デートに費やすのはお金ではなく会話を聞く時間

話を聞くということは、相手のことを知るために必要です。
自分のことばかりを話しているようであれば、相手は退屈しているかもしれません。
一緒に居て良かったと思えるような時間を演出することこそ、
デートを成功させる秘訣となるのです。

つまり、デートに費やすのはお金ではなく、相手の話を聞くという時間を費やすべきなのです。

丁寧に会話するというのは意外と難しいものです。
特に、自分が受け手として接するのであれば、やり取りのスタンスは十分考えるべきです。
相手の会話にどのようなリアクションを取るかによっても、進展するか否かが決まります。

いくらお金がある男性でも、デートでの会話がつまらなければ、
相手が描く自分に対するイメージは、「一緒に居ても楽しくない」となってしまいます。
何度もデートしたくなる存在というのは、いつまで居ても時間が足りないものなのです。

相手に名残惜しいと思わせることができるかがモテる・モテないの分かれ道。
話を聞く力が長けているのであれば、次のデートの誘いをしたとしても、断られることはないでしょう。

何度か誘っても良い返事がもらえないというのであれば、しつこくつきまとうよりも、
次のターゲットを探した方が良いかもしれません。
それほどまでに、自分のコミュニケーション能力は、人としての魅力を推し量るのです。

42

デートで気にするお金の問題。
自分が全て払わなければという思いに気を取られてしまっては、デートの質に影響が出ます。

お金よりも大切なものがあるということを認識したうえで立ち振る舞うことが、
相手をもてなす心情を高め、会話に没頭することができるようになるのです。
余計なことは考えずに相手の話に耳を傾けてみて下さい。
その真摯な姿勢こそ、モテる男としての魅力を発揮するのかもしれません。

デートで気を付けるべきポイントをしっかり見据えて臨むことによって、
失敗する確率を低くすることができるようになるので、
是非ともこれからの経験に役立ててみてはいかがでしょうか。

人のためにお金を使えることが大切

自分のためだけにお金を使っているような男性は、
女性からすると「ケチな人」と思われているかもしれません。
ここぞという時にお金を使うことができる男性ほどモテる傾向があるのです。

では、どのようなタイミングでお金を使うことが、男としての魅力を高めるのでしょうか?

今回は男女の出会いが発展する飲み会での立ち振る舞いについてを考えてみましょう。
ここでは1対1で食事に出かけるチャンスがあった場合の立ち振る舞いを解説します。

実は、飲み会でのお金を巡ったエピソードは、何気なくモテない素振りを見せていることもあるので、
自分の行動や言動には十分注意が必要なのです。

モテる男はさりげなさを武器にする

現在は男性が女性の分のお金を支払うという考えが一般的ではなく、
何でも折半するという風潮が強くなっている印象がありますが、
さりげなく相手を敬って行動することによって、
気を使わせることなくお金の問題を解決することができます。

1対1のデートであれば、相手がトイレに立った時に支払を済ませるのがスマート。
さりげなく、「そろそろ、次行きましょうか。」などと声掛けをして身支度をし、
そのまま会計を通り過ぎて店員さんに「ごちそうさま」が言えるのがベストです。

相手は「お金は?」と必ず口にするでしょう。
そんな時には「もう払っちゃった。美味しかったね。また来ようね」などと声掛けをして、
自分がお金を払った事実だけを伝え、さらりと会話を流しましょう。

相手が気を使ってお金を払うというのであれば、
もう1件付き合ってほしいという交渉も簡単になります。
「では、次のお店で少しだけもらおうかな」などと言いつつ、2次会に突入しましょう。

sk

もちろん、2次会でも全て支払うのも良いでしょうが、
あまり相手に謙遜させるのに気が引けるのであれば、
折半して支払うようにすると良いかもしれません。

浪費ではなく誰かのためにお金が使えるということは、
それだけでも包容力があるとみなされることがあります。
自分がデートに誘ったのであれば、1件くらいは全て支払うつもりでいるのが良いでしょう。

相手の経済状況を踏まえた自分の行動を考える

当サイトでは、お金の使い方についてを何度か取り上げています。
やはり、モテる男はお金の使い方で人を惹きつけることができるため、
内面に備える魅力の一つとして磨き続けることが推奨しています。

ただ、立ち振る舞いの技術が伴ってこそ、
自分の置かれている状況を加味したモテる男の演出ができるようになるのです。

今回は、相手の状況を踏まえて、自分がどのように行動すべきかの一考察をご紹介。

2c3f

相手が自分よりも年下の場合

相手が自分よりも年下の場合には、積極的に相手の負担を軽くするのが良いでしょう。
特に、学生を相手にしているのであれば、
デートの費用は男性側が負担するというスタンスで問題ありません。

毎回のデート費用が負担になってしまっては、
せっかく自分への魅力に気付いて欲しくて誘ったとしても、
返答にしぶるという結果を招いてしまうかもしれません。
このような状況にならないためにも、30代としての魅力を経済力から見せるのも良いでしょう。

ただし、費用負担をしたという事実を相手に後ろめたいものにしないためのことばかけが、
モテる男のテクニックとなります。
何らかの理由をつけて、相手の分を負担したという結果にするのが良いでしょう。
「自分から誘ったから、これぐらいさせて」というように、
相手を敬いながらことばを発するのが重要です。

相手が同じ歳や年上の場合

ある程度経済力があって、独立した生活を送っている相手であれば、
デートの費用は折半でも構いません。
可能であれば、少しだけ自分が多めの負担をして、
さりげなく相手の差し出した金額から気持ち程度財布に戻してあげるのが、
粋な男の計らいとなります。

あくまで経済力を前面にアピールするのではなく、
相手を思っての行動であるように悟ってもらうのが、
お金の価値観でズレを生じなくするためのポイントになるのです。

特に相手が看護師など、専門職でバリバリ働いている場合には、
たまにご馳走するというぐらいのスタンスで十分という女性もいます。

相手の状況を踏まえたうえでどのように立ち振る舞うかは、
個人のインスピレーションが大きなカギとなるのです。