類似性の法則を上手に利用する方法

人の心をつかむ手段として、自分との共通項を利用した類似性の法則を使うことがあります。
類似性の法則は、初対面の相手など、なかなか会話ができないという男性にも使えます。

要は、自分と相手の共通点を探すことによって、
類似性の法則を用いた距離の縮めが実現できるのです。

さて、共通項を見つけるための会話術についても触れましょう。
話題がなければ、どうしても話しを展開させることはできません。
まずは、さりげなく話し込むことができる内容を学びましょう。

-001

気軽に会話ができる話題をピックアップ

類似性の法則を利用して距離を縮めるにしても、
必ず話題が必要となります。
いくら人の心をつかむことができる心理を知っていても、
運用に至るようなコーディネートをしなければなりません。

日常会話を例に取ると、
「出身地はどこ?」
「血液型は?」
「兄弟は何人居るの?」
「休みの日って何してる?」
「得意料理はある?」
「外食は良くする?お気に入りのお店はある?」
「どんな仕事をしているの?」

など、他愛のない内容を切り口にするだけでよいのです。
こうした質問から、自分との共通項を見つけることによって、
「それ、私と同じだね」という合いの手を入れることが重要なのです。

自分と同じような部分があると、不思議と親近感が沸いてきます。
それが、類似性の法則を用いた距離の縮め方になるのです。

相手と同じリアクションをするというのも類似性の法則を用いた応用です。
自分と同じような部分があるというだけでも、心の距離は自然と短くなるのです。

これは、心理学者が提唱した法則であり、
恋愛のみならず、人の心理的変化に関する研究結果が生きているのです。
心理学という視点からも結果が出ていることだからこそ、
恋愛に応用できるようになるのが望まれます。

こうしたルールを知っておくだけでも、人との距離を縮めることができ、
結果的に自分への興味を大きく膨らませるのです。

それが、類似性の法則を上手に活用したやり取りなのです。

恋愛は短距離走であってはいけない

恋愛をするには根気が必要です。
それができない男性は、何らかの理由で別れを告げられることが多いのではないでしょうか。
モテる男は、相手の心を自分に引き止める魅力を持っています。
自分が長く寄り添っていたいと思うのであれば、意のままに相手の気持ちを繋ぎ止められるのです。

つまり、恋愛を長距離走のように、一定のペースで寄り添うことができるのです。

人は気分が移り変わるものです。
それでも同じ人と一緒に居られるというのは、ある意味大きな才能でもあります。

情熱的な恋をしたとしても、冷める感覚をしってしまうと、相手の魅力が半減します。
一方、じわじわとお互いの距離を縮めてきたような出会いは、
恋愛が成就したとしても、その後の関係は変わらないことが多いのです。

dd

恋愛は心の動きが大切。
でも、動いてばかりでは疲れてしまいます。

長距離を走っていられるような距離感がなければ息が詰まってしまうのです。
だからこそ、過度な干渉は禁物。
大人なのですから、ある程度の節度ある行動は尊重すべきです。お互いに。

心にゆとりがなくなると、相手の悪いところばかりを見てしまいます。
それがまさしく恋愛の短距離走なのです。
お互いに気持ちが惹かれあう時とは正反対の行動に出てしまうので、
「別れる」という選択肢に繋がるのでしょう。

逆に、心にゆとりを持って相手に合わせることを意識すると、
おのずと相手も自分を気にかけてくれるようになります。
実は、恋愛もギブ&テイクの関係が落ち着くのです。

だからこそ、長距離を走り続けられるような起伏の少ない距離を保つことによって、
結婚というゴールを迎えることができるのでしょう。

いつも短命に終わってしまう恋愛ばかりを体験しているのであれば、
寄り添うということを意識してみましょう。
尊重するのは自分はなくパートナーなのです。
それを忘れずに接することができるようになれば、恋愛の寿命も長くなるでしょう。
スローペースでも焦らずに寄り添うことこそ、モテる男の条件なのです。

どんな距離でも埋めることができる一本の電話

携帯が発展し、何でもリアルタイムなやり取りができる時代。
SNSやメール、アプリを利用することによって、世界中の人と繋がることができます。
ただ、今も昔も変わらない心を動かすアプローチは、
一本の電話にあるのではないかと思います。

誰かの声を聞くことによって、相手の感情を自分も感じ、
同じ時を過ごすことができる安心感が得られます。

メールなどでは相手の息づかいまでは聞こえてきません。
相手のことばに込めた思いまでを読み取ることはできません。

もちろん、会って話すことができるのであれば、
もっとたくさんの情報を感じながらお互いの距離を縮めることができます。
それができない環境にあるのであれば、
是非とも一本の電話に、自分の思いを乗せてみてはいかがでしょうか。

離れているからこそのアプローチを知る

男性2人組のシンガー、C&K。
その中でもヒットを記録した「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」の中にもあるように、
会えない時間をどのように過ごしていたとしても、
一本の電話で空白の時間を埋めることができるやり取りができるのです。

C&K「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」

近くの存在をついつい大切にしてしまいがちですが、
遠くの相手であっても、あなたの心の動きをしっかり伝えることができるのであれば、
相手の心を動かすことができるのではないでしょうか。

会えない時間や距離は、自分たちに与えられた試練かもしれない。
会えない苦しさや寂しさがあるからこそ、相手を思いやる気持ちが強まります。

何でもないようなことで不安になることもあるでしょう。
それは、相手を思っているからこその感情なのです。
それが安心に変わるような出来事があれば、
きっとあなたのことを大切に思う出会いが、距離に関係なく芽生えるのではないでしょうか。

call4

30代のモテる男は、相手との距離に隔たりを感じるのではなく、
それでも誠意を見せて相手を振り向かせることができるのです。
是非とも、一本の電話から心を通わせることを、恋愛のテクニックとして備えましょう。