一人で楽しむことができる時間を持つべき

モテる男は時間の使い方が上手です。
忙しい中でも自分なりに充実させる何かを持っています。

意識して充実した時間を作ることも、大人の男性を磨くレッスンになります。
特に、コミュニケーション能力を養うのであれば、
一人で飲みに出かけるのが良いかもしれません。
ただし、知らない人とコミュニケーションが取れるようなお店がベスト。
カウンターに座りながら知らない顔同士で何気ない話ができると、
会話の柔軟さを養うことができるようになります。

ch

こうした一人旅を楽しむことができるようになると、
初対面の人とのやり取りに抵抗を感じなくなります。
会話のスタンスについても学ぶことができる一人飲み。
実は、モテるためのレッスンとしても利用することができるのです。
ただ、意識して出かけなければ酒に浸るだけの時間となってしまいます。

会話のスタンスを学ぶというコンセプトで出かけられると、
社会性を高める修行として楽しむことができるでしょう。

男女の仲を深めるのは、結局はコミュニケーション能力です。
容姿端麗であっても、人とのやり取りがうまくいかなければモテない存在になります。
ほんの少しの違いであっても、やり取りのうまさを持っている男性の方が、
女性は「一緒に居たい」という気持ちになるのです。

コミュニケーション能力を高めるということは、
人とのやり取りを円滑にし、心をつなぎ合わせることができます。
共感したり、自分の思いを伝えたり、相手の気持ちを動かしたり、
ことばが持つ力を相手に作用させることができると、
自分にとっての影響力の高さに惹かれる女性も多いでしょう。

一緒に居てほっとする存在になるためにも、
柔軟なコミュニケーション能力が必要不可欠です。
つまり、モテるためには相手に合わせて自分が変化できることが求められるのです。

時には優しく、時には相手の考えに意見ができるような関係ほど、
大人の男性としての魅力を振りまくことができるのです。
そのためにも、一人の時間を持って自分を磨くことが、モテる男へと成長させるのです。

いくつになっても褒められるのは嬉しいもの

大人になるとどうしても褒められる機会が少なくなってしまいます。
何もできない幼少時のころは、何をするにも褒められたものです。
リモコンを取るだけでもたくさん褒めてもらうなど、
誰しも成長の過程で体験したのではないでしょうか。

さて、大人になってからの褒められる頻度を確認してみると、
一週間に全く褒められたことがないという方も多いでしょう。
ただ、誰でも人は褒められたいものなのです。
ことばだけでも頑張れるのが、前向きなことばかけ。
つまり、ことばの魔法をかけることができるほど、
モテる男性として見られる可能性があるのです。

images (5)

褒め上手になることによって、相手の良いところを見つける目を養うことができます。
人をけなすのは簡単ですが、良いところを見つけていくということは、
意外とを慣れなければ難しいのです。
まずは相手の褒められるところをたくさんピックアップしながら、
相手に伝えることを丁寧に重ねてみましょう。

その一言が、相手の心を動かすきっかけになるかもしれません。

褒めるためのレッスンは自分一人でも行える

人を褒めるというのは、ある意味癖をつけなければ難しいものです。
可能な限り相手の良いところを瞬時に見つけることができると、
それをことばにして伝えることができるようになります。

まずは自分ひとりの時間を使って、相手を褒める練習をしてみましょう。
方法はいたってシンプル。とことん人の良いところを列挙するのです。

では、実際に練習をしてみましょう。
1枚のメモ用紙を用意して、対象となる人の良いところを10個考えてみましょう。
数個の列挙は簡単ですが、10個列挙するというのは意外と難しいものです。
ただし、慣れてくると人の良いところがいくつもあがるようになります。

それは、人を見る着眼点が多様化している証拠です。
こうしたレッスンを行うことによって、人を見る目が変わります。
自分自身の成長のためにも、是非とも実践してみましょう。
それが、相手を褒めるポイントをつかむヒントに繋がります。

ファッションは意識的に変えるべき

ファッションセンスを磨いていると、TPOに合わせた着こなしも簡単になります。
女性とのデートが設定されているのであれば、見た目で興味を沸かせることも、
その後の親密度アップには必要です。

人は見た目で判断するというのが通説にもなっているように、
初めは見た目で印象を頭にすり込むものなのです。
そこでアドバンテージを取っておくだけでも、モテる可能性が生まれます。
逆に、身なりに気を使っていなければ、興味の対象外となることもあるのです。

初対面であれば、どのような点を見るでしょう?
おそらく、顔立ちやファッションなど、見た目での判断要素が多いはずです。
それは、自分だけではなく相手も同じなのです。

images (4)

ファッションセンスを磨いておけば、どんな場面でも無難な着こなしがわかります。
個性的なセンスというよりは、場を汚さない着こなしを知っているほうが、
人としての魅力が引き出されるのではないでしょうか。

個性的なファッションは、自分を主張するという面では良いのでしょうが、
相手との協調性や、場の雰囲気に合わせた立ち振る舞いという点で、
マイナスの評価に至ってしまうことがあるのです。

だからこそ、ファッションは意識して方向性を持たせることによって、
相手との釣り合いを考えながら構成することができるでしょう。
さりげないポイントがあると、それだけでも心惹かれる女性がいるかもしれません。

意識して自分を変えるのであれば、外見から始めてみるのも一つの方法です。
高級ブランドで身を固める必要はありません。
とにかくTPOにそぐわないファッションに気を付けることで、
失敗のない着こなしができるようになるでしょう。

自分のファッションセンスに不安を抱いているのであれば、
好みの趣向を踏まえてお店のスタッフと相談するのも良いでしょう。
客観的に見てふさわしい格好を選択してくれるので、
コーディネートに迷っているのであれば、積極的にスタッフとコミュニケーションをとって、
自分なりのスタイルを作り上げましょう。