恋人ができない理由を探って自分を変える

なかなか恋愛に発展するような出会いに至らない場合には、
自分にも原因があるかもしれないと考えるべきです。
出会いの機会が少ないからと嘆いているというのであれば、
自分が行動していない証拠ではないでしょうか。

index

甘えることなく恋人は自分で勝ち取る勢いを持っていなければ、
新たな出会いのチャンスはなかなかつかみ取ることができないと考えるのが一般的。
それ以前に、自分が抱えている恋人ができない理由を分析することによって、
明日からでも自分を変える努力を行うのがお勧めです。

男性が背負うべきものを知る

男性としての役割をしっかり持っておかなければ、いつまでたっても恋人はできません。
女性は「誘われる」という行為を待っているのが一般的。
だからこそ、いつまでも相手のアクションを期待するのではなく、
どんどん積極的にアプローチをかける必要があります。

草食系男子と言われるような、女々しさがある場合には、
それだけで恋愛対象から外れてしまうことがあるかもしれません。

つまり、振られたり、傷つくというリスクがあったとしても、
臆することなく何度でもチャレンジする精神が必要になるのです。
それこそが、男性が背負うべきリスクなのです。

相手の理想を一段階下げてみる

誰しも魅力的な相手に出会いたいと考えてはいるものの、
現実には妥協するポイントがいくつかなければ、出会いに至らないということがあります。

できるだけ注文は少なくシンプルにすることによって、
照準を少し広く見るだけでも、身近に理想に近い人がいるかもしれません。
理想を一段階下げて見ることによって、今までとは違った人の見方ができるようになります。

そこから掘り下げて魅力を発見することによって、
今までは気づかなかった理想にたどり着くこともあるのです。
それが最高の恋に繋がることも少なくありません。

相手の仇を見つけるのではなく、どのような良いところがあるかを探すことで、
恋愛に発展するような魅力を見つけることも簡単になります。
足かせを外すことによって、恋愛上手な自分に変わることも夢ではないのです。

お金のだらしなさはモテない第一条件

お金にだらしないという状況は、モテない要素の第一条件となります。
使い方に配慮するだけでもモテるポイントになるお金の事情。
30代の男性にとっても魅力を打ち出すか否かは、
個人の考え一つで左右されるということになるのです。

お金の使い方でだらしない男性は、貯蓄などの蓄えにも影響します。
それを防ぐためには計画的な利用が大切です。
いつも浪費ばかりしてしまうのは、女性からすると一緒になりたいとは思いません。
将来のイメージを想像しながら恋愛対象を選択しようとする女性は、
浪費が多い男性を恋愛対象から外す傾向があります。

images11

男性からしてみても、金遣いの荒い女性は願い下げと思っているはずです。
女性が男性を選択する場合にも同じことが言えるのです。

お金を計画的に使うテクニックを持っておけば、
必要な場面のみに注力させることも可能になるのです。
女性が嬉しいサプライズをするにも、お金が必要なのは事実です。
惜しみなく利用することができる余裕が持てるようになれば、
臆することなくモテる条件を存分にアピールできるのです。

モテる・モテないのポイントは人によっても異なりますが、
隠しきれないのが経済的な余裕です。
クレジットカードを持っていたとしても、羽振りの善し悪しはすぐに分かります。
質素な生活を送るというのが悪いわけではありませんが、
お金に対するだらしなさが原因となっている場合には魅力が失われます。

将来の生活を夢見て付き合うことができる男性こそ、
生活に対する余裕を含めて自立した大人としての魅力が見られるのです。

わざわざ自分でモテない方向に向かうよりは、少しでもリスクは減らしたいもの。
真っ先に浪費癖を自粛することによって、相手に与える印象も異なります。
効率良く使うことも大切ですが、基本的には理性を失わない使い方こそ、
お金にだらしないとみなされない自分との出会いに繋がるのではないでしょうか。

つまり、限られた資源をどのように使うかによって、人としての魅力が形成されるのです。

仕事ができる男はモテる傾向アリ

仕事ができるということは、それなりのステイタスになります。
仕事ができる=モテる男に直結するわけではありませんが、
モテる要素が存分に秘められているといっても過言ではありません。

38

仕事の効率が良い男性は、
恋に対する効率を分析して行動することによって、
モテる男へと成長を遂げる可能性があります。

相手の女性がどのようなことに対して喜びを感じるかがわかると、
自分ができる最大限のアプローチを考えることができるのです。
サプライズが上手な男性は、仕事の営業トークがうまかったり、
効率的に仕事をこなしながら成果を出しているはずです。

部下の育成など、人とのやり取りを通して仕事の成果をあげている場合には、
女性と打ち解けるまでのロスが少ない傾向にあります。
出会って間もないのに、どんどん本音で話すことができるようになると、
女性側も頼るべき部分が増えてきます。

ただし、自分の愚痴をこぼしたり、
経済的な裕福さ、仕事ができるといった自慢をしてしまっては、
たちまちモテない男の仲間入りをしてしまいます。

あくまで聞き手になりつつ、適切な対応ができる男性こそ、
モテる男としての魅力を発揮するのです。

接遇能力に長けている男性は、
女性の扱いにもスキルを活かすことができます。
どうすれば女性が喜ぶかを優先的に考えつつ、
自分の行動をコントロールすることができるのです。

自分自身をコントロールすることは、
モテるためには必須事項ともいえます。
相手に合わせつつ、望まれるべきものを汲み取って行動できるだけでも、
女性は寄り添いたいと思ってしまうのです。

女性を仕事に見立ててしまうのは魅力的ではありませんが、
魅力的な相手を手に入れるための策を自分自身で目標を立て、
どのように行動できるかを考えることによって、
成功への道筋を辿ることができるようになります。

仕事をこなすというプロセスに慣れていると、
恋愛に対する攻略法の糸口が見えてくることも少なくないはずです。
だからこそ、仕事ができる男性は、
異性との出会いに対しても秀でた部分を発揮するのです。