合コンでも利用できる距離の短縮技法

人との距離を縮めるアプローチができるようになれば、
初対面であってもどんどん親密になることができるようになります。
ちょっとしたコツをつかむだけで、今まで以上にやり取りが円滑になる方法。
実に実践的なテクニックであるため、是非とも活用してください。

合コンなどでは初対面が当たり前です。
そこで相手と親しく話すためには、呼び方を決めるという方法が、
相手との距離を縮めるきっかけを作ることになります。

多少なれなれしくても、思い切ってニックネームで呼ぶことが、
相手との距離を短縮するための技法としては最適です。
恋愛関係にある2人は、決まってお互いの呼び名が存在します。
初対面であっても2人だけのニックネームが作れるのであれば、
それだけでも周囲との差をつけることができるのです。

w

合コンではいかにしてインパクトを与えることが、気になる存在への近道です。
まずは会話のつかみとしてニックネームをつけることから始めると、
それだけでも相手のことを知ることができます。
ニックネームの由来を聞くなどできると、それが会話の糸口にもなります。

いつまでも敬語ばかり使っているのはよそよそしく感じてしまいます。
少しでも相手との距離を短くしたいと思っているのであれば、
是非とも会話の中で呼び方を決めてみましょう。
お互いの距離を縮める手段としては、使い勝手の良いフリになるはずです。

メールや電話はニックネームで攻める

合コンで連絡先を交換することは少なくありません。
そこからいかにして自分の印象を強くするかが、恋愛関係への進展に繋がります。

だからこそ、その場限りにニックネームにしてしまうのではなく、
コンタクトを取る時に意識して呼び名に気をつけることが、
相手との新密度をアップさせるエッセンスとなるのです。

メールや電話では、面と向かって話すのとは違い、緊張も少ないはずです。
なかなか決めたニックネームで呼べないという方にとっても、
やり取りを行うのに苦労することなく相手と近しい存在として話ができるのです。

時間やコストを考えたデートコースのコーディネート

モテる男はデートも感動的。
しかし、上手にコーディネートできるというのが、モテる魅力を発揮します。
究極のデートコースを予め持っておくだけでも、男としてのステイタスはアップします。

まずはデートに誘うところから始まりますが、
相手をどう落とすかの戦略は事前に練っておくのがベスト。

人気のスポットに行く場合には、事前に空いている時間を知っておくべきです。
わざわざ待ってまで楽しむといっても、疲労だけが重なります。

予定は1つくらい明確に示してあげると良いでしょう。
相手もそれに合わせた服装をコーディネートできるからです。
つまり、カジュアルな格好をさせているのに、後々ドレスコードがあるような高級店は、
選択肢としてはふさわしくないのです。

さて、ここからが感動を誘うようなデートのプランニング。

最高のデートコースを演出する

せっかく2人の時間を過ごすのであれば、最高の思いをコーディネートすべきです。
しかし、時間やコストを考えて計画を立てるべきです。

まずは時間的な配慮についてです。

相手には夜まで時間を空けてもらうとして、昼頃に待ち合わせるのがベスト。
2食を共にするよりも、1食を印象的にする方がインパクトに優れています。
女性としても朝早く無理して起きて準備をするよりも時間に余裕が生まれます。

待ち合わせ後には予め告げておいた予定の場所へ。
レジャー施設に伺うのが時間をつぶすこともでき、そこでの体験を肴にして話が弾みます。

いつもデートで何を話せばよいか迷っているような男性は、
迷わずレジャーの選択肢を考えるべきです。
映画館でも遊園地でも構いません。
大切なのは一緒に共有するという時間を作るのです。

次にコスト面での配慮です。
事前に夜のお店は予約しておくのが重要。
割引での対応をしてくれたり、シャンパンなどをサービスしてくれるなど、
お得な対応が成されているお店はベストです。

料理はコースでも構いませんが、飲み物は自由に決められるスタンスが魅力的。
飲み放題でも良いのですが、飲み物くらいは好きなもので迷うのも味な演出です。

0106_174504_0029-edit-edit

さらなる追い打ちをかけたいという場合には、リムジンレンタルなどのサービスも魅力的です。
1回に投資する額も意外とリーズナブルで、インパクトは絶大です。
少ない回数で女性と落とすためのとっておきの演出にも使えるのではないでしょうか。

男性らしさを見せられるのがモテる男の最低条件

男女の関係を深めたいと思っているのであれば、
自分の性を強調するようなポイントを有するべきです。
つまり、相手から「男らしい」と思えるような行動を取るのです。

中性的な男性も女性の視点があって好まれる場合もありますが、
あくまで恋愛関係への発展を第一の目的として考えるのであれば、
自分らしさという視点からアピールを図るべきです。

女性にとって頼もしいと思えるような印象が与えられるようになれば、
その後の展開についても大きな期待が持てます。
ただし、自分から連絡先を聞いたり、具体的に次に会うスケジューリングをしなければ、
その場限りの出会いになってしまうことも少なくありません。

相手の心を揺さぶるためには、行動は迅速に行いつつ、一歩先を手配する状態が必要。
その判断を各々ができるか否かで、出会いのチャンスを手にするタイミングは異なるのです。

z2

魅力的な一面を垣間見せるようなモテる男は、男らしさを随所でアピールできます。
しかし、これからどんどん恋愛を重ねる若者にとっては、
「らしさ」というアピールを重視しないという場合も少なくありません。

印象に残すのであれば、それなりのインパクトが必要。
単に優しさだけでは魅力的な面に触れることは少ないため、
できるだけ女性を尊重した「らしさ」をアピールすべきです。

荷物を持ってあげたり、食事のエスコートをしたりと、立ち振る舞いだけでもモテることは可能。
あとは意識して行動することができるかという問題が、どの男性にも降りかかるのです。

好意を抱いている相手にだけ優しさが注がれるようなメリハリがあると、
恋人候補としては申し分のないインパクトを与えることができます。
それが、新たなカップル誕生へと繋がる可能性は非常に高いはずです。

女性が興味を抱く男性像については、年齢によっても変わるため、
少なからず頼れるスタンスを持っておくのが重要です。
それだけでも男らしいという印象を持ち、モテる男としての品格が得られます。