過去の恋愛話はすべきではない

過去の武勇伝を熱く語るような男性は、女性からモテない傾向があります。
女性は過去のことは、ある意味どうでも良いのです。

大切なのはこれからの未来。

自分と共に過ごす場合にどれだけ相手が自分に寄り添ってくれるかが、
恋愛対象としての魅力になるのです。
だからこそ、過去ではなく重視すべきはこれからということになります。

co

過去の話題は聞かれたときだけ話すべき

過去の話題は相手から聞かれたときにだけ話すくらいが十分。
自分からベラベラと話すというのは、デリカシーに欠けています。

過去に付き合った彼女の話をするということは、モテない男が持ちかける会話の主軸です。
聞いているほうは自分が比較されているという気分になってしまいます。
目の前の自分を見てほしいのであって、過去を思い出すために利用されるというのは、
相手にとっても失礼に値します。

だからこそ、相手が必要とされたときだけ情報を出すくらいが良いのです。

「沈黙は金、雄弁は銀」ということわざのように、
多くを語るよりも、何も語らずに黙ることが価値のあることになるというのが、
モテるテクニックにも使うことができるのです。

イギリスの思想家・歴史家でもあるトーマス・カーライルの衣装哲学からのことばは、
現代の恋愛事情にも通じるものがあるのです。

「言わぬが花」、「言葉多きは品少なし」、「口は災いの元」などのことばも、
同じようなことを表しているのではないでしょうか。

話題にあげるなら未来についてがベスト

これからの自分なりの夢や物事の価値観については、
相手と積極的に会話を交わす必要があります。
それによって将来的なイメージを描き、恋愛対象として考えるからです。

これからどのような生活を営むのか、時間を過ごすのかが明確になると、
重ねあう部分が見つかりやすくなります。

普段の生活の過ごし方などを話題にしながら掘り下げていくと、必ず相手の生活像が見えてきます。
それが、モテる男の魅力を引き立てるのではないでしょうか。
だからこそ、過去よりも未来の話をするのが良いのです。

過去の恋愛話をする場合の鉄則

恋愛感情を深めるためには、過去についての清算が終わっているかを確認すべきです。
もしも心残りがあるのであれば、自分のものにしきれないという結末も待っています。
自分だけのものに独占したいという意欲があるのであれば、
過去の恋愛話についてもやり取りが行なえるのが理想的です。
内容によって「心ここにあらず」の状態であるかがわかります。

本気で恋愛をするべき相手なのか、体だけの関係なのか、
相手の心情から読み取ることもできるはずです。
モテる男は自分にとってどのような存在になるかを瞬時に判断するため、
彼女を作るにも、体の関係のみの相手を作るのにも長けています。

一見都合の良い相手として考えられますが、
実際にはお互いの利害関係が一致しており、充実している場合がほとんどです。
できれば30代を楽しみたいと考えている方も多いはずなので、
彼女もしくは体の関係であっても、日常に潤いが欲しいのが常です。

PWH48-01_PWH48-2

さて、相手の心情を読み取るために恋愛話をすべきと語りましたが、
自分の過去についてを話さなければいけないことも少なくありません。
ただし、自分の話はシンプルにするのが相手に安心を与える鉄則です。

相手が聞いてきたことを最低限返し、
自分には過去の恋愛はすっぱりと別れを告げたことをアピールすると、
女性の心理をかきたてることができるようになります。

女々しくいつまでも過去の恋愛を引きずっているようであれば、
恋愛対象から外れてしまう場合も少なくありません。
できるだけ新たな恋愛対象として見てもらえるように、クリーンな一面を見せるのが、
モテるための鉄則であると考えるべきなのです。

会話の内容一つ取っても、過去の恋愛話を長々語るような男性は引かれます。
できるだけ良いお友達から深い関係に発展できるようなやり取りを意識することで、
限られたチャンスを確実にものにすることができるのです。

自分の言動が魅力を減らしてしまうことがあるという意識を持っていれば、
恋愛感情を効率よく抱かせることができるようになります。
そのテクニックがわかっていれば、モテる男になることもできるはずです。