行動する・しないではっきり差がつく30代

30代の男性は、自分磨きを意識するかどうかで大きな差となります。
意識のみならず、実際に行動することが一番のポイントです。
臆することなく自分自身を変えていかなければ、いつまでもモテない男となるのです。

tumblr

行動する・しないで大きな差となるのが男女の恋愛です。
何も変えずにそのままでいたとしても、女性はあなたに惹かれる確率はそのままです。
モテたいという意識があるのであれば、行動力を身につけるのが必要になります。

毎日意識して行動するのが重要

モテる男は何の努力もすることなく結果を得ているわけではありません。
自分なりに努力を重ねることが、相手から惹かれるポイントに繋がっていることが多いのです。
だからこそ、モテるためには意識して行動することを心掛けるべきです。

毎日意識して行動することによって、自分磨きに対するモチベーションが変わります。
一日の差は、はじめは小さく感じるかもしれませんが大きな差となって現れます。
仕事を効率的にこなすビジネスマンも同様です。
一日の差が一週間の差、一週間の差が一生ものの差となることも考えられます。
自分が行動しなければ常に遅れ取ることになりかねないからこそ、毎日の意識が大切です。

モテるための配慮は気遣いやファッション、出会いのきっかけづくりなどさまざまです。
毎日何らかの行動を心掛けることによって、自分を磨くことが後の成果になると信じ、
まずは小さなことからコツコツと変えていきましょう。

コミュニケーションスキルも重要視すべき

出会いの機会が少ないからと、合コンなどにどんどん参加するというケースも少なくありません。
しかし、自分のコミュニケーションスキルが低いままで参加したとしても、
期待しているような成果に繋がることは少ないのが現状です。

モテるための魅力を携えて臨まなければ、単なる参加者としてしか印象を残すことはできません。
惹かれる男性として相手に見てもらうためには、コミュニケーションスキルを磨くべきです。

ビジネスマンであれば接客のセミナーや基本的なコミュニケーションスキルのセミナーなど、
仕事に結びつけて学べる環境も色々なエッセンスが学べます。
ビジネスも結局は人とのやり取りが中に詰まっています。
基本的な姿勢を学ぶことによって、恋愛に活かすこともできるのです。

別れ際のハグはためらわずに実行すべき

日本人は感情を表現するのが苦手とされています。
東京オリンピック招致の時には、その固定観念を覆すような、
豊かな表情でのアピールをしたことが、招致成功のカギにもなったとされるほど、
日本人は感情を表に出さずに耐え忍ぶ、忍びのような存在としてイメージされており、
世界に驚きを与えたエピソードとして知られています。

さて、今までの日本人のイメージは、なかなか想いを表に出すことなく、
恋愛も奥手とされているからこそ、それを打ち砕くイメージがモテる男となるのです。

power-of-a-hug

もしも、自分の欲望を満たすことができずに悶々としているのであれば、
ライトな行動から自分改革を行うことによって、
恋愛のスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
その一つのきっかけを作るのが、男女の出会いで効果的な印象を与えるハグです。

ハグは最後にノリで行うべき

出会った時にハグができるような仲であれば、
そこから恋愛に持ち込むのは容易いはずです。
もしくは自分のイメージは、既にモテる男として認識されているはずです。

しかし、なかなか出会いのきっかけを結果に繋げることができない人にとっては、
ハグで相手との距離を縮めることには抵抗があるはずです。
だからこそ、別れ際に軽いノリで同性の仲間からハグをし、
その場にいる全員とハグを交わすことが、打開策にも繋がるのです。

海外では「フリーハグ」というものがあるほど、
人に何かを与えるために素晴らしい行動の一つに、ハグが考えられているのです。
こうしたコミュニケーションを図ることができれば、
男女の仲を深める最高の手立てに使うことも十分可能です。

ハグが決め手で付き合いに至ることは少ないものの、
距離感を一気に縮めることができる手立てとしては理想的です。

まずはハグの効果を自分自身が体験できるようになると、
出会いのきっかけに用いるという抵抗を下げつつ、
恋愛への発展を願うことができるはずです。
もちろん、ハグが恥ずかしいというのであれば、握手からでも十分です。

女性に親近感を持たせる魔法の言葉

モテる男性がかなりの確率で、恐らく無意識にやっていることがあります。

それは会話の中で挟みこまれる、ある言葉です。

ヒント、名詞です。

ピン!と来られましたか…?

答えは、相手の女性の名前です!!

名前を呼ぼう

人気のある男性、いつも周りに人が集まるような人は、
この魔法の言葉をかなりの頻度で使っていると思います。

私の周りにいるモテ男も例外に漏れず、
知り合ったときにすぐ名前を聞いてくれ、
そこからは会話毎に名前を読んでくれるように。

「え、●●は今日どうするの、これから?」
「俺はこっちの方が食べたいんだけど、●●は?」
これらは質問形式ですが、上級者はさらに…

「あー、やっぱ仕事の後はビールだよね、●●!うまいわー。」
「あぁ、●●、これ壊れちゃったんだけど…。」

別にそこに、名前、いる?と思う場所にも彼らはどんどん使って来ます。

中には、彼が勝手に私のニックネームを決め
それで呼ばれる、ということも多々あります。

もうそんなことされたらこっちは親近感が湧かずにはいられない状態!

とにかく名前を呼ぼう!これで、あなたの周りには勘違いして
あなたに親近感を持った女性たちが、集まって来るでしょう。

逆に今の時代、多くの人が人に無関心になりつつあり、
中々名前も覚えられず、名前を呼ぶ必要があるまでは
あなた、や君、などと二人称で呼んでしまうこともあります。

でも、それではいつまで経っても相手との壁は越えられません。

確かに急にやり過ぎると不自然だし、やり過ぎ感も出てしまうので、
まずは質問形式から、そして慣れてこれば名前を連呼してみて下さい。

私も今思い出すだけで、確かに印象に残っている男性は、
皆名前をいち早く覚えてくれ、いちいち呼んでくれたなぁと思うのです。

人は自分に一番興味があるもの、自分の名前を
呼ばれて嫌な気がする人は、いないと思います。

それに会話の中に名前を挟まれることで、
今まで例えその話を上の空で聞いていたとしても、
急に自分に関係のある話だと捉えることになるので、
より親身になって会話に参加してもらえる、という効果も!

コミュニケーション能力のある人なら男女問わずもうやっているはずです。
難しいことではないので、これなら今日から始められますよね!