心理学に溺れない人に合わせた柔軟性を養う

恋愛心理学をはじめとして、人の心を惹きつけるテクニックは無限に存在します。
当サイトでも多くの情報を掲載しており、モテるためのレッスンを支援しています。

しかし、こうしたテクニックも、使い方を誤ってしまうと意味がありません。
また、一度関係性がまずくなってしまうと、そこから回復するには多くの労力がかかります。

stock

可能な限り失敗のない出会いにするのが、モテるための最低条件となるのです。
ただ、現実にはいくら努力をしてもモテないという男性がいるのも現状です。

こうした男性は勉強熱心な反面、
型にはまり過ぎてしまうという傾向があるのかもしれません。

たとえば、視線で相手を惹きつけるテクニック。
これは恋愛心理学でも多くの情報サイトで紹介しているでしょうが、
果たして全てが当てはまるかというと、そうではないと感じる方も多いでしょう。

そうなのです。
恋愛心理学をいくら学んでも、その通りにいくとは限らないのです。

あくまで人の心の動きをとらえた学問であって、
100%の結果にはならないという点を踏まえておかなければ、
知識だけ知っていて、心を置き去りにしているということがあるのです。

「~したら相手はあまり良い気持ちにならないのではないだろうか?」と思うか、
「恋愛心理学ではこうだったから、~しなければならない」と考えるかで、
相手のことを考えての行動であるかに差が生じます。

これこそが、モテる・モテないの分岐点になるのではないでしょうか。
どれだけ心理学に対する知識を拡大したとしても、
相手に合わせて柔軟に使うテクニックを変えることができなければ、
実践的ではないと思いませんか?

策に溺れてしまうのではなく、あくまで相手があって何をすべきかを考える手立てとして、
たまたま恋愛心理学を参考にしたというだけなのです。

だからこそ、心理学という一つの知識を過信するのではなく、
相手に合わせた柔軟な対応を行うことが、
恋愛をつかみとるための条件であることを学んでほしいのです。

女性の心理を踏まえた結婚観のイメージ

モテる男は女性の心理を踏まえた行動や思想を固めます。
相手の希望に降り沿うことが上手なのも魅力です。
特に30代の男性と恋愛関係を結ぶつもりでいる女性は、結婚を前提にしていることも少なくありません。

意思表示が曖昧な男性は、恋愛のターゲットから除外されることもあるのです。
つまり、ある程度結婚観について考えを固めている状態でなければ、
一人の女性の心をつかむことも難しくなるのです。

married-couple

男性との出会いを求めている女性にとっては、自分が最後の恋になることを願っています。
ということは、結婚相手として考えることができる思想を持っている男性の方が、
身を委ねたいと思うのが、女性の心理としてはスタンダードなのです。
逆に、結婚をイメージすることができない男性は、一緒に居ても不安が大きくなります。
自分はいつまで独身でいるのだろうという不安が、浮気にも繋がってしまうのです。

女性の浮気は自分の思いと相手の思いにギャップが生じている場合に起こりやすく、
浮気が本気になり、結果的に恋愛関係に終止符を打つことも少なくありません。
もしも一人の女性の心を射止めたいと思っているのであれば、
相手の思想に寄り添う柔軟さを持っていることが、モテる秘訣にも繋がり、
結果的に恋愛関係を結ぶことができるのです。

結婚願望は男性に比べると強い傾向がある女性の心理を踏まえて、
これから先のビジョンを見え隠れさせることが、
結婚を見据えた付き合いができるというイメージを女性に与えることができるのではないでしょうか。

結婚と恋愛に対する意識を並列的に持っている女性の心理を考えると、
今のお付き合いが恋愛の最後であり、新たなスタートを切るための一人として、
相手に求める傾向が強いのです。

「自分は結婚した時にどのようなメリットがあるのだろうか?」と考えると、
生活の安定や相手への気遣いなど、自分なりの魅力が必ずあるはずです。
それを相手にアピールできるようになると、おのずと女性はあなたに惹かれるのです。

女性のバイオリズムを知っておくのも大切

女性はホルモンバランスの変動があるため、気分や体調が変わることがあります。
それを予め知っていれば、いつもと違った雰囲気の時に手を差し伸べることができます。
鈍感な男性は、女性の心をつかむことができません。
敏感に察知してことばかけを行うだけでも、ライバルとの差をつけることができるようになります。

index

特に生理前はイライラしやすいことがあります。
いつもは穏やかな女性でも、明らかにピリピリしている時があります。
男性には生理がないため、体調によって気分の起伏が激しくなるという体験がありません。
だからこそ、共感しかねるのが女性のバイオリズムの変化による、気分や体調の変化なのです。

そこに気づける男性は、気まわしの良い男性という印象が持たれます。
たった一言、「今日、調子大丈夫?」と声をかけるだけでも、
「自分のことを見ている」という気持ちになるのです。

女性の気持ちを分かってあげることができるようになれば、寄り添い方も変わります。
自分にはないものであっても、敏感に察知することが大切なのです。

女性はアンバランスであると思うべき

女性は心が動きやすいものです。
男性にも「熱い男」は稀にいますが、女性のような感情の変化に富んでいることは少ないのです。

まずは恋愛心理のテクニックを磨くためにも、女性のアンバランスさを察知することが、
モテる男になるための近道と考え、包容力のアピールを行うべきです。
精神的な支えが大きな魅力となるのが30代の男性です。

結婚を視野に入れて付き合いを考える年頃の女性にとっては、
包容力ほど魅力的な要素はありません。
安心して生活が送れるようなスタイルを持っている男性は、
それだけでも男らしさを感じることができるのです。
もちろん、経済的な包容力、身体的な包容力があるとさらに効果的です。

生理周期だけでなく、会社のストレスによってもアンバランスな状態になります。
こうした心理的変化に寄り添うことができてこそ、モテることができるのです。