人のためにお金を使えることが大切

自分のためだけにお金を使っているような男性は、
女性からすると「ケチな人」と思われているかもしれません。
ここぞという時にお金を使うことができる男性ほどモテる傾向があるのです。

では、どのようなタイミングでお金を使うことが、男としての魅力を高めるのでしょうか?

今回は男女の出会いが発展する飲み会での立ち振る舞いについてを考えてみましょう。
ここでは1対1で食事に出かけるチャンスがあった場合の立ち振る舞いを解説します。

実は、飲み会でのお金を巡ったエピソードは、何気なくモテない素振りを見せていることもあるので、
自分の行動や言動には十分注意が必要なのです。

モテる男はさりげなさを武器にする

現在は男性が女性の分のお金を支払うという考えが一般的ではなく、
何でも折半するという風潮が強くなっている印象がありますが、
さりげなく相手を敬って行動することによって、
気を使わせることなくお金の問題を解決することができます。

1対1のデートであれば、相手がトイレに立った時に支払を済ませるのがスマート。
さりげなく、「そろそろ、次行きましょうか。」などと声掛けをして身支度をし、
そのまま会計を通り過ぎて店員さんに「ごちそうさま」が言えるのがベストです。

相手は「お金は?」と必ず口にするでしょう。
そんな時には「もう払っちゃった。美味しかったね。また来ようね」などと声掛けをして、
自分がお金を払った事実だけを伝え、さらりと会話を流しましょう。

相手が気を使ってお金を払うというのであれば、
もう1件付き合ってほしいという交渉も簡単になります。
「では、次のお店で少しだけもらおうかな」などと言いつつ、2次会に突入しましょう。

sk

もちろん、2次会でも全て支払うのも良いでしょうが、
あまり相手に謙遜させるのに気が引けるのであれば、
折半して支払うようにすると良いかもしれません。

浪費ではなく誰かのためにお金が使えるということは、
それだけでも包容力があるとみなされることがあります。
自分がデートに誘ったのであれば、1件くらいは全て支払うつもりでいるのが良いでしょう。

お世辞も使いようによっては相手の脈を図れるはず

デートまでこぎつけるためには、それなりのプロセスが必要になります。
まずは2人の連絡先を交換できるような仲に発展させることが、
これからの関係を作り上げるためには重要です。

人の力を借りずに自分自身で恋愛を切り開いていくのであれば、
少しでも相手の脈を図ることができるようになることが、
効率よく恋愛を成功するきっかけをつかむことができるのです。

happy

そのための会話の戦術を武器にすることができるようになると、
初対面であっても会話を弾ませることができるでしょう。
ありきたりな質問をするのはもちろんですが、
お互いに親密度をアップさせることができるような会話を進めることによって
相手の対応を見ることができるようになります。

そのきっかけを作ってくれるのが、お世辞なのではないでしょうか。
お世辞は女性側の返答のテクニックも必要になることがありますが、
基本的には喜んでリアクションをしてくれるという期待感があります。

誰しも自分に対するコンプレックスがそれぞれ存在しますが、
そのほかの視点からも見つめることによって、他人が見つけていない特徴を武器として、
人付き合いができるようになります。

相手を射止めるためにも、心を揺さぶる働きかけが必要です。
緩急を使い分けることができるようになると、自分の一言が効果を発揮します。
まずはお世辞で相手の出方を伺うことによって、次の一手が決まります。

ことばというものは、形がないという特徴がありますが、
それゆえに無限の可能性を秘めているのです。

お世辞は相手にとって失礼がないものであれば、何度使っても有効に働きます。
状況を察して適宜お世辞を言うことができるほどのゆとりがあれば、
おのずと相手との距離を縮めることができるようになるでしょう。

こうしたテクニックを踏まえて人付き合いが行えるようになると、
誰でも異性からモテる可能性があります。
少しでも可能性を高めるのであれば、相手に対することばの選択は意識を向けて使うことが重要です。

デートの期待を高めるメールの方法について

デートをコーディネートするということは、
女性の期待に応えることによって、男性としての魅力を高めるチャンスです。
ただし、「失敗できない」というプレッシャーに苛まれることもあるので、
可能な限り秘密裡に進めながら相手の想像を掻き立てる演出を行うことで、
心理的なゆさぶりをかけることが有効になります。

t1

何もかもプランをさらけ出してしまうと、デートに対する期待が薄れてしまいます。
「次は何があるのだろう??」と期待できるような内容であってこそ、
デートは楽しいものなのです。

だからこそ、デートのお誘いのメールにも一工夫加えることによって、
最高の演出を行うことができます。

コーディネート前に行っておくべきこと

デートのお誘いをメールで行い、了承が得られたのであれば、
少しだけ細かな情報を仕入れておく必要があります。
優先すべきは、デートに費やすことができる時間です。
サプライズを用意していたとしても、次の予定が入っているのであれば、
体験させることなくデートが終わってしまう可能性があります。

初めのメールでその日の他の予定を伺っておくことによって、
遅くなっても大丈夫な環境を手にすることは、
その後の演出にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。
だからこそ、デート後の予定をさりげなく聞いておくべきなのです。

ただし、注意しなければならいのが、あからさまに帰宅時間を聞かないことです。
もしくは、こちらから「〇時までは大丈夫?」といったように、
相手に今後の予定を悟られやすい言動で伺ってしまうと、
モテる要素を失ってしまうことにもなり兼ねます。

まずは相手の予定を伺いつつ、これからのプランニングを行うべきなのです。

よくばりすぎは禁物

いくらデートでポイントを欲したとしても、
一度のデートに全てを費やしてしまっては、それを継続しなければなりません。
つまり、次のデートも設定できるような伏線を押さえておくことが、モテる男の本質を高めるのです

何度でも連れていくことができるほどのゆとりを持っておく方が、
デートを毎回楽しませることができるでしょう。

そんな心遣いがあるだけでも、ライバルに差をつけることができるようになります。