女性が求める真のタフガイ

アメリカでは、
良くタフガイと呼ぶにふさわしい男性たちを目にしました。
タフガイは、男らしく、
たくましい肉体を持っているだけではなく、
精神的にも、強く石のようで、
どんな事に遭遇しようとも、タフに乗り越えていくのです。
俳優で言うと、トムクルーズや、シルベスター・スタローン、
シュワちゃんや、ジェイソン・ステイサムのイメージです。

無題jj

私も、アメリカのタフガイとお付き合いをした事がありますが、
彼は私がどんな事をぶつけても吸収してくれる人でした。
決して、私の感情の荒波に呑まれる事はなく、
私がどんな状態であれ、優しく包んでくれる人でした。
もちろん体格も完璧で、その厚い胸板がまさしく、
世間一般的なたくましさを強調しているようでした。
弱音は決して吐かない人で、
「痛い」「寒い」「熱い」「嫌だ」
こんなマイナスワードを決して言わない人でした。
真冬の部屋着がタンクトップ一枚の彼に

Are you warm enough? (寒くないの?)

と、何度聞いたかわかりません。

日本にはアイドル文化があり、
外国人から見れば女々しい男性たちも
日本の女性にとったら王子様なのです。
ですが、女性は皆心の底では、
強い男性に守られたいという願望を持っています。
女性は意識してなくても、自分を守ってくれる、
頼りになり、何があっても折れないようなタフガイを探しているのです。

女性が本当に嫌いな男性は、不平不満を言ったり、
責任転換をする無責任な男性です。
私は、彼らは恋愛する資格がない卑怯者だと思います。
良く、ネチネチと終わったことを口説く男性がいますが、
「そんな事気にしていてどうするの?」
と思ってしまいます。
女性は、不満ばかり言ったり、
責任逃れをするような男性を頼ることはできませんよね。
どんな事でも受け止められる、精神的に成熟した
たくましいタフな男性を必要としているのです。
少しのことでは動じない男性こそが、
女性を受け止められる余裕のある男性なのです。
女性は精神的に成熟しているとはいえ、
些細な事でも感情的になりやすいものです。
綺麗な女性ほど、欲求も多く、
人気者ほどストレスと付き合っているのです。
そんな女性たちを、
その厚い胸板とハートで受け止めてあげられるようでなければいけません。
女性のぶつけた感情に便乗して、逆切れするような男性は最低です。

女性を守る、そしてこの不安定な世の中で自分自身を守るためにも、
本当の意味での真の強さを育てていけるといいですね。

バランス重視でモテメンに仕上げる

街を歩いていて、(イケメンなのになんかもったいないなぁ…)という人、いませんか。
バランスが悪い人は自分でイケメン度を下げていると思うのですが、いかがでしょうか。

例えば、小柄なのに髪型を大きくし過ぎて、バランス悪い。
やっぱり、小柄なのに帽子が大き過ぎて、バランス悪い。
そして、細身なのにスキニージーンズを穿いてしまって、バランス悪い。
そして、短足なのに七分パンツを穿いてしまって、バランス悪い。

…このような感じです。

小柄な方は確かに背を高く見せたいのでしょうが、
今のままでバランスが取れているところへ、
ひとつ大きくしてしまうので、バランスが崩れるのです。

それならば、シークレットシューズ(靴の内部にヒールがある)や
いかつめのがっしりしたブーツを穿いて底上げして見てはいかがでしょう。

髪型で背を伸ばすのではなく、足で背を伸ばす。

伸ばす場所によっては、バランスが良くなるので見た目に格好がつきます。

そしてスキニージーンズですが、こちらは女性的なので、個人的には好みではありません。
ただ、巷で流行っていたり、もちろんそれを穿く男性を好きな女性もいるので、
一概にNGとは言いませんが、それでも元から細身の方は、避けた方が無難です。

特に足のヒョロヒョロ感が強調されてしまい、
頼りなげな雰囲気が倍増、モテから遠ざかってしまいます。

バランス.skinnyjeans_1545885a

そして同様、いくら流行っているからといって、
七分丈パンツを穿いてる、男性。

お洒落で体格も良く、足の長い方なら格好いいでしょうが、
もしあなたが、足の長さに自信がないなら、避けた方が無難です。

この丈のパンツは足がある程度長い人でも、
なかなか穿きこなせない難易度の高さです。

そしてこちらもスキニージーンズ同様に、
女性用サブリナパンツを思わせるフェミニンな印象が強いボトムですので、
うまく取り入れないと中途半端な雰囲気になってしまいます。

バランスの悪さがモテから遠ざかるのなら、
イケメンでなくてもバランスを整えれば、
モテに近づく、ということでもありますよ!

巷で雰囲気イケメンと言われている方たちは、
間違いなくこの辺のセンスに長けているように思います。

まずは自己分析から始めてください。

自分の体の長所、短所、全体のバランス。

どこに何を加えればバランスが良くなるのか。
今は服装のテイストやライン、小物などでいくらでも調整ができます。

自分の体の全体図をもう一度把握して、
好バランスのモテメンを目指してみませんか!?

ここは清潔に保ちたい、5つのポイント

モテ云々の前にまず清潔感、とはどこでも言われていることですが、
まず、ここ、最低限!というポイントをいくつか紹介したいと思います。

それは、もう間違いなく、顔周り

1歯
2鼻毛
3ニキビ
4頭髪
5眉毛

この5つのポイントは要注意ですよ。

なぜなら顔は、男女が恋に落ちて一番最初に近づく場所だからです。
どれだけ顔の作りが整っていたとしても、このポイントに不潔感があると、
女性はあなたのことを“生理的に無理”カテゴリーに配分してしまいます。

清潔ポイント

歯ですが、これは歯並び、歯の色など。

以前、共通の趣味で仲良かった男友達がいました。
そして向こうが私に好意を抱いているのは
言葉や態度で伝えてくれていたのですが…。

久し振りに会った際、彼の前歯が欠けていたんですね。
しかも、虫歯に蝕まれて欠けている感じなのです。
変色し、しかも不揃いな歯並び…。

もうお分かりですね、彼のことは生理的に無理になってしまったのです。
その口ではキス、できないですからね、恐ろしくて!

友達も多く、人気者キャラな彼なだけに、残念でした。
そして彼も、人前に出る前にまず、その歯を治しておくべきでしたね。

そして鼻毛は、もう改めてここで書く必要もありませんね。
特にタバコを吸う人は伸びやすいので、トイレに行く度、
ちらりと鏡でチェックされておく方が、安全ですよ。

ニキビ、これは30代を過ぎてできるものはストレスが主な原因のようです。
何度も同じ場所にニキビができる、いつまでも肌の調子が良くならない方は
薬を付ける治療だけでなく、ストレスフリーの暮らしを心掛けるなど、
内面や生活スタイルを見直されることをお勧めします。

頭髪、眉毛。これもサッパリと!

頭髪はあなたの地肌、髪質に合ったシャンプーなどを使わないと、
頭皮や髪の根元が油でギトギトになったり、フケが出たりといいことありません。

女性が冗談などで、あなたの髪を触ったり、頭をなでなで
できるような状態を保っているのが、理想ですね。

眉毛、これは日本人には少ないかもしれませんが、
元から剛毛だったり、放置し過ぎて、眉毛同士が繋がりそうな人!
要注意です、これは女性は苦手な人が多いですから。

いかがですか、思い当たる部分はありますか。

もしこれらがクリアできていれば、ひとまず安心!
堂々と、自信を持って女性と接して頂きたいと思います。