寝顔はこんなにも女性の心を揺さぶる

付き合って間もなくして、
「朝帰り」なんていう、
ちょっとイタズラな関係に足を踏み入れた時には、
女性にとっても、男性にとっても、
一線を越えた感じがして、
心に、様々な感覚と変化が訪れますよね。
朝起きて、隣に好きな人がいる喜びは、
言葉では言い表せない程、幸せなものです。

私は特に、日本と外国との超遠距離恋愛をしていましたので、
一夜を共にした翌日の朝は、幸せで、またどこか切なくて
不思議な感情に襲われた事を覚えています。

一緒に寝るという行為は、
相手の非常にプライベートな範囲まで入り込むことですから、
今迄の交際とはガラッと変わって、より深い関係を身近に感じ、
それが嬉しくもあれば、何故か恐ろしくもあります。
ですが、朝起きた時に、隣に見える男性の寝顔は、
何故か女性をホッと安心させる魔法のようなものなのです。

couple-sleeping_main

女性は、男性の寝顔にとても弱いです。
寝顔は、何も気取っていない人間の無垢の姿ですね。
それはまるで、産まれたばかりの赤ん坊のようにあどけなく、
本来の姿を映し出しているかのように、可愛らしいのです。
女性は母性本能からか、そのような男性の寝顔に、
安心感や、「守ってあげたい」という気持ちすら受けるのです。
私も、実際に付き合っていた頃の主人の寝顔を見て、
この人となら、人生を歩んでいける
と決意したことがあります。

日常生活の如何なる所で問題が生じても、
または、喧嘩をした後でも、男性の寝顔には、
それを全て許せてしまう程の温かさと、
無垢な優しさを持っているのです。

ですが、注意して欲しい事があります。
そんな寝顔も、台無しになってしまう場合があります。
それは、

・ 口が開いている時

・ いびきが煩い時

・ 鼻毛が見えている時

です。

これらが原因で、天使の寝顔も悪魔に変わってしまうのです。

56TC_H

寝ている時に口が空いてしまう人は、口輪筋が弱い証拠です。
これは、舌が奥に沈んでしまって引き起こされる
無呼吸症候群になりやすいので、大変注意が必要です。
また、口呼吸をするのでは無く、
睡眠前は鼻呼吸を意識して、口は必ず閉じて就寝しましょう!
口輪筋のトレーニング法なども、
インターネットで沢山紹介されていますし、
イビキの治療法も沢山あります。

女性に引かれてしまう原因になってしまわないように、
素敵な寝顔を手にいれましょうね。

朝起きて女性が、

この人と一緒でよかった。

と、心から思えるような男性でいたいものですね。

ファッションはブランドよりセンスでこなす!

確かにある程度の年齢になれば、ある程度のもの(ブランド・質)の
ものを身に付ける…というのはまるで常識のように言われています。

ですが、ブランドもので固めたファッションを、必ずしも素敵だとは女性は思わないのです。

高級ブランドを身に付けられる経済力の豊かさは、
女性が男性に求めるステイタスのひとつです。

ですが、ブランドばかり身に付けていると、女性から見る印象は、

外見ばかり気にしている・ブランドにやたら詳しい=男らしくない
お金を持っていることを誇示している=格好良くない

と、あまり好印象ではないのです。

センス

でも30代にも突入すると、本当に質の良いものや
お気に入りブランドをさりげなく身に付けたいもの。

そんな時は、もちろん身に付ければ良いと思います!

ただそれで固めてしまうのではなく、
例えばユニクロやアウトドアブランドなどの
カジュアルなものと組み合わせたり、

そこのブランドだと一目でわからないようなものを、
何点か身に付けてみてはいかがでしょうか。

磨きたいのはブランド品収集力ではなく、センス!

様々なブランドを、TPOに応じて知っておく、
一通り揃えておくというのは理想的です。

ですので、手が届く届かないは別にしても、
高級ブランドや流行りのブランドものなどを
雑誌や実際ショップに行って見て、研究しておくと
必要な時に使える知識になるので良いと思います。

そしてそれを自分のテイストを持って、
自分の軸で着こなせるセンス。

それさえあれば、女性の目はあなたのファッションに釘付けです。

「彼が着こなすと何でも様になるし、良い物着てるように見える!」
目指したいのは、そんなファッションセンスではないでしょうか。

「変わり映えのある男」になろう

ファーストデートは、すごく素敵にキメてくるのに、
その後、二回、三回と、
変わり映えの無いファッションに身を包む男性を、良く目にします。
男性は、女性のように、
日頃からファッションやトレンドに敏感なわけではありませんね。
女性はトレンドに敏感で、
常に先々のファッションへ、レースを繰り広げます。
そんな女性からして、ファッション一つとっても、
変わり映えのしない、進歩のない男性には、
ガッカリさせられてしまいます。
黒は、シックで大人らしいモードな雰囲気を与えますが、
毎回のデートの度に、黒の服を着て来られても、
「またこれか。」という気分にさせられます。

back

男性は、一度褒めると、それが永遠に続くと思うのか
二度目、三度目と同じ繰り返しをするのです。
一度「黒のシャツスタイルが似合うね。」と褒めれば、
次のデートも必ず同じような服を着てきます。
それでは、進歩のない男として見受けられてしまうのです。

男性の皆さんには、
もっと新しい事に挑戦してもらいたいのです。
新しい事に挑戦することは、勇気がいることですが、
それが、男女の関係さに新鮮さを保つメゾットでもあるのです。
ご自身のイメージだけにこだわっていると、
自分の中の狭い世界観だけに閉じこもってしまい、
女性から見て「詰まらない男性」になってしまうのです。
時には、自分が信じてきた信念がグラッと全て崩れ果ててしまうくらいの
新しい出来事に遭遇してもいいではありませんか。

それを「落胆」ととるか「新たな挑戦」ととるかは、
あなた次第なのです。
ご自身の新しいイメージや考えを構築できない男性に、
女性は男らしさを感じません。
それは、自分の殻だけに閉じこもってしまう
弱さ」でしかないのです。

まずは、ファッションからでも結構です。
普段「黒」ばかり着る方は、
思いきって正反対の「白」を着てみたらどうでしょう。
普段シックにキメている方は、
思いっきりカジュアルに遊び心を持たせたらどうでしょう。

man-wearing-smart-casuals

「へ~こんな一面もあったんだ。」

というギャップと、あなたの可能性の広さに
女性は魅了されることでしょう。

いかがですか?

できることからで構いません、
新しいご自身の追及をされてみたらどうですか?