大人の包容力を持っていることは武器になる

30代のモテる男は、若い男性にはない包容力があります。
つまり、懐が深いという人間性を持ち合わせているのです。

女性が信頼したい存在になるということは、人徳を得ることに等しいのです。
外見を磨くことも重要かもしれませんが、
結局はメンタルでの繋がりの強さに魅力を感じて、人は惹かれあうものなのです。
だからこそ、包容力という武器を身に着けることによって、
女性からの人気を勝ち取るトレーニングを積むべきではないでしょうか。

MensS

ただし、包容力をすぐに高めることは難しいのが現状です。
どのようにすると頼れる存在になるかを学ぶことこそ、
包容力をくすぐる男性の扉を開けることになるのかもしれません。

まずは傾聴することが前進となる

包容力がある男性というのは、聞き上手であることも考えられます。
つまり、傾聴態度が良いからこそ、どんどん深い話ができるのです。
女性は自分の本心を語ることができる相手に対して心的な充実感を得ます。
それこそが、包容力に包まれる瞬間なのです。

こうした変化を起こすためには、人の話をよく聞くということを積み重ねる必要があるのです。
モテる男性は傾聴のスタンスが確立されており、
女性が話したいという内容を容易に引き出すことができます。
ただし、男性側は聞き役となり、話すのは女性というルールを守る必要があります。

いつまでも自分の話ばかりをする男性はモテないのは、
男女の関係を作り上げる際に、役割が合致しないからではないでしょうか。
通常は女性が何気ない話題を取り留めもなくし続けることができるというのが、
会話の盛り上がりに必要となります。
その立場が逆転しまうのであれば、おそらく女性はストレスを感じているかもしれません。
「自分のことを聞いてほしいのに」と思われてしまうようでは、
会話のスタンスは間違っているのです。

まずは傾聴の姿勢を養うことによって、
女性からの発信を受け止めるという行動を丁寧に行うことこそ、
包容力のある男性として認められるのです。

女性を見掛で判断しないで!

女性として、男性に見かけだけで判断されるのは、
本当に屈辱です。

世の中には、努力しても綺麗になれない女性は沢山います。
特に、日本人女性の顔は外国人のように、
立体感がありませんから、
少しでも目が細かったり、鼻が丸まっていたりすると、
それだけで、大変マイナスなイメージを与えてしまいがちです。
だからといって、
分厚いメイクアップは男性を引き離してしまいますから、
彼女たちの多くは、整形に手だすか、
ただ純粋に、内面の良さを理解してくれるような
素敵な男性との出会いを待っているのです。

人は誰でも、コンプレックスがあります。
私自身も、コンプレックスの塊です。
一度も、自分の顔が綺麗だと思ったことはありません。
パーフェクトな人は、決して存在しないのです。
外見にしろ、内面にしろ、欠点があるからこそ、
私たちは、人生に学びを覚え、成長していくのです。

imagesCAUHZVCE

女性を外見でしか判断できない男性は、勿体ないです。
心の目が死んでいる証拠でしょう。
そして、その様な心を持つ人でいる事に、
男性として、恥ずかしさを感じるべきなのです。
多くの人は、

「人は見た目ではない。」

と、いう事でしょう。
ですが、実際あなたがデートできるとしたら、

見た目の可愛い女性/可愛くない女性

どちらを選びたいですか?
勿論、声をそろえて前者を選ぶことでしょう。
ですが、恋愛することの本質を本気で考えた時、
見た目は、さほど重要でない事に気が付くでしょう。
大切なのは、その人が持つ内面的エネルギーに、
ビビッとくるかどうかです。
女性の中には、見た目はそれほど優れてはいなくても、
とても活気があふれ、キラキラしている人がいます。
そういうタイプの女性からは、
あなた自身まで、沢山のパワーを貰うことが出来ます。
自分でも驚く程に、勇気づけられたり、
女性からアイディアを貰う事があるはずです。

逆に、外見は非常に抜群でも、とてもネガティブであったり、
良くないオーラをだしている女性もいます。
いくら、美人でセックスの相性が良くても、
あなたの内面にパワーを注ぎ込んでくれない相手とは、
一緒にいない方がベストなのです。
性格の悪い女性に与えるものは多くても、
奪われるものは、その何倍もの量なのです。

女性の大半は、男性に対してこのように考えますから、
男性自身も、外見が全てではない事が、わかるでしょう。
女性は、自分が成長できない相手は選ばないからです。
出会ってすぐに、損・得を考えるのが女性です。
いくら外見が良くても、自分にプラスにならない男性を選ぶ事はないのです。

外見だけで、判断しては危険すぎます。
女性の内面をしっかり見極めましょう。
そして、外見の優れていない女性とも、積極的に話すのです。
誰にでも平等に接する態度に、女性たちは心を開くものです。

世の中、上辺だけでは判断できない物だらけですね。
人付き合いも同じです。

どんな女性でも、女性として産まれた限り、
必ず美しい面を持っていますから、
それを見出すことに、楽しみを覚えてください。

たった一杯のコーヒーから・・・・

仕事で、男性とドライブ中にこんな事がありました。

いくら仕事とはいえ、男と女ですから、
車の中で二人きりになれば、
普段は聞けない相手の事を聞き出す事ができたり、
いつもとは違った面を発見できる楽しみが、
二人きりの車の中にはありますね。

運転席と助手席が隣同士だからこそ、
会話が弾んだり、親近感が湧きます。

面と向かって聞けない様な質問も、
運転中は、「前方にだけ集中すればいい」
という言い訳があるので、
彼女の目を見ずにして、
聞けてしまうような、大胆な質問もあるのです。
そんな訳で、ドライブ中は
いつもに増して盛り上がるチャンスがあります。

ですが、何か一つでも女性の気に障る事を言ってしまえば、
道中ずっと、気まずい思いをしなければならないという
最悪の事態に襲われるのです。

例えば、
私がこの間、ドライブ中に経験したことをご紹介します。
彼は、とても優しい人で、周りの女性からも、
「聞き上手」「頼もしい」
という素晴らしい評判を得ていました。
ですが、そんな評判を裏返しにしてしまう事態が起こったのです。

stock-footage-couple-driving-in-car

ドライブ中、私はコーヒーを飲みたくなりました。
その時、高速道路は混みあっていましたので、
一度サービスエリアに寄ってもらうのも、
大変申し訳ない気がしたのですが、
仕事で疲れていたせいもあり、
どうしてもコーヒーが飲みたかったのです。
そこで、

「コーヒー買いたいから、次で止まってもらえるかな?」

と、聞くと、次の彼の発言に私は驚きました!

「いいけど、僕は要らないよ。」

心の中で、一瞬にして
「なにそれ!」
と思ってしまいました!

どうしてただ、
「そうしよう!」
と、言えなかったのでしょうか。

その一言で、
私は、サービスエリアによってもらうのが
申し訳ない気持ちになりました。
女性の中には、「僕は要らないよ。」と言われた時点で、
「じゃあ、いいよ。」と言ってしまう人もいるでしょう。
そういわれた男性は、
逆に怒り出し、「何でだよ?行けばいいじゃん。」
と言い始めるかもしれません。

いくら、自分が飲みたくなかったコーヒーでも、
女性のせっかくの申し出を
否定してしまうような言い方をしてはいけません。
むしろ、飲みたくもないコーヒーに対して、

「僕も飲みたいと思っていたんだ!」

という賛成の気持ちを表すことが、優しさなのです!
女性は、同意されると非常に喜びます。
たった一言で、あなたの人間性を台無しにしてしまわない様に、
発言する前に、しっかり考えられたらいいですね☆