オープンとクローズの質問を巧みに操る

人との会話をするときには、疑問形式で投げかけることによって、
相手が答えやすい環境を作ることができます。

しかし、質問のスタンスをしっかり把握しておかなければ、
相手が答えにくい状況を作り、会話が盛り下がってしまいます。

モテる男は会話を弾ませるのが上手です。
どんどん新たな話題に展開していくことができるので、
一緒に居ても退屈しないというイメージが植え付けられるのです。

ua

会話の盛り上がりにはテンポが重要です。
相手が進展しにくい内容であれば、会話の質を変えることによって、
返答しやすい状況を作り出すことができるようになります。

まずは、会話のテクニックとして利用することができる、
オープン・クエスチョンと、クローズド・クエスチョンについてを学びましょう。

オープン・クエスチョン

扉をイメージするとわかりやすくなりますが、
オープン・クエスチョンは開かれた質問になります。

つまり、返答のスタンスが限られていないということになります。
「今日の晩御飯何食べたい?」
「明日の休みは何するの?」
のように、回答は無限大のものは、答える側の力量が問われます。

しかし、相手を主体的に話させたいのであれば、
積極的にオープン・クエスチョンで話しを振る方が、
自分が聞き役になって溶け込むまでの時間を縮めることができるでしょう。

クローズド・クエスチョン

オープン・クエスチョンと対極に位置するクローズド・クエスチョン。
その特徴は、YesかNoで答えることができる内容というのが特徴です。

つまり、2択で回答することができるという内容なのです。

例をあげてみると、
「昨日の仕事忙しかった?」
「今日の料理は美味しかった?」
「この服にあうかな?」
のように、回答のスタンスは限定されています。

これが、クローズド・クエスチョンなのです。
相手とのやり取りをテンポよくしたいのであれば、回数を重ねることが重要です。
やり取りの多さを稼ぐには、クローズド・クエスチョンが必要なのです。

こうした会話のルールを知っているだけでも、
巧みに相手の心理に寄り添いつつ、親密度をアップさせることができるのです。

沈黙も金となるモテる男のアイコンタクト

会話の中で相手に強く印象付ける方法があります。
それが、アイコンタクトです。

first-date-at-cafe

どうして自分にはパートナーが居ないのだろうと思っているのであれば、
まずは自分自身の武器を磨くことから始めるべきです。
その第一段階としてアイコンタクトの技術を磨くことは、
すぐにでも実践できるコミュニケーション術です。

なかなか会話が成り立たないという場合には、
会話のレパートリーを増やす必要があります。
家族や友人など、日常生活のあらゆる場面でフリートークを行うことで、
会話の展開に対する自身が養われます。

しかし、自分が一方的に会話を行うのがコミュニケーションではありません。
双方向のやり取りがあってこそ、関係を深める糸口になるのです。

その際の印象は、のちのちの進展にも大きな影響を及ぼすのは事実。
だからこそ、失敗が許されない関門でもあるのです。

自分が話す側としてコミュニケーションができるのであれば、
色々な話題への展開も容易です。
もしも、聞き手にまわらなければならないのであれば、
アイコンタクトの技術で相手への印象を可変させることが、
大人の男性の魅力を知らしめるチャンスになります。

単に見つめるだけでなく、親身になって対応しているという相槌は、
相手の目を見るという行為に加えて、真剣な姿勢を与えることができます。

会話の対応一つで印象は変わるものです。
何気なく手を抜いて対応していると、
経験の鋭い相手ほど、瞬時にいい加減な態度に対して、
マイナスのイメージを持たれてしまいます。

実りある出会いにするためにも、
会話術の主義習得は必須なのです。

「この人なら安心して話すことができる」という感想を抱くようになると、
モテる男としてのデビューも間近です。

アイコンタクトは顔の善し悪しに関わらず、
相手の信頼性を培うための秘儀であると知るべきです。

じっと見つめるのではなく、聞く姿勢を相手にアピールすることで、
長きにわたって共に時間を過ごすメリットが見えてきます。

会話

聞き上手はモテるための最低条件

話を聞かないというのは、
人とのコミュニケーションを図るための弊害となります。

できるだけ円滑にコミュニケーションが取れると、
深い話を相談するにも最適です。

楽しい話だけでなく、まじめに考えなければならない時でも、
しっかり対応してくれるよう菜柔軟性があると、
おのずとモテる男としての魅力を高めてくれます。

まずは多くの情報が必要になる出会いのためにも、
十分な会話力が必要です。

しかし、なかなか自分から話題を作ることが難しいという男性も、
世界的に存在するのは事実です。

communication3

だからといってあきらめてしまっては、
自分の幸せをつかみ取る機会を失ってしまうのです。

聞き上手はモテるという構図は一般的ですが、
内容の質が悪ければ、「話を聞いていない」という感想に至ります。

聞く姿勢を養うには、内容のリフレクトが重要になります。
相槌だけでは不十分なのです。

相手の会話内容を一部分吸収しながら、自分の意見を述べる。
これこそが聞き上手とみなされる条件になるのです。

たとえば、
女性「今日の晩御飯はイタリアンとフレンチどっちがいい?」
男性「フレンチ」

これだけではあまりにもそっけない会話です。

しかし、男性側の返答を変えるだけでも、会話の印象は全く異なります。
女性「今日の晩御飯はイタリアンとフレンチどっちがいい?」
男性「今日の晩御飯はイタリアンよりもフレンチの方がいいかな。」

たった少しの会話調節だけでも、聞き手としての質は大きく異なるのです。

子どもの言葉を育てるためにも、リフレクトという手法は利用されます。
それほど心理面に絶大なインパクトを与えてくれるからこそ、
聞き手としての質を確保し、モテる男になるためには重要なのです。

さらに自分から話題を展開することなくモテる男になりたいのであれば、
相手の会話内容をリフレクトしたうえで、
発想に対する褒めを加えることが、会話の印象を大きく彩ります。

会話がしやすいという印象は、
将来共にするという視点に立って考えても非常に有利です。
だからこそ、聞き上手というステイタスはモテる男の条件に含まれるのです。