優しさを勘違いするとモテから遠ざかる!?

好きなタイプを訪ねられると、「優しい男」と答える女性は、本当に多い。

でもその“優しさ”って、男性が思っているものと女性が求めているものの間に、
多少のギャップがあることも残念ながら、とても多い。

romantic-date1

まず、“何でも言いなり”タイプ。

これは、何を言われても、「いいと思うよ。」「僕は賛成だな。」など、
耳に優しいことしか言わない男性。何でも相手に合わせる男性。

女性の言うことに反論 しないし、波風立たないから、一見優しい男性にも見える。

でもこれは、真の優しさではないと思います。
きっと、主張するほどの自我が、ないのかもしれませんね。

そして、“君のためを思ってやったのに”タイプ。

私が以前付き合ったのが、このタイプでした。
「君のためにこうする方が良いと思って!」と最初立てた予定を
私に相談もなく変えてしまったり、「君のためにこれを選んだんだよ。」って、
私の希望を聞かずに何かを買ってくれたり。

挙句、「僕ら別れた方が、君のためになるかもね。」と言われて、終了!

こちらのタイプは逆に、自我が強過ぎるのでしょう。
自分のためにやっていることを、“相手のため”にすり替えているように思います

もし本当に相手のことを考えているなら、彼女の希望を聞いてあげて欲しい。
そんなシンプルなこともできないで、勝手に決めて、彼女のために尽くしていると信じている。

もちろん、私のためにしてくれる気持ちがあることは、本当に嬉しいし感謝しているのですよ!

ただ、(違うのになぁ。)という気持ちが残ることも、今まで本当に多かったと振り返るのです。
そしてそれを「俺ほど優しい男はいない!」と豪語する・・・。うぅん、勘違い!

「女性の求める男性の強さって一体何なの?」と聞かれれば、
私は“強くて思いやりがあること”だと答えます。

強いというのはこの場合、自我だけではありません。
自分の中にぶれない芯がしっかりある強い心の人
そういう人は心にもゆとりがあるので、寛容な雰囲気を与えます。
さらに思いやりがあれば最強。それも自分よがりではなく、本当に相手に
とっていいことをそれとなくサーチして、喜ばせることができるといいですね。

そして結果的に相手に、女性に「あなた優しい人だね!」そう言わせたら、成功です!

その優しさは思い込みではなく、相手のためになっているという、何よりの証拠。
どんな想いも相手に伝わらないと、意味がないですし、
人のために何かをするなら、やっぱりその人に喜んでもらいたいですからね。

モテる男は趣味にアツい!何かひとつは語れるものを持つ

「好きなタイプは?」と聞かれた女性が、「夢のある人が好き!」という
セリフを発するのを聞いたことがある男性は、多いのではないでしょうか。

(そうは言っても、何がしたいんだろう…。)と、
悩めるモテたい男性も少なくないと想像します。
ではどうすればいいのか…。

何かひとつは語れるものを持つ!というのなら、どうでしょう。

夢がある=アツくなれる何か、なんですよ。

だから、「僕は釣りなら時間を忘れて熱中できる!」
「俺は音楽。●●のジャンルなら何でも聞いて!」など。
それが仕事である必要はなくて(もちろん仕事でもいいけど。)、
スポーツ、趣味、勉強でも構わないと思いますよ。

a1180_005275

要は生き生きと情熱持って語れる何かがある、ということ。
「これだけは誰に持負けない」と胸を張れる自分の世界がある、ということ。

そういう男性は笑顔が、輝いて見えるんですよね!つまりそれは夢を持っているのと同じ状態。

そしてそういう男性は一緒に居ても、話題も豊富で話していても飽きませんし、
話の中からこちらも気付きや発見があります。しかもいつもどこか手に入り切らないというか、
全てを知ることができないので、女性側としてはもっと知りたいとさらなる興味が湧くのだと思います。

逆に何にも特に興味がない男性を、想像してみて下さい。

そういう男性は女性の話を聞きはしてくれても、自分から話題を振ったり、
何か話を振られても話を広げられなかったりします。
自分で語れるものがない人は、人の話をただ聞くしかないからです。
そんな男性が女性に与える印象は、もうお分かりですよね。

“退屈な人”“面白みがない”…。

自分でも今一つ楽しくないし、ましてやモテないし、いいことありません。

今からでも遅くありません。今まで興味があったけれど、
言い訳を付けてやらずにきたことを始めてみませんか。
今この瞬間にできないことなら、それを始めるための
情報収集くらいならできるのではないでしょうか…。

新しいこと、好きなことに時間を費やすと、
自分自身も楽しい上、日々が充実します。
気付けば女性から注目を集めていたなんて、
一石二鳥じゃないですか!?

結局、モテるために何かをする、というより自分がより
生き生き過ごせていると、結果モテるようになるのでしょうね。

やっぱり夢中で何かをしている、楽しそうにしている男性に、
女性は目が離せなくなるものですから!

雰囲気イケメンでモテる

「イケメンに生まれていればきっとモテたのに…。」

sad-man

もしあなたがそう考えているなら、少し待ってください。

なぜなら、必ずしも生まれ持った男前=モテ男ではないからです!
リアルイケメンに勝つには何が必要なのでしょうか。

それは雰囲気だと思います。

思い出して下さい、小学生の頃。
本当に綺麗な顔つきをしていて、女の子たちの人気を一気に背負っていた、あの男の子。

15年後の同窓会で会ったらどうでしょう。
その男の子の横でいつもふざけていたあの彼は。今頃どうなっているでしょう。

実際私も18年振りの小学校の同窓会で、驚いた経験があります。
私が当時密かに思いを寄せていた、いえ、女の子の大半が思いを寄せていた男の子。

その彼が登場したときの、会場のざわつき。
それは見事なまでに、小学生の時のままの彼だったのです。
服装も当時を思い出させるダンガリーチェックのシャツ。
髪型も当時は輝いて見えた、さらさらのストレートヘアを同じ髪型で。

そこには彼が、その美貌に甘えて過ごしたであろう18年間が見えたようでした。

片やその親友だった男の子。
いつもは引き立て役だった彼ですが、今や服のセンス、髪型、表情、
全てにおいて洗練されていて、男の深みを出していました。

彼はきっと自分が見た目だけで一番になれないことを
わかっていたからこそ、努力をした
のでしょう。

今やどちらが魅力的かと聞かれれば、間違いなく後者の彼。
彼こそが、雰囲気イケメン!
つまり、努力次第で生まれつきのリアルイケメンより
モテる可能性は、大いにある
のだということ。

まず見た目というなら、髪型や体型、ファッションを見直してみてはいかがですか。

いつも理容院ならたまには雑誌に載っているような美容院に行き、
髪のプロ、美容師さんに相談してカットしてもらう。

普段運動しないなら、家の近くの公園を走ってみる、ジムに入会して泳いでみる。

いつも着るものに頓着しないのなら、
ファッション誌や実際お洒落で今まで入ったこともないようなお店を覗いてみる。

今までの方法でモテなかったのなら、
今までと違う選択、努力をすれば確実に変われます

生まれ持った容姿に自信がないのなら、
今からでもなれる!雰囲気イケメンを目指しませんか。