オープンとクローズの質問を巧みに操る

人との会話をするときには、疑問形式で投げかけることによって、
相手が答えやすい環境を作ることができます。

しかし、質問のスタンスをしっかり把握しておかなければ、
相手が答えにくい状況を作り、会話が盛り下がってしまいます。

モテる男は会話を弾ませるのが上手です。
どんどん新たな話題に展開していくことができるので、
一緒に居ても退屈しないというイメージが植え付けられるのです。

ua

会話の盛り上がりにはテンポが重要です。
相手が進展しにくい内容であれば、会話の質を変えることによって、
返答しやすい状況を作り出すことができるようになります。

まずは、会話のテクニックとして利用することができる、
オープン・クエスチョンと、クローズド・クエスチョンについてを学びましょう。

オープン・クエスチョン

扉をイメージするとわかりやすくなりますが、
オープン・クエスチョンは開かれた質問になります。

つまり、返答のスタンスが限られていないということになります。
「今日の晩御飯何食べたい?」
「明日の休みは何するの?」
のように、回答は無限大のものは、答える側の力量が問われます。

しかし、相手を主体的に話させたいのであれば、
積極的にオープン・クエスチョンで話しを振る方が、
自分が聞き役になって溶け込むまでの時間を縮めることができるでしょう。

クローズド・クエスチョン

オープン・クエスチョンと対極に位置するクローズド・クエスチョン。
その特徴は、YesかNoで答えることができる内容というのが特徴です。

つまり、2択で回答することができるという内容なのです。

例をあげてみると、
「昨日の仕事忙しかった?」
「今日の料理は美味しかった?」
「この服にあうかな?」
のように、回答のスタンスは限定されています。

これが、クローズド・クエスチョンなのです。
相手とのやり取りをテンポよくしたいのであれば、回数を重ねることが重要です。
やり取りの多さを稼ぐには、クローズド・クエスチョンが必要なのです。

こうした会話のルールを知っているだけでも、
巧みに相手の心理に寄り添いつつ、親密度をアップさせることができるのです。

類似性の法則を上手に利用する方法

人の心をつかむ手段として、自分との共通項を利用した類似性の法則を使うことがあります。
類似性の法則は、初対面の相手など、なかなか会話ができないという男性にも使えます。

要は、自分と相手の共通点を探すことによって、
類似性の法則を用いた距離の縮めが実現できるのです。

さて、共通項を見つけるための会話術についても触れましょう。
話題がなければ、どうしても話しを展開させることはできません。
まずは、さりげなく話し込むことができる内容を学びましょう。

-001

気軽に会話ができる話題をピックアップ

類似性の法則を利用して距離を縮めるにしても、
必ず話題が必要となります。
いくら人の心をつかむことができる心理を知っていても、
運用に至るようなコーディネートをしなければなりません。

日常会話を例に取ると、
「出身地はどこ?」
「血液型は?」
「兄弟は何人居るの?」
「休みの日って何してる?」
「得意料理はある?」
「外食は良くする?お気に入りのお店はある?」
「どんな仕事をしているの?」

など、他愛のない内容を切り口にするだけでよいのです。
こうした質問から、自分との共通項を見つけることによって、
「それ、私と同じだね」という合いの手を入れることが重要なのです。

自分と同じような部分があると、不思議と親近感が沸いてきます。
それが、類似性の法則を用いた距離の縮め方になるのです。

相手と同じリアクションをするというのも類似性の法則を用いた応用です。
自分と同じような部分があるというだけでも、心の距離は自然と短くなるのです。

これは、心理学者が提唱した法則であり、
恋愛のみならず、人の心理的変化に関する研究結果が生きているのです。
心理学という視点からも結果が出ていることだからこそ、
恋愛に応用できるようになるのが望まれます。

こうしたルールを知っておくだけでも、人との距離を縮めることができ、
結果的に自分への興味を大きく膨らませるのです。

それが、類似性の法則を上手に活用したやり取りなのです。

日記は自分を振り返るための重要な資料

ブログを書くということは、何気なく取り組んでいるかもしれませんが、
モテるための法則を見つけるときにも役立ちます。
自分はどのように立ち振る舞うと、周囲の注目を集めることができるかを学ぶことで、
自分なりの勝ちパターンがわかるようになるのです。

これは、芸能人としても人気を集めていた島田伸助が実践していたことも、
自身の「自己プロデュース力」という著書で語られています。
自分なりの法則性を見極めるためには、曖昧な記憶では不十分です。

確実に成果があがった方法を貯めておくことこそ、
勝負どころでモテる秘訣を得ることができるのでしょう。couple

日記をつけるというのは、他人に見せるものではありません。
友人を増やすためにつけるものとは分けて考えると良いでしょう。
つまり、自分の行動を記すだけであって、公にする必要はないのです。
なんせ、自分がモテるためだけに使うものなのですから。

人の心をつかむというのは、その人のセンスが色濃く出た結果、
惹きつけられるという現象が起こるのです。
一種の化学反応みたいなものなのです。

つまり、どのようにして相手の心に変化を与えるかが、
本人の魅力を高める要素として膨らむのです。

まずは自分がモテていた時代を振り返ってみましょう。
その分析を行うことによって、「どうしてモテたのか」がわかります。
自分らしさを発揮することはもちろんのこと、
相手に嫌な思いをさせない魅力を振りまくことが、
心をつかむという行動へと繋がります。

自分の日記をつけることによって、アクセントをつけるポイントがわかります。
自分らしさを発揮しつつ、魅力を見え隠れさせることは、
相手にとって興味を惹くポイントとなるのです。

上手なアクセントをつけることができる人ほど、女性にモテる傾向があるのです。
そのきっかけは、自分自身で分析することでも養えるのです。
だからこそ、記録と称して日記をつけることは、モテるためのエッセンスとなるのです。

毎日少しのエピソードでよいので、人と関わった場面を抽出すると、
意外な一面が相手に受けていることがわかるかもしれません。