メールを用いた繋がりの確認について

気になる女性からメールアドレスをゲットしたのであれば、
ある程度のコンタクトを取っておく必要があります。
何かのアクションをしなければ、出会いのきっかけを広げることはできません。
行動力のある男性こそ、モテる可能性を秘めています。
自分で待っているだけでは、チャンスを手にすることはできないかもしれません。

メールアドレスの交換ができたのであれば、まずは挨拶がてら連絡を行うことが、
これからの発展に大きな影響を与えるかもしれません。

co

自分の願いは恋愛の成就です。
ただし、それを前面にアピールしてしまっては、痛い男性にしか感じられません。
ある程度出会いに対する焦りを隠しつつ、ゆとりがあるスタンスを貫くことが、
女性にとっても安心できる存在として考えられるようになります。

重いと感じられてしまうと、たちまち相手の心が離れていきます。
最終的な目標が恋愛の成就であっても、
真意は隠しつつ、虎視眈々と機会を伺うのが良いでしょう。

メールでのやり取りに盛り込みたいこと

せっかく気になる女性とメールでやり取りができるのであれば、
是非ともデートの約束はしたいものです。
ただし、たった1日のやり取りで結論を急ぐのは論外です。
あまりにも出会いに飢えていると、結論を急ぐあまり、すぐに合うことを考えてしまいます。

一方、女性は自分を軽い女に見られたくないからこそ、
初めは差しさわりのない関係が心地よく感じるものなのです。
そこから距離を縮めるためには、度重なるアプローチが重要なのです。

メールでの内容に盛り込みたいのは、次の内容を返すような構成が重要です。
自分の報告だけで終わってしまうと、相手も「もう続けなくて良いだろう」という気持ちになります。

そこを、「返信しなければいけない」という状況にさりげなく変えることができると、
メールでのやり取りの頻度も増える可能性があります。
ただし、質問攻めのメールは絶対に止めましょう。
自分が受け取って引くような内容の文面であれば、当然相手にもマイナスとなります。
だからこそ、会話に盛り込む内容は、相手との距離を縮めることができるもので、
ある程度の回数をやり取りするべきなのです。

モテるためのメールテクニックについて

気になる相手にメールアドレスは教えてもらえたけれど、
なかなか連絡できずに進展しないという方は少なくありません。

むしろ、自分が行動しなければ発展は難しいという考えのもと、
アクティブに動かなければならないというイメージを持った方が、
女性にモテる要素を作り出すことができるようになります。

Mail-icon-ios-7

ただし、メールはルールを守って利用しなければ、
相手の気持ちをどんどん遠ざけてしまうだけです。
ここでは、モテるためのメールテクニックを解説します。

メールでモテる・モテないが分かれる

メールの文面を見るだけでも、相手にとって魅力的か否かが判断できます。
相手がもらって嬉しいメールこそ、モテるためのツールとして、
メールを使うことができるのです。

意外にも誰もが送ってしまうミスといえば、
「久しぶりだね、元気?」などといった中身のない内容の文面です。
相手は「うん」しか返さなくても、メールの返信は成立してしまいます。
これなら盛り上がることはないでしょう。

一方、あまりに1つのメールに疑問文を作りすぎるのも厳禁です。
「元気?、今日なに食べた?、今度の日曜日空いてる?」など、
疑問文を羅列するというのは好ましくありません。

では、どのような文面をメールで送るのがベストなのでしょうか?
そのヒントは、相手と交わした話の内容がヒントになります。

phone lady

過去の話からメールの話題を作る

相手との話の内容からメールに記す内容を引き出すことによって、
相手のリアクションが取りやすい文面を送ることができます。

たとえば、おすすめのお店についての話題が出てきたのであれば、
「この前、教えてもらった○○ってお店行ったんだけど、運悪く込んでて入れなかった。
予約取れるみたいだから今度チャレンジするわ。今度一緒に行かないかい?」
のように、さりげなく相手と交わした内容を持ってくると、相手の返答もしやすくなるのです。

しかも、お誘いにまでのってくれるのであれば、
そこから自分に対する魅力をアピールすることができるチャンスも芽生えます。

先を見越したメールのやり取りと、相手の会話からの引用は、
メールのやり取りで盛り上がるためには重要なのです。

寂しい時の埋め合わせはメールの返答から察するべき

モテる男は女性に対するアプローチが積極的です。
自分から行動することによって、多くの成功を手にしています。
モテない男は行動力にかけており、相手の心の動きに沿った言葉かけができません。
それが、出会いの機会を少なく狭めてしまうのです。

寂しい時は誰にでもあります。
しかし、それを埋め合わせることができるのであれば、一緒に居たいという気持ちも高まります。

couple talking

相手に恋愛感情を抱かせる一つのテクニックとしては、
心理的な面での充足を図ってあげられるメールを駆使することが、
離れていても繋がっているという錯覚を起こします。

メールは相手の就寝時間の把握から始まる

相手が寝てしまっている間にアプローチをかけたとしても、
相手の心を埋めることはできません。
可能な限り暇な時間を見計らってアプローチをかけていかなければ、
印象に残るやり取りはできなくなってしまうのです。

メールでのやり取りは、生活スタイルの把握から始まります。
「また、メールしてもいい?」という問いかけと併行して、
「いつも何時頃まで起きているの?」と聞くだけで、おおよその生活スタイルが見えてきます。

メールは節度ある時間でのやり取りこそ、魅力を与えることができます。
的外れな時間にアプローチをかけたとしても、空気の読めない人としか見られません。

何気ないやり取りに愚痴は入れないこと

メールでのやり取りで、相手が仕事の不満をぶつけてくることがあります。
それに対して真摯に応えることは重要ですが、自分が抱えていることを愚痴にしてしまうのは禁物。
相手を不快な思いにさせてしまう可能性があるので、
自分主体の話で、相手が楽しくない話題は意識して避けるべきです。

何気ないやり取りを行う場合には、楽しく過ごせる時間が大切です。
メールで憂鬱になってしまうような話題を持ちかけると、
モテる男ではなく、迷惑な人としか認識されなくなってしまいます。

そうならないためにも、話題の選択は慎重に行いつつ、
相手にたくさん話をさせるくらいのスタンスで臨むべきなのです。