違う角度で相手を見ることが大切

いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。

いくつになっても褒められるのは嬉しいもの

大人になるとどうしても褒められる機会が少なくなってしまいます。
何もできない幼少時のころは、何をするにも褒められたものです。
リモコンを取るだけでもたくさん褒めてもらうなど、
誰しも成長の過程で体験したのではないでしょうか。

さて、大人になってからの褒められる頻度を確認してみると、
一週間に全く褒められたことがないという方も多いでしょう。
ただ、誰でも人は褒められたいものなのです。
ことばだけでも頑張れるのが、前向きなことばかけ。
つまり、ことばの魔法をかけることができるほど、
モテる男性として見られる可能性があるのです。

images (5)

褒め上手になることによって、相手の良いところを見つける目を養うことができます。
人をけなすのは簡単ですが、良いところを見つけていくということは、
意外とを慣れなければ難しいのです。
まずは相手の褒められるところをたくさんピックアップしながら、
相手に伝えることを丁寧に重ねてみましょう。

その一言が、相手の心を動かすきっかけになるかもしれません。

褒めるためのレッスンは自分一人でも行える

人を褒めるというのは、ある意味癖をつけなければ難しいものです。
可能な限り相手の良いところを瞬時に見つけることができると、
それをことばにして伝えることができるようになります。

まずは自分ひとりの時間を使って、相手を褒める練習をしてみましょう。
方法はいたってシンプル。とことん人の良いところを列挙するのです。

では、実際に練習をしてみましょう。
1枚のメモ用紙を用意して、対象となる人の良いところを10個考えてみましょう。
数個の列挙は簡単ですが、10個列挙するというのは意外と難しいものです。
ただし、慣れてくると人の良いところがいくつもあがるようになります。

それは、人を見る着眼点が多様化している証拠です。
こうしたレッスンを行うことによって、人を見る目が変わります。
自分自身の成長のためにも、是非とも実践してみましょう。
それが、相手を褒めるポイントをつかむヒントに繋がります。

相手を褒めることができるほど恋愛に有利

年を重ねると、なかなか褒められる機会は減少します。
特に30代になってしまうと、できるということが当たり前ということが多いため、
さらに褒められる機会は減少していくのです。

0

ただ、誰もが褒められたいという気持ちを持っています。
子供のしつけも叱りながら行うよりも褒めて行う方が効果が高いというのも、
心理的な作用が関係しているのかもしれません。

人をけなすよりも褒める方が何倍も大変です。
自分の身近な人の悪いところを見つけるのは早くても、
いいところをいくつも考えるとなれば時間がかかるでしょう。
それでは恋愛に不利だということを知るだけでも、人としての成長が期待できます。

まずは試しに人を褒めるというレッスンを、自分自身に課してみて下さい。
それを乗り越えることによって、人を見る視点が新しくなります。

相手を褒めるレッスンは心を育てる

心を育てるということは、人としての魅力を磨くに等しい行動です。
30代を超えても、まだまだ心を磨くことは可能なのです。

身体を鍛えることは難しくても、心を鍛えることはいつでも可能です。
そのレッスンを自分に課すことによって、人を見る目が変わります。
それが、あなた自身の魅力としても見られるようになるのです。

レッスンの方法はいたって簡単。
ある対象を一人決め、考えられるだけ褒められる部分をあげるのです。
紙に書き出してみると、どれだけイメージできたかが明確になります。

褒めるべきポイントが10個では少なすぎます。
できれば20個を目指すくらい細かなところを見ることができるようになると、
人の本質が見えるようになってきます。

相手を褒めるということは、相手の本質を見なければイメージが続きません。
表面上の魅力ではなく、その人が持っている深層の魅力を引き出すためにも、
日頃から人を見るという鍛錬を積むことが、恋愛の成功にも繋がります。
意識して行動することによって磨かれる心は、同性から見ても魅力的に映るでしょう。
いくつになっても芯の通った人の方が、圧倒的人気を誇るのです。