違う角度で相手を見ることが大切

いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。

玉砕が前提でも向かうことが重要となる

相手に対しての勝算がない状態であってもチャレンジすることによって心を動かすことができます。
しかし、失敗するというリスクが付きまとうため、心の準備が必要です。
絶対に大丈夫という証拠のない自信を抱えて臨んでいる時ほど、人生はうまくいきません。

当たって砕けろというスタンスで臨んだ方が、思い切った言葉で思いを伝えることができるのです。
相手にとってはあまり意識をしていなかった存在であっても、
告白の熱さによって、相手の心を動かすことは十分可能です。
少なからず相手が自分のことを嫌ではないのであれば、十分勝算が見込めます。

imag

戦時中の兵士が国のために身を投じたのも、守るべき家族があったからです。
これから守るべき存在として迎え入れるためにも、相手の懐に玉砕覚悟で臨むことは、
潔い姿勢を見せることに等しい行動になるのです。

多くの告白を実践してきたモテる男は、一度のチャンスで終了しないのが特徴です。
何度でもチャンスがあるのであれば告白を続けるのです。
相手も自分の信念に寄り添うようになるのであれば、あとは誘いに応じるのを待つばかり。

魅力的な一面が告白で気づくということも少なくありません。
いつもは穏やかな男性が、自分のために思いを紡いで言葉にしてくれるとなれば、
いくらイケメンではなくても、好意を抱いている場合には勝算が高まります。

確率は0%ではないということを肝に銘じて行動することによって、
相手の心を動かすことができるかもしれません。
恋愛に不可能はないと信じ玉砕覚悟で挑むことが、成功を生む秘訣となるのです。

メールや電話などでも思いを伝えることができる便利な時代。
しかし、思いは言葉にして直接伝えるのが、誠意を持った行動です。
面と向かって言葉を交わすことによって、相手の印象は変わります。

メールや電話などの顔が見えない環境では、真剣さを伝えることは難しいのです。
玉砕覚悟であっても、成就の確立をアップさせたいというのであれば、
まずは直接会って告白するのがお勧めです。

デート中に言ってはいけない2つの言葉

男女のデートは親密になるか疎遠になるかの2つのパターンがあります。
何度でも一緒に出かけたいというイメージを与えることができなければ、失敗とみなすべきです。

Couples

特に、言動一つで感情が冷めてしまうという場合も少なくありません。
そこで、女性に使ってはいけない禁句を2つ取り上げます。
デートを台無しにしないための心得とすることをお勧めします。

一気に冷めてしまう一言

女性があなたに好意を抱いていたとしても、一気に冷めてしまう一言があります。
それが、「別に」という一言です。

一見、日常会話の中で多用しそうな言葉ですが、
相手にとっては失礼に値する表現であることを知っておかなければいけません。
相手の投げかけに対して興味を示していないからこそ、
「別に」という表現に至ってしまうのではないでしょうか。

実は、「別にどっちでもいい」という言葉が隠れているのです。
だからこそ、相手にとっては不快感を与える一言となってしまうのです。

できれば気をつけたい一言

何気ない会話の中で、ついつい失言をしてしまうというのであれば、
予め使ってはいけない表現をピックアップするのが得策です。
それだけでも会話の内容に配慮しながらコミュニケーションを図ることができます。

相手にとっては不快感となる可能性がある言葉はさまざまです。
その中でも、できれば避けたい表現は、「まぁ」という言葉です。
会話の頭に利用することが多い表現ですが、できれば率直に応えるのが誠実です。

「まぁ」という言葉の裏にも、「どっちでもいいけど、まぁ、そっちでいい」といった具合の、
消極的な回答が含まれているのです。
日本語というのは、言葉の裏に意味が隠れている表現が多数存在します。

常日頃から自分が使う言葉に気をつけることができるようになるだけでも、
相手に不快感を与えることなく、新密度を高める会話ができるようになります。

疎遠にならないような立ち振る舞いができてこそ、モテる男になることができるのです。