする事が大切です。

ライバルが真面目なタイプの人間であれば、
少し正反対な部分を演じてみるのもいいでしょう。
決してライバルと被らない事が大切です。
同じである必要は全くありません。
どちらとも全く違うタイプだからこそ、
女性がそれぞれを、しっかりと見てくれるのです。

外見に関しては、
相手と同じレベル以上にまで引き上げるように努力してください。
いくら外見に自信の無い男性でも、
ファッションを楽しむなど、
出来る事は沢山ありますよ。
大抵の男性は、カッコいい要素を持っています。
ただ、少し眉毛を変えてみたり、
髭を整えてみたり、髪型を変えてみてください!
自分でも想像もしなかったほど、男前になりますよ!

体系に関しては、努力すれば誰でも魅力的になります。
私は、ダイエットはお金を掛けなくてもできると、
確信しています。

あらゆる美容のなかで、
唯一お金を掛けずに美しくなれる方法かもしれません。

食べ物にしても、気を付ければ節約にもなりますし、
エクササイズは、ジムに通う必要もありません。
自宅でできる簡単なエクササイズでいいのです。
大切なのは、毎日の積み重ねですよ☆

ライバルに無いものを、どんどん自分に取り込みましょう!
そして、彼氏がいようとも、気にせずにアタックする事です!
可能性ゼロの恋なんてありません。
チャンスは、あらゆる所に転がっていますよ。
本当に手に入れたい女性であれば、
あらゆる手段を試してみることです。
女性は、手に入れようと頑張るあなたの姿に、
優越感を感じます。
女性が大好きな「お姫様気分」を与えることが出来るのです。

「私のために、こんなに頑張ってくれる男」

女性は、そんな男性に弱いのです。

頑張ってみてください!