食通であれば女性に合わせたコーディネートが簡単

毎日外食はできなくても、情報収集くらいは誰でも可能です。
日頃から食に対する知識を有しておくことによって、
女性とのデートでモテる力を発揮できるかもしれません。

デートの成功を占う上でも、食事のコーディネートは重要です。
お店選びから料理の内容に至るまで相手を満足させることができるようになれば、
次のデートの誘いにも抵抗なく応じる確率がアップします。

相手の好みを聞いておくのはもちろんのこと、
気取らない振る舞いができるようなお店で時を過ごすことができれば、
相手もリラックスして話ができるようになるでしょう。

ro

自分ひとりで伺うお店と、誰かと伺うお店を分けて考えると、
おのずと相手にマッチしたお店選びができるようになるでしょう。

個室でのデートができるのであれば、2人だけの空間で親密度がアップします。
ただし、若者の怒号が飛び交うような煩いお店だと、
個室の意味がなくなってしまうので注意が必要です。

自分がもてなされるのであれば、どのようなお店が良いかを考えると、
相手を満たすだけの魅力をお店選びで見せることができるかもしれません。
デートで他の男性と差をつけるのであれば、
ゆったりとした時間を過ごしつつ、美味しい料理に舌鼓を打ちながら、
男女の距離を縮めることができる環境を整えてこそ、大人の魅力が伝わります。

環境の設定というのは、その人のセンスを反映します。
デートで連れて行かれたお店だけでも、魅力を失ってしまうこともあるのです。
だからこそ、慎重に選択しなければならないという意識を抱きつつ、
相手を満足できるクオリティーを求める必要があるのです。

まずは色々なコンセプトのお店を知るべく、
口コミサイトなどからグルメ情報をピックアップして、
デートをするのであればどのようなお店に決めるかをシミュレーションすると、
誰でもデートのレッスンができるようになります。
最高の環境をコーディネートできるようになれば、たった一度のデートでも、
相手はあなたのことを好きになってしまうかもしれません。

それほどの影響力があるお店選びをするためには、
スキマ時間をグルメ情報の参照に費やすのが良いでしょう。

下心見え見えのデートは必ず失敗する

女性は自分を軽くみられるのを嫌います。
だからこそ、初めてのデートでホテルまで行くというのは、
よほど相手が自分のことを好きでいなければ「OK」という返答にはならないのです。

まだ恋愛関係に発展していないというのであれば、
自分の下心はどこかにしまって相手に接する方が、
相手の信頼を得ることができるようになるでしょう。

images (3)

「食事をして、ホテルに行って・・・」などと考えているのであれば、
おそらくデートは失敗に終わってしまう確率が高くなるでしょう。
そんな駆け引きをしないデートを何度か繰り返しつつ心をたぐり寄せることで、
あなたの魅力に惹かれるように仕向けることができると、
恋愛対象として認められる存在になるのかもしれません。

焦っては逆効果ということを知るべき

モテない男は結果を急ぐ傾向があります。
一方、モテる男は気持ちにゆとりがあるので、相手も落ち着いた印象を受け、
大人の男性としての魅力に惹かれるのです。

たった一度のデートで全てを決めようという焦りがあると、
どうしても相手にも不安を与えてしまいます。
それこそ、下心見え見えで、体しか目的としていないという誤った解釈も生まれます。
そうなると、せっかくのチャンスも台無しになってしまうのではないでしょうか。

何事も焦ってしまうとミスが目立つようになってしまいますが、
それは、恋愛でも同じことが言えるのです。
モテたいという意識があるのであれば、焦りは禁物ということを心得るべきです。

気持ちにゆとりがなくなってしまうと、視野が狭くなってしまいます。
自分ばかりを優先してしまい、相手の心を置き去りにしてしまうかもしれません。
そうなってしまうと恋愛感情は冷めてしまいます。

何度もチャレンジすることができるのが恋愛の良いところ。
でも、一度心が離れてしまったのを再び自分に向かせることは、
非常に大変な作業であるということは知っておくべきです。

叶えたい恋ほど、焦ることなく心にゆとりを持たせることによって、
冷静な判断をすべきなのです。

デートの食事に誘う場合に避けるべき選択肢

女性は食の好みがはっきりしています。
自分に合わないものを出されてしまうと、気分を害することもあるでしょう。
特にデートで苦手なものを食べるとなれば、ストレスが大きくなる可能性があります。
お店選びによって、男性側の魅力を削いでしまうこともあるのです。

article-new-ehow-image

だからこそ、デートの食事に誘うお店は、十分な戦略を練るべきなのです。
気をつけるべきポイントは、相手の食の好みを聞いているか否かにもよります。
まずは、可能な限り相手が行きたいと思えるお店のリサーチをしておくのが、
デートで失敗しないための秘訣となるでしょう。

ここでは、相手の好みを聞いていない場合の戦略も含めて解説します。

無難さを求めた食のコーディネート

辛いものや、酸っぱいものに分類されるグルメが自慢のお店は、
ファーストチョイスからは外すのが良いでしょう。
相手の好みを初めのデートで伺ったうえで、2回目以降のデートで使うべきです。

初めてのお店なのに、本人が嫌いかもしれないギリギリのラインを攻めるのは、
モテる男として失格となる可能性が高いのです。
リスクをわざと抱えてデートに誘うよりも、
無難でゆったりとした時間を過ごすことができるところを選択すべきなのです。

無難さは、相手に悪い印象を与えません。
ただ、ファミリーで行くような大衆店は避けても良いでしょう。
せっかくのデートなので、いつもはいかないようなお店選びは重要です。

ただし、出てくるものは無難さがあって、食べ飽きないものが良いでしょう。

ラーメンやファストフードでデーというのは、ロマンチックに欠けますよね?
自分だったらどんなお店をデートに選ぶかをしっかり考えると、
外すべきジャンルのお店がはっきりするでしょう。

2回目の約束をするための布石とするべき

どうしても結果が早く欲しいと焦ってしまう男性が多いものの、
30代のモテる男は、数回のデートで自分の魅力に染めるのです。

つまり、初めてのデートは無難な食事でまとめて、
2回目以降に相手の好みに合致したチョイスを行なうことが、
粋な計らいができる男としての認識を強めるのです。

だからこそ、ファーストチョイスは無難にまとめるのが良いのです。