初めてのデートを確実に成功させる秘訣

初めてのデートというのは、男女ともに緊張します。
特に男性としては、失敗してはいけないという思いを持ってしまうと、
逆にうまくいかないことさえあるのです。

実は、女性は1回目のデートで全ての結論を出そうとは思っていない場合が多いのです。
何度も会うことによって、印象のズレを修正しながら、
自分にとってふさわしい相手であるかを見定めるのです。

Coup

だからこそ、初めてのデートでホテルに行って、SEXをすると考えていると、
痛い目に合ってしまうことがあるかもしれません。
30代の男性の魅力は落ち着いた判断力とゆとりにあります。
焦って結果を求めてしまっては、相手に冷められてしまうかもしれないのです。

ゆっくりと相手を自分の魅力に染め上げるくらいで考えた方が、
行動にもゆとりが生まれるのではないでしょうか。

初めてのデートはライトに終わらせる

初めてのデートは、自分が考える最高のスタイルを提供したいと思っているでしょうが、
全てを見せてしまうよりも出し惜しみをしつつ、
相手に「もっと一緒に居たかった」と思わせるくらいが良いのです。

初めてのデートはライトに済ませるというのが良いのです。
次を見越してゆったりと時間を過ごすくらいが良いでしょう。
見るものは映画など1か所。
それに食事を加えて半日程度の時間を過ごすのがお勧めです。
長々といても、会話が続かなければ気まずい時間にしかなりません。

数時間という時間を濃厚に過ごすことこそ、
初めてのデートでは必須事項となるのでしょう。

体目的、部屋に連れ込むなどの安易な考えで臨んでしまうと、
せっかくのチャンスを一度で台無しにしてしまうかもしれません。
リスクを回避しながら相手に自分の印象を刻み込むことができると、
2回目以降の変化を見ながら、勝負のタイミングを見極めることができるでしょう。

だからこそ、初めてのデートプランは、ライトにコーディネートを行いつつ、
次の約束までするくらいのタイミングで切り上げるのが効果的なのです。

相手の経済状況を踏まえた自分の行動を考える

当サイトでは、お金の使い方についてを何度か取り上げています。
やはり、モテる男はお金の使い方で人を惹きつけることができるため、
内面に備える魅力の一つとして磨き続けることが推奨しています。

ただ、立ち振る舞いの技術が伴ってこそ、
自分の置かれている状況を加味したモテる男の演出ができるようになるのです。

今回は、相手の状況を踏まえて、自分がどのように行動すべきかの一考察をご紹介。

2c3f

相手が自分よりも年下の場合

相手が自分よりも年下の場合には、積極的に相手の負担を軽くするのが良いでしょう。
特に、学生を相手にしているのであれば、
デートの費用は男性側が負担するというスタンスで問題ありません。

毎回のデート費用が負担になってしまっては、
せっかく自分への魅力に気付いて欲しくて誘ったとしても、
返答にしぶるという結果を招いてしまうかもしれません。
このような状況にならないためにも、30代としての魅力を経済力から見せるのも良いでしょう。

ただし、費用負担をしたという事実を相手に後ろめたいものにしないためのことばかけが、
モテる男のテクニックとなります。
何らかの理由をつけて、相手の分を負担したという結果にするのが良いでしょう。
「自分から誘ったから、これぐらいさせて」というように、
相手を敬いながらことばを発するのが重要です。

相手が同じ歳や年上の場合

ある程度経済力があって、独立した生活を送っている相手であれば、
デートの費用は折半でも構いません。
可能であれば、少しだけ自分が多めの負担をして、
さりげなく相手の差し出した金額から気持ち程度財布に戻してあげるのが、
粋な男の計らいとなります。

あくまで経済力を前面にアピールするのではなく、
相手を思っての行動であるように悟ってもらうのが、
お金の価値観でズレを生じなくするためのポイントになるのです。

特に相手が看護師など、専門職でバリバリ働いている場合には、
たまにご馳走するというぐらいのスタンスで十分という女性もいます。

相手の状況を踏まえたうえでどのように立ち振る舞うかは、
個人のインスピレーションが大きなカギとなるのです。

デートで使う金銭感覚を学ぶ

女性とデートに出かけるのであれば、
自分に対する魅力を知って欲しいと誰もが願うはずです。
女性は色々な部分を確認しながら、自分に合った相手であるかを判断します。

モテる男は女性が目をつけるべきポイントをあらかじめ絞っておくことによって、
少しでもライバルよりも良い相手であるという思いを抱かせます。
だからこそ、失敗が少なく、意中の相手を射止められるのです。

images (1)

女性がデートで気にかける部分はいくつかポイントがありますが、
その一つがお金の使い方です。
決して無駄遣いをするのではなく、効果的にお金を使っているかを見定めます。

ここでは、デートで使うお金の概念についてを解説します。

一般的なデートで使う費用

自分が全ての費用を持つのであれば、
1000円では少ないと感じるのではないでしょうか。
男女が折半してデートの費用を負担するのであれば、
1人10000円を負担するのでは、女性側が少々高いように思うかもしれません。

だからこそ、どのようにして相手に気を使わせずにお金の調整を行うかが、
モテるためのテクニックに繋がるということがわかるでしょう。

男性が全ての費用を負担するのであれば、
デートスポットに出かけて約5000円。
その後の食事で1万円から15000円ほどというのがスタンダードです。
もちろん、豪華にやろうと思えば、上限に定めはありません。

ただし、女性が見ているのは男性のお金の使い方であることも忘れずに。
あまりにも破天荒なお金の使い方をしているようでは、
まだまだ子どもとして見られてしまうかもしれません。

お金の管理ができてこそ大人の男性の魅力を与えられます。
自分をいかにしてコントロールするかによっても、
結果が大きく左右されるかもしれないことを学ぶべきではないでしょうか。

最近の傾向としては、女性も少しは負担をするものの、
基本的には男性が多くを負担するというのが良いと考える女性も多いようです。
過度に気を使わずに、相手を立てることができるからこそ、
このようなバランスになっているのかもしれません。