会話力はネタ収集で成果が決まる

会話をするためには、それなりのネタが必要です。
営業が上手な人ほど、日ごろからネタ収集を行っているものです。

女性を口説くテクニックとしても共通しており、
どれだけ楽しく時間を過ごせる会話力を持っているかが、
モテる男としての魅力を発揮します。

だからこそ、会話力を養うことによって、
女性と長時間話すだけの実力をつけることが、
モテる男への近道を作ることになります。

ファッションがおしゃれ、お金持ちというスタイルだけでは、
女性の心は自分に向いてくれません。
プラスの効果として一緒にいて楽しい時間を作ってくれるという条件が、
モテる男になるか否かを左右するのです。
そのためには会話力が必要不可欠。

ただし、なかなか女性と長く離せないという方も多いはずです。
そのために、ある程度のネタ収集を行いながら、
会話の切り口を作るクセをつけておくのが必要になるのです。

女性は自分の話を聞いてほしいという方が大多数。
つまり、話題提供さえしてしまえば、あとは聞き手となっても良いのです。
これなら、会話がなかなか長続きしないという男性であっても、
十分モテる男になることができるのです。

コミュニケーションが円滑に取れないという場合には、
相手が食いつく内容をリサーチする質が悪いと考えるべきです。

メールよりも直接会話を交わす方が、
圧倒的に大きな印象を与えます。

images

電話でのやり取りも魅力的ですが、
表情をプラスして話し込み、関係を深めるには直接会っての会話は重要。

ここぞという時にどんどん自分を魅力的に見せるためには、
話題が尽きない、まだまだ話したい、という印象を刷り込むのが効果的。

女性側にメリットがあるような会話を展開できるようになれば、
自分が身を削って話し込む必要はなくなります。
イメージとしては、自分で話題に対する話をするのは2割程度でも十分。
女性がどんどん話を進められるようなスタイルが、
会話を続けるにはポイントとなります。

会話力は、自分自身が話す機会を減らしつつも、
長く楽しくいられる力であるとみなすべきなのです。

ホストに学ぶ電話で心を動かす方法

女性は誰でも自分を一番に思って欲しいもの。
だからこそ、電話を使ってどんどん引きこむことで、
気持ちを自分へ向かせるテクニックを覚えるべき。

女性のさびしがり屋な側面を上手に使って営業を行うホストにならって、
効率的なモテる男へなりましょう。

ホストは電話営業が売り上げに大きく関わります。
自分でお客をつかまえなければ、収入増にはなりません。

では、どのようにして電話をかけているのでしょうか?

実は、意外にもホストが電話で話す時間は非常に短い傾向にあります。
ただし、まめに毎日かけるというのがポイント。

メールでのやり取りが一般的になった現代社会においても、
直接話すことによって特別なインパクトを与えるというのが、
ホストの切り口なのです。

こうした営業戦略は自分の恋愛にも効果的。
女性の心を揺さぶる特別な存在になるためには大きなプラスとなります。

女性の心を動かすためにはホストにならって短時間の電話が魅力的。
要は、「押して引く」という感覚を使って、
相手に「もう少し話したかった」という思いを抱かせるのです。

内容はいろいろな切り口があった方がベスト。
日ごろから話題を探しておくことによって、
コンスタントに連絡を取っても会話が途切れないようにするのが、
モテる男を彩るためには重要となります。

相手の悩みを聞くことも大切になりますが、
まずは何気ない話題を切り口にしつつ、
相手にとってメリットのある会話をすべきです。

共通の話題は会話が弾むポイントにもなります。
会話力があれば、短時間の電話ではなく、長電話であっても効果的。

B

会話に自信がないというのであれば、相手に質問をしながら話を進めると、
話していることで安心するというプラスの効果も期待できます。
イメージとしては自分からは2割程度の話のフリで、
相手から8割の話題を引き出すという意識が重要です。

自分から会話の切り口を作っておくのは大切ですが、
結局はこちらが聞き手となるようなスタイルが成功に至ります。
電話を使ってモテる男になるためには、
短時間でどれだけ話し込むことができるかが重要。

盛り下がる前に電話を切るという判断も必要であり、
まめに連絡することから始めてみると、
人気ホスト並みに女性の心を自分に向けることができるはずです。