恋愛心理学から見たモテる男の条件

モテる男はそれなりに理由があります。
恋愛心理学の観点から分析することによって、
自分もモテる男に近づく努力ができるようになるでしょう。

誰しも一度は女性にモテたいという願望があります。
それを形にするためにも、恋愛心理という知識を得るべきなのです。
出会いのチャンスを拡大することができる方法だからこそ、
これから新たな出会いを発掘したいという方にはお勧めです。

images (2)

30代のモテる男は人間性で気を惹くことができます。
あなたの魅力を相手にどんどんアピールすることによって、
相手のほうからあなたに興味を持つようになるでしょう。
そこまでの影響力を与えるのが恋愛心理学なのです。

相手を見据えた自分の行動や言動が重要

相手の出方を伺いながら、自分の行動や言動を変化させるのが大人の男性。
つまり、柔軟性に富んだ対応ができるということは、人としての魅力もあるのです。

相手があなたに関心を持っているのであれば、
どんどん自己開示をするようにしましょう。
簡単に言うと心を開いて会話をするということになります。
それでけでも相手はより深い話をしようと思うのです。

相手の心に語りかけることばかけを行なうのも重要です。
「寒くない?」などという感覚的なことばかけは非常に重要。
相手の思考や感情、感覚に働きかけることばかけを行なうことによって、
配慮に長けた存在であるということをアピールするのです。

こうした意図的な配慮によって、女性はあなたに惹かれるのかもしれません。
それが、恋愛心理学のテクニックを駆使したモテる男のレッスンなのです。

恋愛というのは、常に相手が存在します。
相手にとって自分がどのような存在であるかをアピールすることこそ、
記憶に残る人物となるのでしょう。

出会いのチャンスを確実に手にするためには、恋愛心理学の観点から物事を見据え、
自分の魅力を存分に発揮する立ち振る舞いを知るべきなのです。
それこそが、多くの女性を虜にする人間性へと繋がるのです。

30代のモテる男は自立心がはっきり見える

自立心というのは、女性から見ても頼もしいものです。
生活の中でそれが見え隠れしているということは、女性側も安心できるのです。

自立心をはっきりアピールするものとして、住まいの状況があります。
いつまでも実家で親と暮らしているというのは、自立心に対する不安があります。

依存することなく独立した生活を営んでいる人ほど、モテる男としての条件を満たすのです。
ただし、親の介護を積極的に助けているなど、
優しさという点でアピールすることができるのであれば、実家暮らしも悪くありません。

自立心というのは、モテる男としての条件には必須です。
経済力が満ち足りていても、節約のために親と同居しているというのは
女性にとっては魅力的に感じられない場合が多いのです。

aa

一人暮らしをしているということは、色々な融通が利きます。
男性の一押しが利きやすいのも一人暮らしではないでしょうか。

一夜を共にするにしても、親と同居というのは気が引けます。
たとえその日はホテルを利用したとしても、生活の場を共に過ごせないというのは
男女の距離を縮めるには不利な環境となってしまうのです。

せっかくそれなりの収入をもらっているのであれば、
一人暮らしという環境を手に入れることによって、自由度の高い生活を手にしましょう。
それこそが、条件でモテるための最低ラインとなるのです。

まだ一人暮らしをしたことがないのであれば、
自分自身を磨くためにチャレンジをしてみるのも良いかもしれません。
一人で生活を管理できるというだけでも、人としての魅力は十分です。

女性がうらやむようなロマンチックな生活でなくても良いのです。
平穏ながら日々の生活を送ることができる30代の男性は、
それだけでモテるための根本部分を持っているのです。

まずは自立の第一歩を踏み出すための環境設定ができるだけでも、
女性の心をつかむ魅力として準備することができるようになるでしょう。
自立心の高さがある男性は、勝ち組になる確率も高いのです。

大人としての魅力を年下に触れさせる

30代の男性は、年下の女性からの人気を集めることがあります。
その理由は、大人としての魅力があるからではないでしょうか。

大人の魅力といっても色々な要素が存在しますが、
頼りがいがあるというのが一つのポイントになります。
自分の手を引き、成長させてくれるような一歩先行く魅力があるからこそ、
30代の男性は年下女性からモテるという結果を生んでいるのです。

自立心があってそれなりの職についている男性は、経済的な安定も手にしています。
まだまだ安月給で働いている20代の女性からしてみれば、
「なんて贅沢な生活を悠々自適にしているのだろう」と思ってしまうかもしれません。
それほどまでに、生活水準の違いを持たせることも可能なのです。

images (2)

経済的な自由度が高い状態にあるのであれば、
嫌味にならないようにさりげなくお金に余裕があるという雰囲気を出すのが、
大人としての魅力を発揮するポイントです。
ここで注意しなければならないのが、「さりげなく」というスタンスです。

お金に余裕があるというのも言動にしてしまうとモテない男になってしまいます。
せっかく経済的な面でのメリットがあっても、相手を不快にさせてしまうだけです。
自分から「お金を持っている」というアピールをしたとしても、
虚しさだけが自分の中に残ってしまうのです。

大人としてのさりげないお金の魅力を打ち出すのであれば、
着ているものを清潔感溢れる装いにしつつ、ブランド物をさらりと着こなすことが、
十分なメリットを打ち出すスタイルを彩ります。

特に年下の女性を口説きたいと思っているのであれば、
細かな部分に気を使うように心がけるだけでも、魅力的に見えるようになります。
食事に行ったときにコートを受け取ってあげる、椅子を引いて座らせるなど、
ちょっとしたエスコートをかって出るだけでも、女性は嬉しくなります。

どのようにして女性を喜ばせるかを常に考えることができる余裕があれば、
年下にとっては「大人の雰囲気」という魅力に染めることができ、
自分に対する恋愛感情を抱かせるきっかけ作りに繋がります。