大人の包容力を持っていることは武器になる

30代のモテる男は、若い男性にはない包容力があります。
つまり、懐が深いという人間性を持ち合わせているのです。

女性が信頼したい存在になるということは、人徳を得ることに等しいのです。
外見を磨くことも重要かもしれませんが、
結局はメンタルでの繋がりの強さに魅力を感じて、人は惹かれあうものなのです。
だからこそ、包容力という武器を身に着けることによって、
女性からの人気を勝ち取るトレーニングを積むべきではないでしょうか。

MensS

ただし、包容力をすぐに高めることは難しいのが現状です。
どのようにすると頼れる存在になるかを学ぶことこそ、
包容力をくすぐる男性の扉を開けることになるのかもしれません。

まずは傾聴することが前進となる

包容力がある男性というのは、聞き上手であることも考えられます。
つまり、傾聴態度が良いからこそ、どんどん深い話ができるのです。
女性は自分の本心を語ることができる相手に対して心的な充実感を得ます。
それこそが、包容力に包まれる瞬間なのです。

こうした変化を起こすためには、人の話をよく聞くということを積み重ねる必要があるのです。
モテる男性は傾聴のスタンスが確立されており、
女性が話したいという内容を容易に引き出すことができます。
ただし、男性側は聞き役となり、話すのは女性というルールを守る必要があります。

いつまでも自分の話ばかりをする男性はモテないのは、
男女の関係を作り上げる際に、役割が合致しないからではないでしょうか。
通常は女性が何気ない話題を取り留めもなくし続けることができるというのが、
会話の盛り上がりに必要となります。
その立場が逆転しまうのであれば、おそらく女性はストレスを感じているかもしれません。
「自分のことを聞いてほしいのに」と思われてしまうようでは、
会話のスタンスは間違っているのです。

まずは傾聴の姿勢を養うことによって、
女性からの発信を受け止めるという行動を丁寧に行うことこそ、
包容力のある男性として認められるのです。

女性の気持ちが落ちている時ほど狙い目

恋愛を成就させるにはタイミングが重要です。
誰でもタイミングが良ければ、イケメンでなくても綺麗な彼女を手に入れることができるのです。

女性は気持ちの起伏が激しいものです。
そのバイオリズムをしっかりとらえたうえでアプローチを行うことによって、
自分にとってプラスになる存在としてイメージを焼き付けることができるのです。

how

そのタイミングというのが、女性の気持ちが落ちている時なのです。
仕事の失敗、恋愛の失敗、生活に対する充実感の欠如など、色々な理由があります。
それをどのように解決に結びつけるかによって、あなたの株は一気に上がるのです。

女性の気持ちをとらえるには聞き上手が鉄則

自分のことばかりを気にする男性は、30代になるとモテない傾向が強まります。
一方、気配りに長けて相手の話を聞く男性ほどモテる傾向にあるのです。

女性は自分の話を聞いてほしい。
もしくは、自分に対して共感してほしい。

時には明快な回答が欲しい時もあるのです。
そんな気持ちの動きに合わせてくれる男性ほど、頼れる存在として意識します。

お金や地位や名誉ではなく、自分に寄り添ってくれるパートナーほど、
30代の男性としての魅力を秘めていると感じられるのです。

それを磨くのが傾聴態度です。
子宮内膜症意識して相手の話に耳を傾けていくことができるようになると、
相手も自分との時間が心地よいものに思えてくるのです。

マイナスの感情をプラスに変える魔法を持つ

相手の心理を上手にとらえることによって、感情のコントロールをできるようになります。
それこそが、頼れる男性としての魅力を引き上げるのです。

相手が何らかの悩みを抱えているとします。
それをいかにして解決へと向かわせるかが、モテる男性としての証となります。
マイナスの感情をプラスに変えることができる男性ほど、
好意的な態度で接するようになっていくのです。
それが、女性の正直な行動なのです。

好意を獲得するためにも傾聴態度と打開策の提示が、
男性らしさをアピールするポイントとなるのかもしれません。

性病リスクを抱えている男性は絶対にモテない

性病といっても色々なものがありますが、生活習慣が原因となるものも存在します。
亀頭包皮炎などがその一つであり、生活習慣が症状の活性化に関与しています。
性行為で相手にも感染を及ぼす可能性があるものなので、男性はしっかり治療すべき。
もちろん、女性が性病を抱えている場合があるので、性行為の安全性を確認するのも、
お互いを信頼する上でも重要視されています。

性病を抱えている男性は、不衛生という場合が多いのも事実です。
毎日仕事を一生懸命に取り組んでいたとしても、身の回りにも配慮が必要です。
その気配りができてこそ、大人の男性としての魅力がアップするのです。
生活での配慮がおろそかになってしまうと、おのずとモテる要素が欠けてきます。
そこに性病というリスクが加わると、恋愛対象としては除外されたも同然です。

married-couple-date-night

男女の仲を深めることになる性行為ができなくなってしまうと、
お互いにストレスを抱える場合が多いのも事実です。
ストレス発散や、相手との繋がりを深めるものだからこそ、恋愛関係を結ぶ対象に、
セックスが上手な男性を掲げる女性もいるほどです。

それが、性病という障害があると、我慢だけが増えてしまいます。
お互いに発散できずに我慢が増えてしまうと、浮気の原因にもなります。
モテる男は相手のハートをがっちりつかみますが、モテない男は相手を自分に向かせ続けることができません。

その差は、人としての魅力を決める上では重要なポイントとなります。
魅力的な人と思われたいのであれば、性行為でハートをつかむのも作戦に盛り込みつつ、
女性との距離を縮めていくのが大切です。
だからこそ、性病にかかっている暇はないのです。

仕事が忙しく、睡眠のリズムが狂ってしまうと、たちまち性病が表に出てくることもあります。
元々は常在菌であるカンジダが悪さをすることによって、性病に至ることもあるのです。
それが、性行為を通して相手にも感染してしまうため、十分な配慮が必要なのです。