違う角度で相手を見ることが大切

いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。

相手の好意を見抜くことができるテクニック

モテるためには、自分がどのように思われているかを察知する必要があります。
いつまでも脈がない女性とのやり取りを繰り返しても、
状況が好転することは非常に少ないのです。

ですから、ある程度の見切りをつけることができるようにならなければ、
自分に振り向いてくれる女性を見つけられることはできないのです。

cou

では、どのようにして自分に対する感情を察知するのでしょう。
それは、好意の度合いをチェックするということが良いのです。
あなたに対してどのような感情を抱いているかがわかるようになると、
攻めるべき人物であるかがわかるようになります。

恋愛心理学でも好意についてのポイントを押さえた方法で、
自分に対する思いを知るという視点があります。
まさにそのポイントを知っておくべきなのです。

相手の好意を知るポイント

相手が自分のことをどのように思っているかを知るポイントがいくつかあります。
その1つが自分との会話に対する記憶力です。
自分が話した内容がどれだけ覚えていてもらえるかを確認することで、
好意の有無を知ることができるのです。
何気ないやり取りでもしっかり思い起こして話してくれるということは、
自分との時間が記憶として刻まれている証拠なのです。

相手の態度を見るlのも好意を見極めるポイント。
特に、姿勢に注意を払い、自分の話をしっかり聞いてくれているかを確認すべきです。
何かをしながら聞いているようでは、あなたの話の重要性は低いのです。

さらに好意を考えるのであれば、自己開示的であるかを知る必要があります。
あなたが相手のどこまでを知っているかによっても、打ち解けているかが判断できます。

会話の中で好意を知るポイントも存在します。
それは、会話の割合です。
自分の発言に、相手が多くのことばを投げかけてくれるのであれば、
会話の内容をしっかり聞いていることになります。
自分が聞き手にまわるくらいのやり取りの多さがあれば、
相手はあなたに好意を抱いているかもしれません。

恋愛は短距離走であってはいけない

恋愛をするには根気が必要です。
それができない男性は、何らかの理由で別れを告げられることが多いのではないでしょうか。
モテる男は、相手の心を自分に引き止める魅力を持っています。
自分が長く寄り添っていたいと思うのであれば、意のままに相手の気持ちを繋ぎ止められるのです。

つまり、恋愛を長距離走のように、一定のペースで寄り添うことができるのです。

人は気分が移り変わるものです。
それでも同じ人と一緒に居られるというのは、ある意味大きな才能でもあります。

情熱的な恋をしたとしても、冷める感覚をしってしまうと、相手の魅力が半減します。
一方、じわじわとお互いの距離を縮めてきたような出会いは、
恋愛が成就したとしても、その後の関係は変わらないことが多いのです。

dd

恋愛は心の動きが大切。
でも、動いてばかりでは疲れてしまいます。

長距離を走っていられるような距離感がなければ息が詰まってしまうのです。
だからこそ、過度な干渉は禁物。
大人なのですから、ある程度の節度ある行動は尊重すべきです。お互いに。

心にゆとりがなくなると、相手の悪いところばかりを見てしまいます。
それがまさしく恋愛の短距離走なのです。
お互いに気持ちが惹かれあう時とは正反対の行動に出てしまうので、
「別れる」という選択肢に繋がるのでしょう。

逆に、心にゆとりを持って相手に合わせることを意識すると、
おのずと相手も自分を気にかけてくれるようになります。
実は、恋愛もギブ&テイクの関係が落ち着くのです。

だからこそ、長距離を走り続けられるような起伏の少ない距離を保つことによって、
結婚というゴールを迎えることができるのでしょう。

いつも短命に終わってしまう恋愛ばかりを体験しているのであれば、
寄り添うということを意識してみましょう。
尊重するのは自分はなくパートナーなのです。
それを忘れずに接することができるようになれば、恋愛の寿命も長くなるでしょう。
スローペースでも焦らずに寄り添うことこそ、モテる男の条件なのです。