メールを用いた繋がりの確認について

気になる女性からメールアドレスをゲットしたのであれば、
ある程度のコンタクトを取っておく必要があります。
何かのアクションをしなければ、出会いのきっかけを広げることはできません。
行動力のある男性こそ、モテる可能性を秘めています。
自分で待っているだけでは、チャンスを手にすることはできないかもしれません。

メールアドレスの交換ができたのであれば、まずは挨拶がてら連絡を行うことが、
これからの発展に大きな影響を与えるかもしれません。

co

自分の願いは恋愛の成就です。
ただし、それを前面にアピールしてしまっては、痛い男性にしか感じられません。
ある程度出会いに対する焦りを隠しつつ、ゆとりがあるスタンスを貫くことが、
女性にとっても安心できる存在として考えられるようになります。

重いと感じられてしまうと、たちまち相手の心が離れていきます。
最終的な目標が恋愛の成就であっても、
真意は隠しつつ、虎視眈々と機会を伺うのが良いでしょう。

メールでのやり取りに盛り込みたいこと

せっかく気になる女性とメールでやり取りができるのであれば、
是非ともデートの約束はしたいものです。
ただし、たった1日のやり取りで結論を急ぐのは論外です。
あまりにも出会いに飢えていると、結論を急ぐあまり、すぐに合うことを考えてしまいます。

一方、女性は自分を軽い女に見られたくないからこそ、
初めは差しさわりのない関係が心地よく感じるものなのです。
そこから距離を縮めるためには、度重なるアプローチが重要なのです。

メールでの内容に盛り込みたいのは、次の内容を返すような構成が重要です。
自分の報告だけで終わってしまうと、相手も「もう続けなくて良いだろう」という気持ちになります。

そこを、「返信しなければいけない」という状況にさりげなく変えることができると、
メールでのやり取りの頻度も増える可能性があります。
ただし、質問攻めのメールは絶対に止めましょう。
自分が受け取って引くような内容の文面であれば、当然相手にもマイナスとなります。
だからこそ、会話に盛り込む内容は、相手との距離を縮めることができるもので、
ある程度の回数をやり取りするべきなのです。

デートの期待を高めるメールの方法について

デートをコーディネートするということは、
女性の期待に応えることによって、男性としての魅力を高めるチャンスです。
ただし、「失敗できない」というプレッシャーに苛まれることもあるので、
可能な限り秘密裡に進めながら相手の想像を掻き立てる演出を行うことで、
心理的なゆさぶりをかけることが有効になります。

t1

何もかもプランをさらけ出してしまうと、デートに対する期待が薄れてしまいます。
「次は何があるのだろう??」と期待できるような内容であってこそ、
デートは楽しいものなのです。

だからこそ、デートのお誘いのメールにも一工夫加えることによって、
最高の演出を行うことができます。

コーディネート前に行っておくべきこと

デートのお誘いをメールで行い、了承が得られたのであれば、
少しだけ細かな情報を仕入れておく必要があります。
優先すべきは、デートに費やすことができる時間です。
サプライズを用意していたとしても、次の予定が入っているのであれば、
体験させることなくデートが終わってしまう可能性があります。

初めのメールでその日の他の予定を伺っておくことによって、
遅くなっても大丈夫な環境を手にすることは、
その後の演出にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。
だからこそ、デート後の予定をさりげなく聞いておくべきなのです。

ただし、注意しなければならいのが、あからさまに帰宅時間を聞かないことです。
もしくは、こちらから「〇時までは大丈夫?」といったように、
相手に今後の予定を悟られやすい言動で伺ってしまうと、
モテる要素を失ってしまうことにもなり兼ねます。

まずは相手の予定を伺いつつ、これからのプランニングを行うべきなのです。

よくばりすぎは禁物

いくらデートでポイントを欲したとしても、
一度のデートに全てを費やしてしまっては、それを継続しなければなりません。
つまり、次のデートも設定できるような伏線を押さえておくことが、モテる男の本質を高めるのです

何度でも連れていくことができるほどのゆとりを持っておく方が、
デートを毎回楽しませることができるでしょう。

そんな心遣いがあるだけでも、ライバルに差をつけることができるようになります。

どんな距離でも埋めることができる一本の電話

携帯が発展し、何でもリアルタイムなやり取りができる時代。
SNSやメール、アプリを利用することによって、世界中の人と繋がることができます。
ただ、今も昔も変わらない心を動かすアプローチは、
一本の電話にあるのではないかと思います。

誰かの声を聞くことによって、相手の感情を自分も感じ、
同じ時を過ごすことができる安心感が得られます。

メールなどでは相手の息づかいまでは聞こえてきません。
相手のことばに込めた思いまでを読み取ることはできません。

もちろん、会って話すことができるのであれば、
もっとたくさんの情報を感じながらお互いの距離を縮めることができます。
それができない環境にあるのであれば、
是非とも一本の電話に、自分の思いを乗せてみてはいかがでしょうか。

離れているからこそのアプローチを知る

男性2人組のシンガー、C&K。
その中でもヒットを記録した「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」の中にもあるように、
会えない時間をどのように過ごしていたとしても、
一本の電話で空白の時間を埋めることができるやり取りができるのです。

C&K「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」

近くの存在をついつい大切にしてしまいがちですが、
遠くの相手であっても、あなたの心の動きをしっかり伝えることができるのであれば、
相手の心を動かすことができるのではないでしょうか。

会えない時間や距離は、自分たちに与えられた試練かもしれない。
会えない苦しさや寂しさがあるからこそ、相手を思いやる気持ちが強まります。

何でもないようなことで不安になることもあるでしょう。
それは、相手を思っているからこその感情なのです。
それが安心に変わるような出来事があれば、
きっとあなたのことを大切に思う出会いが、距離に関係なく芽生えるのではないでしょうか。

call4

30代のモテる男は、相手との距離に隔たりを感じるのではなく、
それでも誠意を見せて相手を振り向かせることができるのです。
是非とも、一本の電話から心を通わせることを、恋愛のテクニックとして備えましょう。