30代は仕事の出来も恋愛の出来に繋がる

仕事を一生懸命している男性というのは、非常に魅力的な一面があります。
信頼を得るためには芯の通った一面をアピールすることが大切。
その一つの要素として、仕事に対する姿勢が問われるのです。

学生時代とは違って、それなりに仕事でも実績が評価される30代。
人によっては管理職など、責任のあるポジションを任されることも少なくありません。
こうした努力は仕事での評価のみならず、人間性の高さも評価されます。

30代は仕事に対する姿勢から、どれだけ魅力的であるかも確認されるのです。
だからこそ、恋愛への発展に繋げるための手段として、
仕事を一生懸命こなすことを継続することが、モテるための魅力となるとされています。

仕事が中途半端な男性は、人付き合いも中途半端になっていることが考えられます。
同僚からの評価が低い男性は、モテない要素を持ち合わせているのです。
一方、モテる男は仕事もスマートにこなすことができます。

vanessa-hudgens-&-austin-butler-holiday-party-couple-05

仕事に対する愚痴をこぼさないというのも重要なポイントです。
愚痴を言われたところで、よほど母性本能が高い女性でなければ、
男性を魅力的に思うことはありません。

むしろ、寡黙に仕事をこなし、実績を上げることができる男性こそ、
一緒にいたいという気持ちをかきたてます。
頼りがいが必要な30代の特徴でもあり、仕事の出来が大きなウエイトを占めるという点では、
長い目で見て世帯主としての魅力があるかも踏まえた品定めに繋がっているのです。

30代の男性と恋愛関係になるということは、
できれば最後の恋愛にしたいという意識を持つのが女性の心理です。
20代の頃とは恋愛に対する価値観が変化するからこそ、仕事の出来は気になるのです。

生活水準にも大きく影響するのが仕事の状況です。
苦労することなく生活できる水準に達しているような男性は、それだけでも魅力的です。
生活を支えることができるというのは、安定感を得るに等しいのです。
だからこそ、仕事の出来が恋愛の出来に大きく影響するのではないでしょうか。

同じ職場が魅力的となる出会いのポイント

同じ職場という環境は、恋愛発展の魅力を備えている絶好のポイントです。
しかし、それなりのコツをつかんでおかなければ流れが悪く、
出会いを効率化させることができなくなってしまいます。

同じ職場で働いている本人にアプローチをかけるのであれば、
じわじわと自分の存在感を刷り込むことから始めるべきです。

images (1)

同僚に対してのアピール方法

同僚に対するアピール方法は多様ですが、
まずは仲良くなることから考えると、小さなサプライズを上手に使うべきです。
ちょっとしたプレゼントを買って振舞うことによって、
相手が興味を抱くチャンスを獲得することができるようになります。

「美味しいお店を見つけてきたから買ってきた」と言いつつ、
気になる同僚に対するプレゼントをしてみると効果的です。
ただし、他にも同僚は居るはずなので、あくまで全体に向けて買ってきたということとし、
一番初めに気になる相手にアピールをすべきです。

食事の誘いが比較的に簡単なのも同僚の特権です。
ちょっとしたタイミングでことばかけを行うことによって、
誘われることに対する抵抗感を下げることもできるようになります。

面識があるということで、抵抗なく一緒の時間が過ごせるようになります。

仕事終わりという環境を上手に使う

同僚に対するアプローチの中でも、ごく自然に行われるのが食事のお誘い。
かねてから計画して伺うというのも良いかもしれませんが、
あえて、仕事の終り際にこれからの予定を聞いて、一緒に食事をする旨を伝えるのも効果的です。

不自然な誘いにはならない会話の流れは必要ですが、
思いつきのように誘ったとしても怪しまれることはありません。
仕事という区切りを上手に使うことによって、チャンスは無限に広がります。

お店選びは凝ったところではなく、手軽に済ませることができるカフェでもOK。
大切なのは接触するきっかけを増やすことに尽きます。
2人で過ごす時間は、たとえ彼氏・彼女の関係ではないにしても、
デート気分を楽しむこともできるはずです。

仕事のできも出会いに繋がる

職場結婚をするためには、社内で出会いのきっかけが必要。
多くの男女が出会うためにはそれなりの法則が存在します。

特に職場で出会いに発展するきっかけとしては、一緒に仕事をした経験から
恋愛感情が巻き起こるということが考えられます。

さて、こうした出会いでモテる男は、どのような特徴があるのでしょうか?

005

仕事での実力は絶対条件

仕事が遅い男性、なかなか言ってもやってこないなど正確性に欠ける男性。
こうした男性であれば魅力が半減してしまうのは、
仕事をしていれば良く分かるはずです。

頼りがいがあって迅速に仕事をこなすような男性こそ、
女性の心をつかむ男性像になります。
イケメンでなくとも、背中で語れるような男性は30代ではモテる傾向があります。

その理由は、恋愛から結婚を視野に入れて付き合いを考える年齢だからこそ、
家庭を支える立場に立った時に、プラスのイメージが描かれる方が、
モテる男になるというのが背景にあるのではないでしょうか。

もしもこれから30代に差し掛かるのであれば、
仕事に磨きをかけるというのも、自分磨きとしては重要であると知るべきです。

既に30代に突入しているのであれば、
自分の存在意義を発揮することができる仕事を持つことが、
一つのステイタスとして機能することに期待すべき。

仕事で絡むのが出会いに繋がるきっかけ

仕事で絡む機会が出会いに繋がるきっかけというのは、
恋愛心理においてもしっかりとした根拠があります。

イケメンアイドルのような距離のある存在ではなく、
何度でも会ってお互いを知ることができるというのは有利なのです。

単純接触の効果という恋愛心理の法則が働いているからこそ、
仕事で絡むというきっかけから、魅力的に思える要素をおのずと感じるのです。

単純接触の効果は仕事のみならず、プライベートでも会う機会が多ければ、
人の魅力に視点を置く頻度が増えます。
だからこそ、職場結婚のように仕事がきっかけで恋愛感情を抱くというのは、
人の本質的な部分から惹かれていくため、結婚というゴールに繋がりやすいのです。