相手の好意を見抜くことができるテクニック

モテるためには、自分がどのように思われているかを察知する必要があります。
いつまでも脈がない女性とのやり取りを繰り返しても、
状況が好転することは非常に少ないのです。

ですから、ある程度の見切りをつけることができるようにならなければ、
自分に振り向いてくれる女性を見つけられることはできないのです。

cou

では、どのようにして自分に対する感情を察知するのでしょう。
それは、好意の度合いをチェックするということが良いのです。
あなたに対してどのような感情を抱いているかがわかるようになると、
攻めるべき人物であるかがわかるようになります。

恋愛心理学でも好意についてのポイントを押さえた方法で、
自分に対する思いを知るという視点があります。
まさにそのポイントを知っておくべきなのです。

相手の好意を知るポイント

相手が自分のことをどのように思っているかを知るポイントがいくつかあります。
その1つが自分との会話に対する記憶力です。
自分が話した内容がどれだけ覚えていてもらえるかを確認することで、
好意の有無を知ることができるのです。
何気ないやり取りでもしっかり思い起こして話してくれるということは、
自分との時間が記憶として刻まれている証拠なのです。

相手の態度を見るlのも好意を見極めるポイント。
特に、姿勢に注意を払い、自分の話をしっかり聞いてくれているかを確認すべきです。
何かをしながら聞いているようでは、あなたの話の重要性は低いのです。

さらに好意を考えるのであれば、自己開示的であるかを知る必要があります。
あなたが相手のどこまでを知っているかによっても、打ち解けているかが判断できます。

会話の中で好意を知るポイントも存在します。
それは、会話の割合です。
自分の発言に、相手が多くのことばを投げかけてくれるのであれば、
会話の内容をしっかり聞いていることになります。
自分が聞き手にまわるくらいのやり取りの多さがあれば、
相手はあなたに好意を抱いているかもしれません。

好意の向け方からモテるための要素を学ぶ

人との関係性を作るのであれば、好意を抱く心理を踏まえた自分作りが、モテる男の条件となります。
人が好意を持つという視点は、1つではありません。
複数のポイントを押さえることによって、自分に合っている存在であると認識するのです。

people-talking

好意を持つポイントを3つ、ここではピックアップして紹介します。

外見

誰でも女性にモテるためには、ある程度外見を綺麗にしようという意識が芽生えます。
自分の意識次第で、すぐに変えることができるのが外見です。
ファッションは少しの気遣いで多くの効果をもたらします。
内面を磨くのも大切ですが、最低限の見た目を確保するのは、大人の男性としては大切です。

過去に紹介したこちらにも、ファッションの重要性が載っています。
http://xn--obk6f7cx544a.net/?p=2250

女性に引かれないファッションセンスを磨くことによって、
好意を抱かせることができるかもしれません。

類似性と相補性

どちらかというと自分と似ている点が多い方が、好意を抱きやすい傾向にあります。
ただし、相反する部分に惹かれるという場合があるので、
類似性と相補性のどちらで攻めるべきかを考えながら接すると、
相手との距離を縮めることができるようになります。

好意を持って話しを展開させるには類似性。
自分にはない魅力として相手から注目させるには相補性。
といったような位置づけで、自分をアピールするのが良いでしょう。

共同作業

合コンなどで食事を共にするようなケースでは、意図的に共同作業を行うことによって、
好意を引き寄せることができるようになります。

簡単に仕向けるのであれば、お皿を持ってもらって料理を取り分けるのが良いでしょう。
なかなか恥ずかしくて会話が弾まないという奥手な方であっても、
「ちょっと手伝ってもらってもいい?」と声をかけることができるでしょう。
相手も気配りができる人だという認識を植えつけることができるのも魅力的。

こうした小さな共同作業が、相手の好意を引き寄せるのです。

まとめ

人の好意は自分のアプローチ次第で大きく変化するのです。
色々な感覚を通して、理屈で考えることなくついつい意識してしまうような存在になることが、
モテる男としての魅力を相手に伝えることができるのでしょう。

女心に気づけない男性ほどモテない

女心に気づくことができない男性は、それだけで魅力が失われてしまいます。
特に恋愛感情を失ってしまうようなイメージが当てはまるのであれば、
すぐにでも改善の方向性を見出すべきではないでしょうか。

images90

30代は人間的にも充実した時間を過ごす時期でもあります。
それまでに経験してきたものが、人間性にもにじみ出る時期となるのです。
だからこそ、意識的に女性にモテるための気遣いを心得ておくことが、
モテる男になるための条件となるのです。

女性からの好意を見抜く力は重要

せっかく出会いのチャンスがあったとしても、女性の心理に気づくことができなければ、
チャンスをものにすることができなくなってしまいます。

まずは女性からの好意に気づくことができるかを分析することによって、
アプローチすべきタイミングがわかるようになります。

男性からのアプローチを待っているのが一般的な女性です。
肉食系と言われている女性はどんどん自ら行動に出ることができますが、
そのような出会いは少ないとみて、男性側からのアプローチをかけるのが妥当です。

自分に対する好意を持っているか否かは、会話の中での態度に表れます。
自分ばかりが話をしなければ会話が成り立たないのであれば、
まだまだ期は熟していないと見るべきです。

相手が話題を展開しているのであれば、気を許し本音で語っている証拠です。
自分が聞き役にまわり、相手が楽しく話すことができるかを見るだけでも、
好意の有無を確認することができるのです。

女々しさはすぐに捨てるべき

過去の話題や仕事の話題など、いつまでも愚痴のような話題を進めるのは、
相手にとってもストレスがかかってしまいます。
できるだけ女々しく会話を展開させるのではなく、
相手にとって価値ある話題を提供できるようになることが重要です。

女性は度胸がある男性に惹かれます。
女々しく自分が男性を先導しなければならないというのは、
いくら母性本能が強い女性であっても恋愛に発展させたいとは思いません。
だからこそ、頼りがいのある人間性を磨くのが重要です。