恋愛心理学的に深い付き合いになるのが理想

人との付き合い方は、それぞれ自然にタイプ分けをしているものです。
それは、自分の立ち振る舞いを考えるうえでも重要ですし、
恋愛感情の有無を切り分けるためにも重要です。

CoupleTalkingLakeWeb

日常的な付き合いをするだけの関係や、仕事での付き合いは、
恋愛に発展することは少ないでしょう。
それは、自分が一線を引くことができるからです。

遊びという感覚で付き合いしている人は、恋愛に発展する可能性もあります。
そこで深い話ができるかどうかで、恋愛対象への移行を果たすのです。
つまり、いつも遊んでいる仲間との恋愛に発展するというパターンは、
いかにして心を通わせるかを突き詰めた結果、恋愛がスタートしたのでしょう。

裏がある付き合いというのも男女の関係には存在します。
お金が目当てであったり、体が目当てであったり、
恋愛感情を伴うこともあるのですが、真実の愛ではない場合があるのです。
どちらかというと、自分の心に隙間ができないようにするのが、こうした関係です。

ただ、モテる男は裏がある付き合いをするのが非常に長けています。
一夜の関係でも良いです。お互いがそう思っているのであれば。
そんな感情も踏まえたうえで、上手に人付き合いができるのは才能です。
ただし、こうした関係を希望するのであれば、あなたも目的意識を持つことで、
それに合致したパートナーを見つけることができるはずです。

こうした色々な付き合いのパターンがあるほか、
本音が言いあえる、需要と供給が一致した関係こそ、
純粋に恋愛感情を抱くべき相手として認識するのかもしれません。

恋愛の感情を抱く条件の中にも、
自己受容と自己開示が行なえる存在が重視されているように、
損得勘定を別にして、本音でことばを交わすことができる相手を、
恋愛候補としてみなすことが、恋愛心理学の観点からは証明されています。

つまり、心と心を通わせることができるような相手ほど、
恋愛感情を抱きやすいという傾向がわかります。
これが、恋愛心理学から見た人の心の変化なのです。

恋愛は短距離走であってはいけない

恋愛をするには根気が必要です。
それができない男性は、何らかの理由で別れを告げられることが多いのではないでしょうか。
モテる男は、相手の心を自分に引き止める魅力を持っています。
自分が長く寄り添っていたいと思うのであれば、意のままに相手の気持ちを繋ぎ止められるのです。

つまり、恋愛を長距離走のように、一定のペースで寄り添うことができるのです。

人は気分が移り変わるものです。
それでも同じ人と一緒に居られるというのは、ある意味大きな才能でもあります。

情熱的な恋をしたとしても、冷める感覚をしってしまうと、相手の魅力が半減します。
一方、じわじわとお互いの距離を縮めてきたような出会いは、
恋愛が成就したとしても、その後の関係は変わらないことが多いのです。

dd

恋愛は心の動きが大切。
でも、動いてばかりでは疲れてしまいます。

長距離を走っていられるような距離感がなければ息が詰まってしまうのです。
だからこそ、過度な干渉は禁物。
大人なのですから、ある程度の節度ある行動は尊重すべきです。お互いに。

心にゆとりがなくなると、相手の悪いところばかりを見てしまいます。
それがまさしく恋愛の短距離走なのです。
お互いに気持ちが惹かれあう時とは正反対の行動に出てしまうので、
「別れる」という選択肢に繋がるのでしょう。

逆に、心にゆとりを持って相手に合わせることを意識すると、
おのずと相手も自分を気にかけてくれるようになります。
実は、恋愛もギブ&テイクの関係が落ち着くのです。

だからこそ、長距離を走り続けられるような起伏の少ない距離を保つことによって、
結婚というゴールを迎えることができるのでしょう。

いつも短命に終わってしまう恋愛ばかりを体験しているのであれば、
寄り添うということを意識してみましょう。
尊重するのは自分はなくパートナーなのです。
それを忘れずに接することができるようになれば、恋愛の寿命も長くなるでしょう。
スローペースでも焦らずに寄り添うことこそ、モテる男の条件なのです。

メールを用いた繋がりの確認について

気になる女性からメールアドレスをゲットしたのであれば、
ある程度のコンタクトを取っておく必要があります。
何かのアクションをしなければ、出会いのきっかけを広げることはできません。
行動力のある男性こそ、モテる可能性を秘めています。
自分で待っているだけでは、チャンスを手にすることはできないかもしれません。

メールアドレスの交換ができたのであれば、まずは挨拶がてら連絡を行うことが、
これからの発展に大きな影響を与えるかもしれません。

co

自分の願いは恋愛の成就です。
ただし、それを前面にアピールしてしまっては、痛い男性にしか感じられません。
ある程度出会いに対する焦りを隠しつつ、ゆとりがあるスタンスを貫くことが、
女性にとっても安心できる存在として考えられるようになります。

重いと感じられてしまうと、たちまち相手の心が離れていきます。
最終的な目標が恋愛の成就であっても、
真意は隠しつつ、虎視眈々と機会を伺うのが良いでしょう。

メールでのやり取りに盛り込みたいこと

せっかく気になる女性とメールでやり取りができるのであれば、
是非ともデートの約束はしたいものです。
ただし、たった1日のやり取りで結論を急ぐのは論外です。
あまりにも出会いに飢えていると、結論を急ぐあまり、すぐに合うことを考えてしまいます。

一方、女性は自分を軽い女に見られたくないからこそ、
初めは差しさわりのない関係が心地よく感じるものなのです。
そこから距離を縮めるためには、度重なるアプローチが重要なのです。

メールでの内容に盛り込みたいのは、次の内容を返すような構成が重要です。
自分の報告だけで終わってしまうと、相手も「もう続けなくて良いだろう」という気持ちになります。

そこを、「返信しなければいけない」という状況にさりげなく変えることができると、
メールでのやり取りの頻度も増える可能性があります。
ただし、質問攻めのメールは絶対に止めましょう。
自分が受け取って引くような内容の文面であれば、当然相手にもマイナスとなります。
だからこそ、会話に盛り込む内容は、相手との距離を縮めることができるもので、
ある程度の回数をやり取りするべきなのです。