過去の恋愛話をする場合の鉄則

恋愛感情を深めるためには、過去についての清算が終わっているかを確認すべきです。
もしも心残りがあるのであれば、自分のものにしきれないという結末も待っています。
自分だけのものに独占したいという意欲があるのであれば、
過去の恋愛話についてもやり取りが行なえるのが理想的です。
内容によって「心ここにあらず」の状態であるかがわかります。

本気で恋愛をするべき相手なのか、体だけの関係なのか、
相手の心情から読み取ることもできるはずです。
モテる男は自分にとってどのような存在になるかを瞬時に判断するため、
彼女を作るにも、体の関係のみの相手を作るのにも長けています。

一見都合の良い相手として考えられますが、
実際にはお互いの利害関係が一致しており、充実している場合がほとんどです。
できれば30代を楽しみたいと考えている方も多いはずなので、
彼女もしくは体の関係であっても、日常に潤いが欲しいのが常です。

PWH48-01_PWH48-2

さて、相手の心情を読み取るために恋愛話をすべきと語りましたが、
自分の過去についてを話さなければいけないことも少なくありません。
ただし、自分の話はシンプルにするのが相手に安心を与える鉄則です。

相手が聞いてきたことを最低限返し、
自分には過去の恋愛はすっぱりと別れを告げたことをアピールすると、
女性の心理をかきたてることができるようになります。

女々しくいつまでも過去の恋愛を引きずっているようであれば、
恋愛対象から外れてしまう場合も少なくありません。
できるだけ新たな恋愛対象として見てもらえるように、クリーンな一面を見せるのが、
モテるための鉄則であると考えるべきなのです。

会話の内容一つ取っても、過去の恋愛話を長々語るような男性は引かれます。
できるだけ良いお友達から深い関係に発展できるようなやり取りを意識することで、
限られたチャンスを確実にものにすることができるのです。

自分の言動が魅力を減らしてしまうことがあるという意識を持っていれば、
恋愛感情を効率よく抱かせることができるようになります。
そのテクニックがわかっていれば、モテる男になることもできるはずです。

モテる男は相手の頭にイメージを残すことができる

新たな出会いの場面になると、どうしても緊張してしまう方も多いはずです。
しかし、いかにして飾らない自分を見せられるかが、本質的な魅力を知るカギになります。

images22

いくら恋愛対象の候補を探したいからといって、殻の中に入っていては意味がありません。
付き合っても相性が合わずに、すぐに別れを告げられてしまいます。
長続きしたいという望みを抱き、出会いを探す対象にもなる男の30代。
そんな目的にそぐわないような相手は、たちまち恋愛対象から外れてしまうのです。

モテる男は自分の魅力をある程度相手に伝えつつ、引きこむ力があります。
飾らない自分を見せることによって、相手の信頼を手にすることができるのです。
緊張が和らぐことで、引き出せる本音を聞きつつ、相手の魅力に沿った自分像をアピールすると、
「この人のことをもう少し知りたい」という意識が生まれます。

興味を惹くような魅力が見え隠れすると、
違う場面ではどのような姿が見られるのだろうという期待が頭の中を駆け巡ります。

相手の頭に自分を忍ばせることができるようになると、
「気になる」=「好き」という意識も芽生える可能性が出てきます。
もちろん、「好き」という感情を抱かせるには男性側がアプローチをかける必要がありますが、
「気になる」という存在になってから、初めて恋愛対象に発展します。
このプロセスはどんな年代であっても変わりません。

30代のモテる男は駆け引きが上手に行えるからこそ、
女性が自然に惹かれてしまうという魔法にかけられるのです。

日常生活の一部として相手に自分のことを考える時間を宿したのであれば、
あとは、相手の心理を手玉に取るようなアプローチをかけることが、
結果的に成功体験へと繋がるようになるのです。

恋愛に対する緊張感を忘れることなく、自信と相手の心を解きほぐすことができれば、
つかみとしては十分の印象を残すことができるようになります。
それこそが、成功の秘訣と言っても過言ではありません。