インパクトを与えてモテる男になる

ことばを覚えるというのはインパクトが必要。
子どもが言語発達を行う上での鉄則でもあり、
多くの両幾機関で保護者に説明されるものでもあります。

しかし、ことばの習得のみに活かされる概念ではなく、
恋愛感情を抱くか否かを左右するにも、
インパクトの有無が関係していると考えられています。

85

合コンに行った際に印象に残るのは、何らかのインパクトがある異性です。
見た目が明らかに綺麗な女性だけでなく、
性格的にも特徴がある女性が意識に引っかかることは珍しくありません。

つまり、いかにして記憶に残すことができるかを追求することによって、
モテる男の要素をつかみとることができるのです。

なかなか合コンでも注目されないというのであれば、
相手の記憶に鮮明に残る何かを用意すべきです。

楽しさだけでなく、親身になって本音で話し合えることも重要。
趣味の話など、共通のネタを有しておくこともインパクトに関係します。
人の記憶は手掛かりがあるとどんどん思い出すことができます。
つまり、相手の記憶にとどめることができる特徴を前面に出すのが、
イメージを残すには有利に働きます。

合コンで知らない男女が出会ったときに、
記憶に残るのは何らかのインパクトがある異性ではないでしょうか。
いくら癒し系だからといって、話を聞いているだけの存在は、
名前すら覚えていないという結末になることも少なくありません。

明確に異性の記憶に入り込むためには、自分を売り込む要素が必要。
簡単に演出するには意外性を持たせるのが効果的です。
2面性のある異性はついつい気になってしまいます。

まじめなのに突然面白いことをするという男性は、
女性からの注目を浴びることも少なくありません。
逆に、いつもふざけている男性であっても、
親身になって自分の悩みに対するアドバイスをしてくれると、
頼りがいのある存在として一目置くようになります。

こうしたギャップを手にすることができるようになれば、
大人の魅力を相手に伝えるインパクトを得ることができるはずです。

お互いを補い合える相手になるのもモテる秘訣

共通項がある異性を好きになるというのは、誰もがイメージできますが、
お互いに足りない部分を補い合える場合でも、
恋愛や結婚の対象としてモテる傾向があります。

つまり、相補性という要素があることによって、
人は魅力に惹き込まれることがあるのです。

29

共通項があるという類似性と相反する部分で補う相補性。
そのどちらかがあることによってお互いの結びつきが維持されます。

人によってどちらを重視すべきかのバランスは違うものの、
恋愛するのであれば類似性を、結婚するなら相補性をと決めている人もいます。

一生を共にするのであればどちらのタイプが良いかが決められると、
パートナー選びも少しだけ楽になります。
傾向で絞り込みをしていけばいいだけになるからです。

一般的にもどうして付き合っているのだろう?と思うカップルを、
街で見かけることは少なくありません。

頑固そうなタイプの男性と、やんわりとしている女性。
そんな一見すると全く違った部分が明確なカップルは、
意外にもうまく調和が取れているため、安定した継続ができるのです。

自分がどちらかを重視するかによっても、
選択するパートナーは大きく変化します。

今までの傾向がどうだったかを分析することによって、
自分が「好き」というタイプがはっきりするはずです。

全く性格が違うからモテないというのではなく、
それが逆に魅力的となる場合もあるため、
お互いの恋愛観についてを話し込む機会があると、
気になる相手にモテる要素が大きいかがわかるはずです。

人が惹かれる要素の特徴を知っておくだけでも、
モテる要素を大きくすることは可能です。

自分なりの特徴をはっきりさせることによって、
相手が魅力的に思える要素を前面に打ち出すことができます。

類似性と相補性の相反する部分が恋愛に影響させる面白さは、
恋愛心理学の深さを知らしめます。

つまり、どんな男性でもモテる要素があり、
パートナーとして考える相手の傾向を知っておくことが、
成功率アップへと繋がることを指しています。

女性に聞いた!モテる男の条件とは!?

女性にモテる男とは!?
という質問を投げかけました。

ここでは、回答が多いものを3つピックアップしていきます。
ぜひ、あなたと見比べてみてください。

優しさ

優しい=甘やかす
という意味ではありません。

ダメなことをした時にちゃんと怒ってくれるというのが、
女性にとっては心をキュンとさせます。

また、優しさは気配りともいいます。

女性はたいていヒールを履いています。
ということは、男性より歩くスピードが遅いのは当然です。
女性のスピードに合わせて歩いてあげるのが男性の女性に対するマナーです。

こういった気配りのできる男性がモテます。

空気を読む

KY(空気読めない)男は嫌われます。
一人でぐいぐいお酒を飲み、一人で盛り上がって、一人で騒ぐ男性です。

こういった男性は40歳、50歳でも独身の男性が多いです。

精神力

すぐに愚痴ったり、無責任に仕事を投げ出したり、屁理屈ばかりいう男性。
モテないのも当然です。精神力が弱すぎます。

俺はブサイクで、背も低い。だからモテない。

なんていう男性も精神力が弱い男の証拠です。

モテる男は、”常にに前向き”です。

ルックスはそこまで関係ありません。清潔感は関係ありますが。
前向きで、自信満々ならブサイクでもモテます。

精神力で言ったら、サバイバル能力も大切です。

ピンチになってもどう切り抜けるかを考え最善を尽くす。
こういった物事の男がモテる男です。

モテない男の要因も紹介します。

×自慢ばなしが多い

×神経質

×話が繋げられない、会話がすぐ途切れる

×けちくさい

×女とは~~~ と女を知ってるかのごとく話す

×おどおどしていて暗い

などなどがあげられます。参考にしてみてください。