外見で勝負ができない男性がモテるためのテクニック

30代にもなると、なかなか外見を磨くにしても限界があります。
それよりは、内面を磨いて人間的に魅力を高めた方が、
モテる男として女性にインパクトを与えることができるのです。

Y

外見で勝負ができないと思っている男性は、
是非とも参考にしてみてはいかがでしょうか。

磨くのはトークのテクニック

話がうまい男性というのは、女性の関心を惹きつけることができます。
長く居ても飽きない男性は、何度でも会いたいと思うのです。
そのためにも、トークのテクニックは磨くべきだと思いませんか?

話が面白いというのは、人によっても感じ方が異なりますが、
絶え間なく色々なジャンルの話に展開することができる柔軟さが必要です。

時には仕事の真面目な話から、少しふざけた話まで、
幅広く相手と会話のキャッチボールを交わすことができる男性が、
女性からの支持を集める存在になる可能性があるのです。

頭の回転の早さを感じる女性も多く、
トークのテクニックから人間性の魅力に発展する可能性があるのです。

気配りのスペシャリストを目指すべき

トークのテクニックと並行して、女性の心をつかもうと思っているのであれば、
気配りの技術を磨くべきではないでしょうか。

大切なのは、相手のことを思いやってあげることが重要なのです
優先順位は自分ではなく相手なのです。
いかにして相手のことを尊重してあげるべきかを突き詰めることによって、
人としての魅力が磨かれるかもしれません。

デートの時にさりげなくみられるマナーに気を使うことも重要です。
テーブルマナーを知っておくだけでも恥ずかしくありません。

一緒に居て恥ずかしいような立ち振る舞いをしている男性は、
一度の出会いから発展することは稀です。
むしろ、相手から避けられてしまうことも少なくないでしょう。

一方、気配りが磨かれている男性にとっては、
相手も長く居ても快適な時間を過ごすことができるのです。
「もっと一緒に居たい」という名残惜しさも与えることもできるでしょう。

それが、外見で勝負をせずに、人間性という観点から人を惹きつけるテクニックなのです。

好意の向け方からモテるための要素を学ぶ

人との関係性を作るのであれば、好意を抱く心理を踏まえた自分作りが、モテる男の条件となります。
人が好意を持つという視点は、1つではありません。
複数のポイントを押さえることによって、自分に合っている存在であると認識するのです。

people-talking

好意を持つポイントを3つ、ここではピックアップして紹介します。

外見

誰でも女性にモテるためには、ある程度外見を綺麗にしようという意識が芽生えます。
自分の意識次第で、すぐに変えることができるのが外見です。
ファッションは少しの気遣いで多くの効果をもたらします。
内面を磨くのも大切ですが、最低限の見た目を確保するのは、大人の男性としては大切です。

過去に紹介したこちらにも、ファッションの重要性が載っています。
http://xn--obk6f7cx544a.net/?p=2250

女性に引かれないファッションセンスを磨くことによって、
好意を抱かせることができるかもしれません。

類似性と相補性

どちらかというと自分と似ている点が多い方が、好意を抱きやすい傾向にあります。
ただし、相反する部分に惹かれるという場合があるので、
類似性と相補性のどちらで攻めるべきかを考えながら接すると、
相手との距離を縮めることができるようになります。

好意を持って話しを展開させるには類似性。
自分にはない魅力として相手から注目させるには相補性。
といったような位置づけで、自分をアピールするのが良いでしょう。

共同作業

合コンなどで食事を共にするようなケースでは、意図的に共同作業を行うことによって、
好意を引き寄せることができるようになります。

簡単に仕向けるのであれば、お皿を持ってもらって料理を取り分けるのが良いでしょう。
なかなか恥ずかしくて会話が弾まないという奥手な方であっても、
「ちょっと手伝ってもらってもいい?」と声をかけることができるでしょう。
相手も気配りができる人だという認識を植えつけることができるのも魅力的。

こうした小さな共同作業が、相手の好意を引き寄せるのです。

まとめ

人の好意は自分のアプローチ次第で大きく変化するのです。
色々な感覚を通して、理屈で考えることなくついつい意識してしまうような存在になることが、
モテる男としての魅力を相手に伝えることができるのでしょう。

将来をイメージできる人間こそモテる

将来に対して不安がつきまとうような人とは、友達になることはできたとしても、
恋愛対象には至らないことが多いはずです。
自分が相手を選ぶ場合においても、生活の安定性を求めるのは当たり前です。

30代の男性の魅力としては、何といっても生活の安定性です。
もちろん、人間性の魅力も惹かれるポイントになりますが、
安心できる要素が多い人ほど、人気を博しているというのが現状です。

20代の恋愛は見た目の魅力に惹かれるのが多い傾向にあります。
ファッションセンスや外見など、生活には直結しない要素が重要視されます。
しかし、30代は内面やステイタス、お金など多岐にわたる要素に注目します。
もちろん、ファッションセンスや外見が良ければさらなるプラスとなります。

images

これからの生活をイメージしてみてください。
毎日生活を営むのにお金に対する心配をする状況になるのか、
悠々自適な生活が送れるのかでは、生活の質に対する満足度は雲泥の差となります。

30代の男性と恋愛をするということは、自分が一緒になった時の想像をするのも多く、
生活の状況がどのようになるかという将来に対する魅力は、
パートナーとしての選択にも大きな影響を与えるのです。

心理的な面での安心感を得ることができるのも重要

将来性は経済的な状況のみとは限りません。
心理的な面での繋がりを得ることができるということは、
大きなストレスを抑制する働きもあるのです。

心の繋がりというのは、年齢を重ねるごとに重要視されます。
長年連れ添ってもらう存在として適しているかを踏まえたうえで、
恋愛対象の有無を検討する女性もいるほどです。
だからこそ、心理的な面での安心感を得ることができるということが、
人としての魅力をアップさせる要因としてみなされるのではないでしょうか。

30代の男性ならではの魅力を持っていれば、おのずと一緒にいたいという女性は増えます。
自分と生活を共にすることによってどのようなメリットがあるかを洗い出すことで、
これから加えるべき課題が見えてくるのは言うまでもありません。