女性との距離をグッと縮める画像データ

合コンなどで話題のネタにもなる旅行体験談。
女性との距離を縮めるためにも大いに活用できます。
女性は旅好きな方も多く、その時のエピソードは無限大です。
初対面であっても緊張することなく打ち解けるには、共通項がある方が群を抜いています。

まずは趣味の話などをしながら、自分が旅行好きというアピールをしてみましょう。
相手も年に1度でも旅行に出かけているのであれば、
旅先での話を取り上げていくのが常套手段となるのです。

1132161565_1098

旅先では誰しも写真を取るはずです。
景色や食べ物、友人との旅行であれば人物関連の写真も多くなります。
こうした画像データをもとにして話を作るのは簡単です。
なかなか自分で会話を展開するのが苦手という方であっても、
元になるものを参照しながらであればスムーズに出るはずです。

また、画像データを一緒に見るということは、相手との距離が自然と縮まります。
一緒に画像を変えながら話をするには隣り合うのがベストです。
寄り添いながらその時の話ができるようになるのです。

パーソナルスペースという用語がありますが、
相手との距離を縮めることによって、恋愛の対象として見る目が変わります。
なかなか体が触れ合う範囲を作ることができないという男性にとっては、
一緒に画像データを見るという口実で距離を縮めるのは正に革命的。

肩が触れ合いつつ話も盛り上がるというのは、人としての魅力をアピールするチャンス。
しかも、相手も画像データを見せてくれて会話が盛り上がる可能性も大です。

面白写真などを取っておくことができると、それだけで大きなアピールになります。
まじめで口下手なのに、面白写真ではおもいっきりふざけているなど、
意外性を垣間見ることができるというポイントを作ることも可能ではないでしょうか。

話のネタに困ってなかなか女性との距離が縮まらないという場合には、
モテる男が巧みに利用する距離の縮め方を利用すると、
案外楽に相手のそばに詰め寄ることができるようになるのです。

モテないメールはすぐに止めるべき

異性のメールアドレスをゲットしたとしても、
その後の行動が印象を悪くすることがあります。

せっかく好みの相手から連絡先をもらったとしても、
このような結果になってしまっては残念です。

モテる男は確実に恋愛に発展させられるようなプラスの印象を
メールからでも与えることができます。
その理由は、相手からの印象を悪くしないような配慮を行っているからこそ、
何度やり取りしても心地よさを感じられるのではないでしょうか。

モテない男のメールはいくつかの法則があります。
少なからず止めるべき行動を知ることによっても、
モテる男へと進むことができるのです。

b3

時間帯を考えたメールを出すべき

モテる男は相手の生活状況を把握したうえでメールのやり取りをしています。
自分がメールを受け取る立場で考えても、
ライフスタイルにそぐわないメールは迷惑に思うはずです。

仕事中や寝ている時に送られるメールほど、「ウザい」と思いませんか?
それを自分がしてしまっている可能性があるのであれば、
すぐにメールを送るスタンスを考え直すべきです。

一番自然にメールを確認してもらえるのが、仕事が終わるくらいの時間帯です。
相手と何度かやり取りしていると、メールの返答に対するタイミングもわかります。

職場から家に到着するくらいのタイミングで送れると、
移動中に確認してすぐに返答するという確率もアップします。

写真を上手に利用したアプローチ

画像が添付されているメールは、どんな内容か気になります。
もちろん、大した内容のものでなくても良いのです。

相手にインパクトを与えることによって、印象を残すことができるのがメール。
その特徴を活かしてライバルとの差をつけることは十分可能です。

写真は日常生活のどんなものでも構いません。
変顔のメールを送って元気づけるというのも一つの方法。
美味しそうなご飯の画像を送って、
「ここの○○が美味しかったから、今度ぜひ!」という誘いがあると、
ことばだけのメールよりもインパクトが増します。

逆に、相手が不愉快になるものや意味不明の画像添付は、
メールすら見てもらえなくなってしまうので要注意。
コツさえつかめばモテるメールは誰でも送れるはずです。