違う角度で相手を見ることが大切

いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。

日記は自分を振り返るための重要な資料

ブログを書くということは、何気なく取り組んでいるかもしれませんが、
モテるための法則を見つけるときにも役立ちます。
自分はどのように立ち振る舞うと、周囲の注目を集めることができるかを学ぶことで、
自分なりの勝ちパターンがわかるようになるのです。

これは、芸能人としても人気を集めていた島田伸助が実践していたことも、
自身の「自己プロデュース力」という著書で語られています。
自分なりの法則性を見極めるためには、曖昧な記憶では不十分です。

確実に成果があがった方法を貯めておくことこそ、
勝負どころでモテる秘訣を得ることができるのでしょう。couple

日記をつけるというのは、他人に見せるものではありません。
友人を増やすためにつけるものとは分けて考えると良いでしょう。
つまり、自分の行動を記すだけであって、公にする必要はないのです。
なんせ、自分がモテるためだけに使うものなのですから。

人の心をつかむというのは、その人のセンスが色濃く出た結果、
惹きつけられるという現象が起こるのです。
一種の化学反応みたいなものなのです。

つまり、どのようにして相手の心に変化を与えるかが、
本人の魅力を高める要素として膨らむのです。

まずは自分がモテていた時代を振り返ってみましょう。
その分析を行うことによって、「どうしてモテたのか」がわかります。
自分らしさを発揮することはもちろんのこと、
相手に嫌な思いをさせない魅力を振りまくことが、
心をつかむという行動へと繋がります。

自分の日記をつけることによって、アクセントをつけるポイントがわかります。
自分らしさを発揮しつつ、魅力を見え隠れさせることは、
相手にとって興味を惹くポイントとなるのです。

上手なアクセントをつけることができる人ほど、女性にモテる傾向があるのです。
そのきっかけは、自分自身で分析することでも養えるのです。
だからこそ、記録と称して日記をつけることは、モテるためのエッセンスとなるのです。

毎日少しのエピソードでよいので、人と関わった場面を抽出すると、
意外な一面が相手に受けていることがわかるかもしれません。

一人で楽しむことができる時間を持つべき

モテる男は時間の使い方が上手です。
忙しい中でも自分なりに充実させる何かを持っています。

意識して充実した時間を作ることも、大人の男性を磨くレッスンになります。
特に、コミュニケーション能力を養うのであれば、
一人で飲みに出かけるのが良いかもしれません。
ただし、知らない人とコミュニケーションが取れるようなお店がベスト。
カウンターに座りながら知らない顔同士で何気ない話ができると、
会話の柔軟さを養うことができるようになります。

ch

こうした一人旅を楽しむことができるようになると、
初対面の人とのやり取りに抵抗を感じなくなります。
会話のスタンスについても学ぶことができる一人飲み。
実は、モテるためのレッスンとしても利用することができるのです。
ただ、意識して出かけなければ酒に浸るだけの時間となってしまいます。

会話のスタンスを学ぶというコンセプトで出かけられると、
社会性を高める修行として楽しむことができるでしょう。

男女の仲を深めるのは、結局はコミュニケーション能力です。
容姿端麗であっても、人とのやり取りがうまくいかなければモテない存在になります。
ほんの少しの違いであっても、やり取りのうまさを持っている男性の方が、
女性は「一緒に居たい」という気持ちになるのです。

コミュニケーション能力を高めるということは、
人とのやり取りを円滑にし、心をつなぎ合わせることができます。
共感したり、自分の思いを伝えたり、相手の気持ちを動かしたり、
ことばが持つ力を相手に作用させることができると、
自分にとっての影響力の高さに惹かれる女性も多いでしょう。

一緒に居てほっとする存在になるためにも、
柔軟なコミュニケーション能力が必要不可欠です。
つまり、モテるためには相手に合わせて自分が変化できることが求められるのです。

時には優しく、時には相手の考えに意見ができるような関係ほど、
大人の男性としての魅力を振りまくことができるのです。
そのためにも、一人の時間を持って自分を磨くことが、モテる男へと成長させるのです。