飲み会で魅力を発揮するテクニック

飲み会は男女の仲を縮める絶好のタイミングです。
そこで自分をどう見せるかによっても、恋愛の成功率を高めます。
女性が参加する飲み会にスポットを当てて、モテるコツを検討しましょう。

Summer-Date-Ideas

連絡先交換は躊躇無用

女性との連絡先交換は、遠慮してしまうとチャンスをつぶします。
付き合いたいと思えた相手にめぐり合うことができたのであれば、
迷わずに連絡先を交換するのがお勧めです。

また、あまり好みの女性が居なかったとしても、
女性を介して新たな出会いに発展することも考えられるので、
会う機会が作れそうな女性をキープしておくのもテクニックの一つです。

よく飲みに行くことが多い女性ほど、男女で集まって飲み会を開催するチャンスも拡大します。
自分では開拓できない出会いの機会を得るきっかけにもなるからこそ、
連絡先の交換については躊躇することなく行動すべきです。

会話のキャッチボールは丁寧に

初めての出会いの場において、誰もが緊張感を少なからず抱いています。
しかし、そこで縮こまっていても、何のメリットもありません。
場を盛り上げることができるネタがない男性であっても、
会話のキャッチボールがしっかりできているのであればモテる要素になるはずです。

楽しく過ごす場の演出をすることができるのであれば、
一緒に時間を過ごしたいというイメージを与えることができます。

会話になかなか入れない人に話題を振るという配慮も大切です。
気遣いというものは、話しを振られた女性だけでなく、
一緒に居る女性にもプラスの印象を与えます。
退屈している女性は放置しないのが、飲み会で人気を博すテクニックとなるのです。

場の雰囲気を察知して柔軟に行動することができる男性ほど、
女性の心をつかみやすい傾向があります。

まずは、会話のキャッチボールをこまめに行うことこそ、
飲み会で親密になるきっかけをつくるものだと言っても過言ではありません。

意外と見られている細かな外見

いくらファッションが平均的であっても、足元がだらしなければ魅力が減ります。
特に靴下には気を使いつつ、悪臭を放たないような配慮もすべきです。

仕事から直行したという場合であっても、足のニオイが深いというのはマイナスです。
お勧めとしてはコンビニで購入してはきかえるか、変えの靴下は持っておくべきです。
勤務後の足は、雑菌がいっぱい繁殖している状態です。
靴を脱いであがるような飲み会の時に、異臭がしてしまっては論外です。

こうした細かな部分に気を使うだけでも、相手に与える印象はアップします。

合コンでの連絡先交換はその場で済ませるのがたしなみ

合コンは出会いのチャンスとしても魅力的な条件がそろっています。
お互いに出会いを求めて集まっているため、
シンプルに息のあった相手とこれから仲を深めることができるのは、
恋愛のスタートとしても良い結果を招くことが期待できるのもメリットです。

しかし、合コンからチャンスを現実にするためには、
それなりに配慮すべきポイントを知っておく必要があります。
悠長に構えていては、チャンスを無駄に過ごしてしまうことも少なくありません。

images34

大きなポイントになるのが連絡先の交換です。
モテる男は着実に仲を深めた相手の連絡先をゲットし、次に繋げることができます。
男性であれば積極性を相手に見せるのも重要です。
ただし、あまりにガツガツしてしまっては女性も引いてしまいます。

会話を交わしながらお互いのことを知りつつ、
さりげなく次の機会を誘うことによって、連絡先交換のきっかけが作れます。
そこから確実に連絡し合う仲になるためには、その場で連絡先交換を行うのが得策です。

時間が経つごとに相手への感情が薄れてしまい、結果的に繋がらずに終了することは考えられます。
リスク管理を行いながら出会いのチャンスを広げるのであれば、
合コンの場で連絡先をもらい、その場で連絡を試しに取るのが、
間違いなく相手に繋がるためのきっかけをつかみ取ることになります。

合コンで連絡先をゲットできなかった失敗例

合コンで連絡先をゲットできない経験は、誰しも起こりうる事態です。
しかし、少しの配慮でミスを防ぐことができるのです。

ここでは、過去の合コンで失敗した実例をもとにして、
配慮すべきポイントについてを解説します。

合コンで連絡先をゲットできなかった一番の理由は、
メールアドレスの誤りが圧倒的ではないでしょうか。
お酒が入っている状況で、メモにメールアドレスを記載してもらうのは、
確実性にも欠けてしまうのです。

現在はLineをはじめとしたアプリがあるため、手軽に確実な連絡先が交換できますが、
できるだけその場で自分宛てにメールを送ってもらうようにするのが、
その後の連絡を途絶えさせないリスク管理へと繋がります。

SNSの友達申請なども、あとで処理してしまうとチャンスが薄れます。
その場で繋がることによって、チャンスを広げるべきなのです。

こうした配慮を行うだけでも、せっかくの出会いを無駄にすることはなくなります。

合コンの幹事がモテる出会いのきっかけになる

多くの出会いを手にする男性は、自分できっかけを作っています。
合コンは、それ自体が出会いのチャンスとなりますが、
幹事をかって出ることによって、確実に異性の連絡先をゲットすることができます。

幹事は女性側とコンタクトを取る必要があります。
こうした出来事がきっかけで、恋愛に発展することも少なくありません。
モテる男は小さなチャンスも逃さずものにするからこそ、
出会いの機会が多いという印象を同性にも与えます。

合コンのスタンスによっては、幹事が連絡先を伝達するという場合もあります。
男性側からすると、直接聞きたいのが本音ですが、
女性側の要求によってはこのような形になることもあります。

asa

しかし、幹事はある意味自由に連絡先を聞き出すことができます。
特に女性側の幹事に目星をつけてアプローチをかけたい場合には容易です。
既に連絡先を手にしているのですから。

自分ではなかなかその場で聞くことができないような奥手の男性であれば、
必然的に連絡先を聞かなければならない状況にするのが、
モテるきっかけを得るためには必要なのではないでしょうか。

合コンの幹事はスケジュール管理など、面倒なことも多いのが現状。
それでも、労力をかって出た魅力が後にあるかもしれないということを踏まえて、
どんどん出会いの幅を広げていくのがお勧めです。

合コン前から自分をアピールすることができる幹事の魅力は、
出会いのフライングゲットが可能であるというのがポイントです。
自分のストライクゾーンに入るような異性であれば、
合コン開催前に親密な関係になることも不可能ではありません。

出会いのチャンスはタイミングが重要と言われています。
他の合コン参加者よりもアドバンテージを得ることができれば、
それだけでもお得な出会いになるかもしれません。

自分の可能性を高めるきっかけを積極的に求めることができるようになれば、
モテる男としての仲間入りができる日も、遠くはないのではないでしょうか。